ジイソステアリン酸グリセリルの基本情報・配合目的・安全性

ジイソステアリン酸グリセリル

化粧品表示名 ジイソステアリン酸グリセリル
医薬部外品表示名 ジイソステアリン酸グリセリル
INCI名 Glyceryl Diisostearate
配合目的 基剤 など

1. 基本情報

1.1. 定義

脂肪酸と多価アルコールとのエステルの一種であり、以下の化学式で表されるグリセリンの3個のヒドロキシ基(-OH)のうち2個にイソステアリン酸のカルボキシ基(-COOH)を脱水縮合(∗1)したジエステル(∗2)です[1]

∗1 脱水縮合とは、分子と分子から水(H2O)が離脱することにより分子と分子が結合する反応のことをいいます。脂肪酸とアルコールのエステルにおいては、脂肪酸(R-COOH)のカルボキシ基(-COOH)の「OH」とアルコール(R-OH)のヒドロキシ基(-OH)の「H」が分離し、これらが結合して水分子(H2O)として離脱する一方で、残ったカルボキシ基の「CO」とヒドロキシ基の「O」が結合してエステル結合(-COO-)が形成されます。

∗2 モノエステルとは分子内に1基のエステル結合をもつエステルであり、通常はギリシャ語で「1」を意味する「モノ(mono)」が省略され「エステル結合」や「エステル」とだけ記載されます。分子内に2基のエステル結合をもつ場合はギリシャ語で「2」を意味する「ジ(di)」をつけてジエステルと記載されます。

ジイソステアリン酸グリセリル

1.2. 物性・性状

ジイソステアリン酸グリセリルの物性・性状は(∗3)(∗4)

∗3 比重とは固体や液体においては密度を意味し、標準密度1より大きければ水に沈み(水より重い)、1より小さければ水に浮くことを意味します。

∗4 屈折とは光の速度が変化して進行方向が変わる現象のことで、屈折率は「空気中の光の伝播速度/物質中の光の伝播速度」で表されます。光の伝播速度は物質により異なり、また同一の物質でも波長により異なるため屈折率も異なりますが、化粧品において重要なのは空気の屈折率を1とした場合の屈折率差が高い界面ほど反射率が大きいということであり、平滑性をもつ表面であれば光沢が高く、ツヤがでます(屈折率の例としては1.33、エタノールは1.36、パラフィンは1.48)。

状態 比重 屈折率
液体

このように報告されています[2a]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 油性基剤

主にこれらの目的で、リップ系メイクアップ製品、その他のメイクアップ製品、スキンケア製品、日焼け止め製品などに汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 油性基剤

油性基剤に関しては、ジイソステアリン酸グリセリルは低粘度で顔料分散性に優れていることから[3][4]、油性基剤として主に口紅、リップグロスに汎用されています。

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の1999-2002年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗5)

∗5 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ジイソステアリン酸グリセリルの配合製品数と配合量の調査結果(1999-2002年)

4. 安全性評価

ジイソステアリン酸グリセリルの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性

医薬部外品原料規格2021に収載されており、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

4.3. 皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[2b]によると、

  • [動物試験] 9匹のモルモットにジイソステアリン酸グリセリルを対象にMaximization皮膚感作性試験を実施したところ、この試験物質はチャレンジ期間においていずれの濃度(5%,20%,50%および100%)においても皮膚感作を誘発しなかった(Shiseido Research Center,1977)

– 個別事例 –

  • [個別事例] リップクリームでの口唇炎の既往歴のある18歳の女性に口紅の成分のひとつであるジイソステアリン酸グリセリルを含む軟膏および精製ジイソステアリン酸グリセリルを48時間閉塞パッチ適用し、ICDRG(International Contact Dermatitis Research Group:国際接触皮膚炎研究グループ)の基準に基づいて評価したところ、48および72時間で両方のジイソステアリン酸グリセリルで強い陽性反応(++)が観察された(Hayakawa et al,1987)
  • [個別事例] 35歳の女性は1.77%ジイソステアリン酸グリセリルを含むファンデーションを使用した後にかゆみおよび顔面紅斑が観察された。製品の個々の成分を用いたパッチテストを実施し、ICDRG(International Contact Dermatitis Research Group:国際接触皮膚炎研究グループ)の基準に基づいて評価したところ、1.77%ジイソステアリン酸グリセリルを含む軟膏に陽性反応(+)がみられた。また患者は35.5%ジイソステアリン酸グリセリルを含む口紅に対しても感作反応を示した(Tanaka et al,1993)

このように記載されており、試験データをみるかぎり皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

ただし、個別事例において2例の皮膚感作事例が報告されているため、ごくまれに皮膚感作を引き起こす可能性が考えられます。

5. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「ジイソステアリン酸グリセリル」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,462-463.
  2. abW. Johnson(2007)「Amended Final Report on the Safety Assessment of Glyceryl Dilaurate, Glyceryl Diarachidate, Glyceryl Dibehenate, Glyceryl Dierucate, Glyceryl Dihydroxystearate, Glyceryl Diisopalmitate, Glyceryl Diisostearate, Glyceryl Dilinoleate, Glyceryl Dimyristate, Glyceryl Dioleate, Glyceryl Diricinoleate, Glyceryl Dipalmitate, Glyceryl Dipalmitoleate, Glyceryl Distearate, Glyceryl Palmitate Lactate, Glyceryl Stearate Citrate, Glyceryl Stearate Lactate, and Glyceryl Stearate Succinate」International Journal of Toxicology(26)(3_suppl),1-30. DOI:10.1080/10915810701663143.
  3. 太陽化学株式会社(2018)「油剤、その他の素材」化粧品・トイレタリー向け原料.
  4. 宇山 侊男, 他(2020)「ジイソステアリン酸グリセリル」化粧品成分ガイド 第7版,59.

TOPへ