ミネラルオイルとは…成分効果と毒性を解説

ベース成分 エモリエント成分 感触改良
ミネラルオイル
[化粧品成分表示名称]
・ミネラルオイル

[医薬部外品表示名称]
・流動パラフィン

石油の原油を蒸留し固形パラフィンを除去し精製して得られる石油系液状炭化水素(∗1)の混合物です。

∗1 炭化水素とは、炭素と水素のみからなる化合物で、化学的に極めて不活性な物質です。

成分は、一般的にC₁₅-C₃₀の常温で液状の炭化水素の混合物で、粘度によって軽質流動パラフィン(65-80ssu/37.8℃)と重質流動パラフィン(330-375ssu/37.8℃)とに大別されます(文献2:1997)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、洗浄製品などに使用されています(文献1:2016;文献2:1997)

エモリエント作用

エモリエント作用に関しては、不活性であり、耐水性および潤滑性を有し、乳化特性も良好であるため、乳液やクリーム系のスキンケア化粧品、ボディオイル、メイクアップ化粧品などに用いられます(文献2:1997)

また不活性で皮膚浸透性がほとんどないため、クレンジング剤やアイメイクアップリムーバーなどの基剤としても用いられます(文献2:1997)

感触改良

感触改良に関しては、潤滑性・展延性(∗3)を有しているため、クリームの油性基剤として使用されます(文献2:1997)

∗3 展延性とは、柔軟に広がり、均等に伸びる性質のことで、薄く広がり伸びが良いことを指します。

スポンサーリンク

ミネラルオイルの安全性(刺激性・アレルギー)について

ミネラルオイルの現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚刺激性(皮膚炎を有する場合):ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性:ほとんどなし
  • 光感作性:ほとんどなし
  • 光感作性(皮膚炎を有する場合):ほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

大阪回生症院皮膚科の臨床データ(文献3:1990)によると、

  • [ヒト試験] 20人の志願者(男女各10人、21-59歳)に48時間単回パッチテストを実施したところ、20人のうち3人の志願者に±の判定がみられたが、総合的に皮膚刺激はほとんどないと判断された

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激なしと報告されているため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

ミネラルオイルは、化粧品原料として古くから用いられていますが、1951年にラットに2-5週間にわたって繰り返しミネラルオイルを塗布して観察した結果、表皮の角層に角化不全および顆粒層の減少が認められたとの報告(文献4:1951)や国内でも1965年にモルモットにミネラルオイルを塗布し皮膚の組織的変化を観察した結果、核分裂増加および細胞内外浮腫を生じ、その結果として表皮肥厚および皮膚炎を起こしたとの報告があります(文献2:1997)

ただし1997年には、これらはいずれもミネラルオイル単独で長期間塗布した場合の結果であり、実際の化粧品ではほとんどの製品が極性を有する油脂やエステル類を併用しているため、このようなことはほとんどないと報告されています(文献2:1997)

– 皮膚炎を有する場合 –

大阪回生症院皮膚科の臨床データ(文献3:1990)によると、

  • [ヒト試験] 15人の患者(アトピー性皮膚炎4人、接触感作4人など)に48時間単回パッチテストを実施したところ、いずれの患者においても皮膚刺激性はみられなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激性なしと報告されているため、皮膚炎を有する場合において皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

光感作性について

大阪回生症院皮膚科の臨床データ(文献3:1990)によると、

  • [ヒト試験] 20人の志願者(男女各10人、21-59歳)に48時間単回パッチ適用しパッチ除去後にUVAを10分間照射し、照射30分後および72時間後に照射部位を評価したところ、20人のうち3人の志願者に±の判定がみられたため、安全および許容範囲であるが、光感作反応を生ずる物質の夾雑が疑われた

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光感作性なしと報告されているため、光感作性はほとんどないと考えられます。

ただし、ミネラルオイルに微量の光毒物質が混ざり込んでいることがあることは周知であり、この光毒物質はUVA照射により一過性に発生する不安定な微量物質であると推察されており、許容範囲内ではあるもののそういった光毒物質によってわずかな光感作反応が生じる可能性があると報告されています(文献3:1990)

– 皮膚炎を有する場合 –

大阪回生症院皮膚科の臨床データ(文献3:1990)によると、

  • [ヒト試験] 15人の患者(アトピー性皮膚炎4人、接触感作4人など)に48時間単回パッチ適用しパッチ除去後にUVAを10分間照射し、照射30分後および72時間後に照射部位を評価したところ、いずれの患者においても光感作反応はみられなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光感作性なしと報告されているため、皮膚炎を有する場合において光感作性はほとんどないと考えられます。

∗∗∗

ミネラルオイルはベース成分、エモリエント成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 エモリエント成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2016)「炭化水素」パーソナルケアハンドブック,28.
  2. 広田 博(1997)「炭化水素類」化粧品用油脂の科学,54-60.
  3. 須貝 哲郎(1990)「L-300軟膏の皮膚安全性検討」皮膚(32)(5),677-683.
  4. EO Butcher(1951)「The effects of applications of various substances on the epidermis of the rat.」The Journal of Investigative Dermatology(16)(2),85-90.

スポンサーリンク

TOPへ