パーム脂肪酸とは…成分効果と毒性を解説

起泡
パーム脂肪酸
[化粧品成分表示名称]
・パーム脂肪酸

[医薬部外品表示名称]
・パーム脂肪酸

パーム油から得られる高級脂肪酸です。

パーム脂肪酸の脂肪酸組成は、一例として、

脂肪酸名 脂肪酸の種類 炭素数:二重結合数 比率(%)
オレイン酸 不飽和脂肪酸 C18:1 40.7
リノール酸 不飽和脂肪酸 C18:2 9.7
ラウリン酸 飽和脂肪酸 C12:0 0.2
ミリスチン酸 飽和脂肪酸 C14:0 1.1
パルミチン酸 飽和脂肪酸 C16:0 43.1
ステアリン酸 飽和脂肪酸 C18:0 4.5

このような種類と比率で構成されていることが報告されており(文献1:1990)、パルミチン酸とオレイン酸を主とした脂肪酸構成となっています。

化学構造的に二重結合(不飽和結合)の数が多いほど酸化安定性が低くなりますが、パルミチン酸は飽和脂肪酸で二重結合が0であり、またオレイン酸は二重結合が1つの不飽和脂肪酸であるため、酸化安定性は比較的高いと考えられます。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、洗顔石鹸、ボディ石鹸、ボディソープ製品などに使用されます。

セッケンの泡質改善作用

セッケンの泡質改善作用に関しては、まず前提知識としてセッケン合成およびセッケン(∗1)の化粧品成分表示記載方法について解説します。

∗1 セッケンには、「セッケン」「石けん」「せっけん」「石鹸」など4種の表記法があり、これらの用語には界面活性剤を意味する場合と界面活性剤を主剤とした製品を意味する場合がありますが、化学分野では界面活性剤を「セッケン」、製品を「せっけん」と表現する決まりになっています。それらを考慮し、ここでは界面活性剤を「セッケン」、セッケンを主剤とした製品を「石鹸」と記載しています。

セッケンは、以下のように、

  • ケン化法:油脂 + 水酸化Naまたは水酸化K → 油脂脂肪酸Naまたは油脂脂肪酸K + グリセリン
  • 中和法:高級脂肪酸 + 水酸化Naまたは水酸化K → 高級脂肪酸Naまたは高級脂肪酸K + 水

炭素数12-18の高級脂肪酸または油脂をアルカリ剤である水酸化Naまたは水酸化Kで中和またはケン化して得られる洗浄基剤であり、洗浄性および起泡性を有していることが知られています。

また、セッケンは中和またはケン化に使用するアルカリ剤によって、以下のように、

  • 水酸化Naを用いてケン化または中和する場合:固形石鹸
  • 水酸化Kを用いてケン化または中和する場合:液体石鹸

形状および性質が異なります(文献2:1979)

次に、セッケンの化粧品成分表示記載方法については、以下の表のように、

表示の種類 使用成分(反応させる成分) 表示成分一覧
単一成分表示 高級脂肪酸または油脂 +
水酸化Na
石ケン素地
高級脂肪酸または油脂 +
水酸化K
カリ石ケン素地
高級脂肪酸または油脂 +
水酸化Na + 水酸化K
カリ含有石ケン素地
反応後表示 高級脂肪酸 + 水酸化Na ラウリン酸Naミリスチン酸Naパルミチン酸Naステアリン酸Naオレイン酸Na
高級脂肪酸 + 水酸化K ラウリン酸Kミリスチン酸Kパルミチン酸Kステアリン酸Kオレイン酸K
油脂 + 水酸化Na パーム脂肪酸Naパーム核脂肪酸Naヤシ脂肪酸Naオリーブ脂肪酸Na
油脂 + 水酸化K ヤシ脂肪酸K
反応前表示 高級脂肪酸 + 水酸化Na ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、水酸化Na
高級脂肪酸 + 水酸化K ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、水酸化K
油脂 + 水酸化Na ヤシ油パーム油パーム核油オリーブ果実油ツバキ種子油馬油、水酸化Na
油脂 + 水酸化K ヤシ油、パーム油、パーム核油、オリーブ果実油、水酸化K

これらの記載方法があります(∗2)

∗2 すべてが使用(記載)されるわけではなく、一般的に高級脂肪酸の場合は3つ以上、油脂脂肪酸の場合は1つ以上が使用されます。

セッケンを基剤としている場合は、セッケン基剤に使用されている油脂、油脂脂肪酸または高級脂肪酸と同じ油脂脂肪酸または高級脂肪酸(∗3)を配合することで泡のソフト感が増し(泡粒径が小さくなる)、かつ泡弾性が向上することが知られており(文献3:1993)、このようにセッケンと同様の脂肪酸を配合したセッケンを過脂肪セッケンといいます。

∗3 高級脂肪酸の場合、パルミチン酸は過脂肪剤としての効果を発揮しないため、パルミチン酸は使用されません。

このような背景から、セッケン基剤としてパーム油、パーム脂肪酸またはパーム油を構成する高級脂肪酸が使用されている場合、泡のソフト感の増大かつ泡弾性の向上目的でパーム脂肪酸が配合されます。

また、パーム脂肪酸単体では30℃以下の常温・冷水には溶けにくく、機能を活かしきれないため、一般的には30℃以下の温度でも機能を発揮できるようにパーム核脂肪酸を20%-30%混ぜて使いやすくする処方が汎用されていることから、過脂肪剤としてパーム脂肪酸が配合されている場合もパーム核脂肪酸が併用されることが多いです(文献3:1993)

過脂肪セッケンの場合は、一例として、化粧品成分表示一覧にパーム脂肪酸Na(およびパーム核脂肪酸Na)とは別にパーム脂肪酸(およびパーム核脂肪酸)も記載されるため、脂肪酸セッケンと同様の脂肪酸が別途記載されている場合は過脂肪セッケンの可能性が考えられます。

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2010年の比較調査結果になりますが、以下のように報告されています。

以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品(シャンプー、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

パーム脂肪酸の配合製品数と配合量の調査結果(2010年)

スポンサーリンク

パーム脂肪酸の安全性(刺激性・アレルギー)について

パーム脂肪酸の現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 100年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、洗浄製品のような短時間の非連続使用として皮膚から完全に洗い流すように設計された製品において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

医薬部外品原料規格2006に収載されており、100年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

∗∗∗

パーム脂肪酸はベース成分、界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 界面活性剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日本油化学協会(1990)「植物油脂の脂肪酸組成」油脂化学便覧 改訂3版,104-110.
  2. 小野 正宏(1979)「身のまわりの化学”セッケンおよびシャンプー”」化学教育(27)(5),297-301.
  3. 宮澤 清(1993)「化粧せっけん及びヘアシャンプーの泡立ちとソフト感」油化学(42)(10),768-774.

スポンサーリンク

TOPへ