ワセリン(ヴァセリン)とは…成分効果と毒性を解説

ベース成分 エモリエント成分
ワセリン(ヴァセリン)
[化粧品成分表示名称]
・ワセリン

[医薬部外品表示名称]
・ワセリン

石油から結晶成分を抽出・精製して得られる白色~微黄色で無色無臭の半固形状物質で、分子の大きさが違う多種類の飽和炭化水素が主な成分です。

同様に石油から抽出・精製して得られる成分にミネラルオイル(流動パラフィン)がありますが、両者の違いは、

  • ワセリン:半固形状
  • ミネラルオイル:液体

というだけで、成分的には同じものです。

参考:ミネラルオイル(流動パラフィン)の成分効果

石油を原料としていますが、肌に刺激のある不純物が取り除かれているので低刺激で、医薬品では軟膏のベース成分として使われていたり、アトピー性皮膚炎の方には肌の保護にワセリン自体を処方することも多くなっています。

ワセリンは、粘着力が強く油性を与えるので、肌や唇を強力に保護し、水分の蒸発を防ぐ効果があるので外部の刺激や乾燥から肌を守るために幅広く使用されます。

化粧品に配合される場合は、肌の保護や水分の蒸発を防ぐ目的以外にもクリームや乳液の感触を調整するためにも使用されます。

天然の素材ではないので、特に薬効があるわけでもなく、皮膚に有効な効果を与えるものでもありませんが、まったく皮膚に浸透しない性質のため外気から皮膚を守り、皮膚内の水分蒸発を防いで保湿を求めるにはもっとも優れた成分と言えます。

とくに、アトピー性皮膚炎のような保湿が症状に大きな影響を及ぼす皮膚にはとても有効な成分です。

スポンサーリンク

ワセリン(ヴァセリン)の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

結論から伝えておくと、不純物を極限まで取り除いたほぼ100%ピュアの白色ワセリン(∗1)であれば、刺激性や毒性はまったくなく、アレルギーが起こる心配もなく、極めて安全性の高い成分といえます。

∗1 ワセリンには少し黄色っぽい黄色ワセリンと不純物をできるだけ取り除いた白色ワセリンがありますが、肌につけるならより安全性の高い白色ワセリンを使うのがおすすめです。

ワセリンは石油から抽出された鉱物油なので肌に悪いというイメージの方もいると思います。

過去にはワセリンをつけて油焼けを起こしたニュースが流れたこともあるので、ワセリンの悪いイメージはまったく根拠がないというわけではありません。

油焼けを起こした原因は、当時その製造会社のワセリンの精製度が低く不純物が混ざっていてことにありますが、現在では精製技術が向上し、基本的に肌につける目的のワセリンで油焼けするほどの不純物が混ざっていることはありません。

昔にあった黄色ワセリンに比べて、最近は限りなく100%に近いピュアなワセリンとして白色ワセリンがつくられるようになり、不純物の心配が皆無となっています。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ワセリンは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

ワセリンとセットで使用される成分と効果

・視覚的効果と感触(エモリエント)作用のあるスフィアとして、以下の成分表示順で使用されます。
[化粧品表示] ポリエチレン、ワセリン、パルミチン酸エチルヘキシル
[医薬部外品表示] ポリエチレンワックス、ワセリン、パルミチン酸2-エチルヘキシル

基本的な配合量の多い成分表示順は上記の通りですが、1%以下の成分は順不同に表示されるので、製品によっては表示順が異なっている場合があります。

∗∗∗

ワセリンはベース成分と保湿成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 エモリエント成分

スポンサーリンク

TOPへ