水添ヒマシ油の基本情報・配合目的・安全性

化粧品表示名称 水添ヒマシ油
医薬部外品表示名称 硬化油、硬化ヒマシ油
医薬部外品表示名称(簡略名) 水添ヒマシ油
慣用名称 カスターワックス
化粧品国際的表示名称(INCI名) Hydrogenated Castor Oil
配合目的 基剤加脂肪研磨・スクラブ など

1. 基本情報

1.1. 定義

ヒマシ油を水素添加したものです[1]

1.2. 物性・性状

水添ヒマシ油は、ヒマシ油の脂肪酸に含まれる不飽和脂肪酸(二重結合)部分に水素を付加することで飽和脂肪酸(一重結合:単結合)に変化させ、その結果として融点(∗1)の上昇、固体脂量の増加、酸化安定性の向上を果たしたものであり(∗2)[2]、その物性・性状は(∗3)

∗1 融点とは固体が液体になりはじめる温度のことです。

∗2 代表的な水素添加油としてはマーガリンがあり、マーガリンは元々バターが高価であることから、バターの代替として油脂に発酵乳・食塩・ビタミン類などを加えて乳化し、水素添加することで常温で固体とした加工食品です。

∗3 ヨウ素価とは油脂を構成する脂肪酸の不飽和度を示すものであり、一般にヨウ素価が高いほど不飽和度が高い(二重結合の数が多い)ため、酸化を受けやすくなります。

状態 融点(℃) ヨウ素価
ロウ状固体 78-90 <5(不乾性油)

このように報告されています[3a]

1.3. 脂肪酸組成

ヒマシ油の脂肪酸組成は、一例として、

脂肪酸名 脂肪酸の種類 炭素数:二重結合数 比率(%)
パルミチン酸 飽和脂肪酸 C16:0 1.0
ステアリン酸 C18:0 0.7
オレイン酸 不飽和脂肪酸 C18:1 3.1
リシノール酸 C18:1 89.6
リノール酸 C18:2 4.4
リノレン酸 C18:3 0.9

このような種類と比率で構成されていることが報告されており[4]、水添ヒマシ油は主に不飽和脂肪酸であるリシノール酸を水素添加することにより飽和脂肪酸の12-ヒドロキシステアリン酸(12-Hydroxystearic acid)に変化したものであると報告されています[5]

水添ヒマシ油は、飽和脂肪酸である12-ヒドロキシステアリン酸を主成分とし、不飽和脂肪酸がほとんど含まれない構成であることから、自動酸化に対する安定性が非常に高いといった特徴を有していると考えられます。

1.4. 化粧品以外の主な用途

水添ヒマシ油の化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
医薬品 安定・安定化、潤沢、基剤、結合、懸濁・懸濁化、光沢化、コーティング、賦形、分散、防湿、溶解目的の医薬品添加剤として経口剤、外用剤、歯科外用剤および口中用剤などに用いられています[6]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 油性基剤
  • 加脂肪
  • 研磨・スクラブ

主にこれらの目的で、ペンシル系メイクアップ製品、リップ系メイクアップ製品、洗顔料、ボディ&ハンドケア製品などに汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 油性基剤

油性基剤に関しては、水添ヒマシ油は融点が高く固くてもろい性質があるため、ロウ状油性基剤としてペンシル系メイクアップ製品、リップ系メイクアップ製品などに汎用されています[7]

2.2. 加脂肪

加脂肪に関しては、水添ヒマシ油はシャンプーなどに加えることで泡をきめ細かくし、かつ過渡の脱脂を抑制することから、皮膚・毛髪の保護を兼ねた泡質改善目的で主に洗顔料に使用されています[8][9][10]

2.3. 研磨・スクラブ

研磨・スクラブに関しては、水添ヒマシ油は融点が高く硬くてもろい固体であるため、粒状に調整し、物理的に古い角質を除去する研磨・スクラブ剤として洗顔料、ボディケア製品などに使用されています[11]

3. 混合原料としての配合目的

水添ヒマシ油は、混合原料が開発されており、水添ヒマシ油と以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 Fision EcoLatum S
構成成分 ヒマシ油水添ヒマシ油カルナウバロウ
特徴 ワセリン代替植物由来原料
原料名 Natural BBB
構成成分 シア脂水添ヒマシ油、水添オリーブ油エチルヘキシル、トコフェロール
特徴 水吸収能や共乳化作用を有する天然由来バーム基剤
原料名 Lamesoft Balance
構成成分 ヤシ油アルキルグルコシド水添ヒマシ油
特徴 界面活性剤系での微粒子の凝集や沈降を防ぐ乳化安定化剤
原料名 ネイチャーソフト810
構成成分 水添ヒマシ油ホホバエステルトコフェロール
特徴 天然由来の水添ヒマシ油の表面をホホバエステルで処理した微粉末ワックス

4. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2002-2004年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

水添ヒマシ油の配合製品数と配合量の調査結果(2002-2004年)

5. 安全性評価

水添ヒマシ油の現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

5.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[3b]によると、

– 皮膚炎を有する場合 –

  • [ヒト試験] 化粧品による接触皮膚アレルギー反応をもつまたはもつ疑いのある1-20名の患者に対して30%水添ヒマシ油を含むワセリンを対象にパッチテストを実施したところ、いずれの患者も皮膚反応を示さなかった(de Groot,1994)

このように記載されており、試験データをみるかぎり皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

5.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

6. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「水添ヒマシ油」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,537.
  2. 今義 潤(2018)「水素添加」油脂製品の知識 改訂新版,105-123.
  3. abW. Johnson(2007)「Final Report on the Safety Assessment of Ricinus Communis (Castor) Seed Oil, Hydrogenated Castor Oil, Glyceryl Ricinoleate, Glyceryl Ricinoleate SE, Ricinoleic Acid, Potassium Ricinoleate, Sodium Ricinoleate, Zinc Ricinoleate, Cetyl Ricinoleate, Ethyl Ricinoleate, Glycol Ricinoleate, Isopropyl Ricinoleate, Methyl Ricinoleate, and Octyldodecyl Ricinoleate」International Journal of Toxicology(26)(3_suppl),31-77. DOI:10.1080/10915810701663150.
  4. 鈴木 修, 他(1990)「油脂およびろうの性状と組成」油脂化学便覧 改訂3版,99-137.
  5. 浜口 隆司(2012)「ひまし油」油脂の特性と応用,310-331.
  6. 日本医薬品添加剤協会(2021)「硬化油」医薬品添加物事典2021,227-228.
  7. 広田 博(1997)「不乾性油」化粧品用油脂の科学,18-26.
  8. 日油株式会社(2019)「トリグリセリド」化粧品用・医薬品用製品カタログ,34.
  9. 日光ケミカルズ株式会社(1982)「過脂肪剤」化粧品製剤実用便覧,17.
  10. 田村 隆光(2009)「界面活性剤水溶液の泡膜特性」オレオサイエンス(9)(5),197-210. DOI:10.5650/oleoscience.9.197.
  11. Kahl GmbH(2012)「Kahlbeads 2178P」Technical Data Sheet.

TOPへ