ラウリン酸とは…成分効果と毒性を解説

ベース成分
ラウリン酸
[化粧品成分表示名称]
・ラウリン酸

[医薬部外品表示名称]
・ラウリン酸

ヤシ油やパーム核油を加水分解したのち蒸留精製して得られる白色固体または無色透明の油性成分(高級脂肪酸)です。

そのままで化粧品に用いられることはほとんどなく、一般的には他の高級脂肪酸といっしょに水酸化KTEA(トリエタノールアミン)などの強アルカリと中和させて得られる洗顔剤や石けん基剤として、洗顔フォーム、シャンプー、ボディソープなどに使用されます。

ラウリン酸を中和して得られる石けん基剤は、水に溶けて泡立ちがいいのが特徴で、還元して得られるラウリルアルコールは洗剤の原料となります。

実際にどのような製品に配合されているかというと、海外の2012年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに表の中の製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

ラウリン酸の配合製品数と配合量の調査結果

スポンサーリンク

ラウリン酸の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ラウリン酸の現時点での安全性は、皮膚刺激はほとんどなく、軽度の眼刺激性が起こる可能性はあるものの、皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Oleic Acid, Laurie Acid, Palmitic Acid, Myristic Acid, and Stearic Acid」(文献1:1987)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの無傷および擦過した皮膚に市販品のラウリン酸0.5mLを単一適用したところ、刺激スコア最大8.0のうち1.12となっており、24時間後に最小限の紅斑がみられ、軽度の刺激剤であると結論付けられた
  • [動物試験] 6匹のウサギの無傷および擦過した皮膚に8.7%ラウリン酸を含む製剤0.5mLを単一適用したところ、刺激スコア最大8.0のうち0.0となっており、皮膚刺激性はみられなかった

と記載されています。

動物試験では軽度の刺激性があるものと刺激性がない結果となっていますが、皮膚感作のためのヒト反復試験まで考慮すると、本質的に刺激なしと結論付けられるため、まれに軽度の皮膚刺激が起こる可能性はありますが、総合的に皮膚刺激はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Oleic Acid, Laurie Acid, Palmitic Acid, Myristic Acid, and Stearic Acid」(文献1:1987)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギに市販品のラウリン酸をDraize法に基づいて適用したところ、24時間後で眼刺激スコアは35、48時間後で39、72時間後で41となっており、持続性の角膜混濁や軽度の結膜炎および虹彩炎がみられた
  • [動物試験] 6匹のウサギに8.7%ラウリン酸を含む製剤と8%ラウリン酸水溶液をDraize法に基づいて適用したところ、眼刺激性はなかった
  • [動物試験] 9匹のウサギに1.95%ラウリン酸を含む石けん製剤と1%ラウリン酸水溶液をDraize法に基づいて適用し、6匹はすすぎ、3匹はすすがなかったところ、すすがなかったグループの最大眼刺激スコアは0.3で、すすいだグループは0.7であった

と記載されています。

試験は眼刺激性のある結果とない結果があるため、わずか~軽度の眼刺激性が起こる可能性があると考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Oleic Acid, Laurie Acid, Palmitic Acid, Myristic Acid, and Stearic Acid」(文献1:1987)によると、

  • [ヒト試験] 46~48人の被検者の無傷および擦過した皮膚に1%ラウリン酸を含む液体石鹸製剤を繰り返し適用(HRIPT)したところ、皮膚刺激および皮膚感作は観察されなかった

と記載されています。

試験結果はひとつですが、使用実績が古く、重大な皮膚感作(アレルギー)の報告もみあたらないため、皮膚感作(アレルギー)はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ラウリン酸 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ラウリン酸は毒性なし(∗2)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ラウリン酸はベース成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(1987)「Final Report on the Safety Assessment of Oleic Acid, Laurie Acid, Palmitic Acid, Myristic Acid, and Stearic Acid」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.3109/10915818709098563> 2017年11月13日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ