温泉水とは…成分効果と毒性を解説

ベース成分 保湿成分
温泉水
[化粧品成分表示名称]
・温泉水

[医薬部外品表示名称]
・湯原温泉水

温泉水とは、地中から湧き出る泉水で、溶けている鉱物質がイオン化して存在し、1リットル中1グラム以上含むものをいいます。

温泉は噴出する場所によって様々な鉱物質があり、4種類の分類方法があるので紹介しておきます。

■ 温度による分類

  • 冷泉   :25℃未満
  • 低温泉:25~34℃未満
  • 温泉   :34~42℃未満
  • 高温泉:42℃以上

ただし、一般的には25℃以上のものを温泉と呼んでいます。

源泉の温度が高いほど、成分濃度が高い傾向にありますが、熱すぎると肌への刺激が強すぎたり、適温に冷ますのに時間がかかったり、加水する必要があります。

温泉は塩類が溶けている液体なので浸透圧をもっており、人間の体をつくっている細胞液と等しい浸透圧をもつ液体を等張液といいますが、これは1リットルの水に8.8グラムの食塩を溶かした食塩水に相当します。

■ 浸透圧による分類

  • 低張泉:等張液より浸透圧の低いもの(8g/kg未満)
  • 等張泉:等張液と同じ浸透圧を持つもの(8~10g/kg未満)
  • 高張泉:等張液より浸透圧の高いもの(10g/kg以上)

浸透圧とは、濃度を一定にしようと移ろうとする力のことで、水分だけなら濃度の薄い溶液から濃い溶液に移ろうとし、溶解物質も通す場合は濃い溶液の溶解物が薄い溶液のほうへ移ろうとします。

そのため理論上は、高張泉のほうが成分を体に吸収しやすく、低張泉は温泉の水分が体に吸収されやすいということになります。

■ 水素イオン濃度pH値による分類

  • 強酸性泉         :pH2未満
  • 酸性泉            :pH2~3未満
  • 弱酸性泉         :pH3~6未満
  • 中性泉            :pH6~7.5未満
  • 弱アルカリ性泉:pH7.5~8.5未満
  • アルカリ性泉   :pH8.5以上

一般的に酸性度が高いほど殺菌効果があり、皮膚病に効果を示しやすく、アルカリ度が高いほど肌の角質をとる美肌効果があり、中性泉は肌にやさしいです。

■ 泉質による分類

泉質は9種類に大別されており、さらにイオンとの組み合わせで細分化されます。

  • 単純泉:やさしい湯。アルカリ性の場合は美肌効果。
  • 塩化物泉:保湿効果、保温効果、殺菌効果。
  • 炭酸水素塩泉:美肌と清涼効果。
  • 硫酸塩泉:皮膚のコンディショニング、傷の治癒
  • 二酸化炭素泉:心臓の治癒
  • 含鉄泉:貧血、月経障害、更年期障害など女性にみられやすい症状の改善
  • 硫黄泉:高血圧、動脈硬化、高血糖など生活習慣病の改善
  • 酸性泉:皮膚の殺菌効果
  • 放射能泉:痛風の治癒と万病の改善

温泉の種類として美肌の湯と呼ばれる温泉は多く、肌への効果としては保湿や血行促進効果や古い角質を落としたり、皮膚をやわらかくするコンディショニング効果などが明らかになっており、スキンケア化粧品の基剤として精製水(水)に加えてたり、精製水の代わりに基剤として使用が増加しています。

例えば日本最古の美肌の湯として枕草子にも記載されている島根県松江市の玉造温泉の分類は、

  • 低張泉:肌に温泉成分を浸透させる
  • 弱アルカリ性泉:角質をやわらかくし、肌をしっとりすべすべにする
  • 塩化物泉:汗の蒸発を防ぎ、保湿・保温効果を高める
  • 硫酸塩泉:硬くなった肌をやわらかくし、ハリを与える

となっていますが、実際に無散布の状態と精製水と温泉水を1日3回、8週間経過後の肌の水分量を計測したところ、

玉造温泉水の肌の水分量比較

精製水に比べて温泉水に明らかな水分量の増加がみられました。

また、血行の流れがよくなり、古い角質やメラニンの排出により肌の黒みをバランスのとれた肌色に改善する働きがみられました。

スポンサーリンク

温泉水の安全性(刺激性・アレルギー)について

化粧品に配合される温泉水は、毒性はありませんが、温泉水に含まれる金属や化学物質などによっては低刺激があったり、アレルギー(皮膚感作)が起こることがありえるため、安全性は高いと考えられますが、敏感肌やアトピー性皮膚炎などの方は注意が必要な成分だと考えられます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、温泉水は毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

温泉水とセットで使用される成分と効果

・名湯として名高い岡山県真庭市の湯原温泉の源泉水として、以下の成分表示順で使用されます。
温泉水、BG、フェノキシエタノール

基本的な配合量の多い成分表示順は上記の通りですが、1%以下の成分は順不同に表示されるので、製品によっては表示順が異なっている場合があります。

∗∗∗

温泉水はベース成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 保湿成分

スポンサーリンク

TOPへ