ジグリセリンとは…成分効果と毒性を解説

ベース成分 保湿
ジグリセリン
[化粧品成分表示名称]
・ジグリセリン

[医薬部外品表示名称]
・ジグリセリン

化学構造的に脱水縮合して水分子を取り除いたグリセリンを2個結合した2量体(∗1)のポリグリセリン(∗2)であり、また4つのヒドロキシ基(水酸基:-OH)をもつ多価アルコール(四価アルコール)(∗3)です。

∗1 複数の分子結合がまとまって機能する複合体を多量体といい、ジグリセリンの場合、2個のグリセリンがまとまって機能しているため2量体として働きます。

∗2 「ポリ(poly)」とは「複数の」を意味する接頭語であり、グリセリンが2個以上結合したものをポリグリセリンと総称します。化粧品においては10個結合したものまで使用されます。

∗3 多価アルコールとは、非常に高い吸湿性と保水性をもっているため化粧品に最も汎用されている保湿剤です。名称に「アルコール」がついているので勘違いしやすいですが、一般的なアルコール(エタノール)は一価アルコールで、多価アルコールと一価アルコール(エタノール:エチルアルコール)は別の物質です。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、洗顔料、まつ毛美容液、ヘアケア製品、シート&マスク製品などに汎用されています(文献1:2016)

角質層の柔軟化および水分量増加による保湿作用

角質層の柔軟化および水分量増加による保湿作用に関しては、グリセリンと同様に吸湿性・保湿性を有していますが、グリセリンと比較して粘性および高いしっとり感を有しており、しっとり系スキンケア化粧品をはじめ幅広い製品に汎用されています(文献1:2016;文献2:2015)

スポンサーリンク

ジグリセリンの安全性(刺激性・アレルギー)について

ジグリセリンの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)
  • アクネ菌増殖性:ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

医薬部外品原料規格2006に収載されており、10年以上の使用実績の中で重要な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

ニキビの原因となるアクネ菌の増殖性について

2009年にサティス製薬によって公開された研究調査によると、

ニキビ用化粧品の開発に役立つアクネ菌(Propionibacterium acnes)の資化性試験を用いて研究調査を行った。

資化性(しかせい)とは、微生物がある物質を栄養源として利用し増殖できる性質であり、化粧品に汎用されている各保湿剤がアクネ菌の栄養源になりうるかを検討するために、14種類の保湿剤(BG、グリセリン、DPG、ジグリセリン、トレハロースグルコースソルビトールプロパンジオールキシリトールPCA-NaベタインラフィノースGCS(グリコシルトレハロース/加水分解水添デンプン混合物))をアクネ菌に与えてその増殖率を測定したところ、以下のグラフのように、

アクネ菌の保湿剤に対する資化性

縦軸の資化性スコア(吸光度)が高いほど菌が増殖していることを示しており、無添加と同等の増加率の場合はアクネ菌に対する資化性は非常に低いと考えられ、ジグリセリンは無添加と同等の増加率であるため、アクネ菌の増殖性は認められなかった。

このような検証結果が報告されており(文献3:2009)アクネ菌増殖性はほとんどないと考えられます。

∗∗∗

ジグリセリンはベース成分、保湿成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 保湿成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2016)「多価アルコール」パーソナルケアハンドブック,95-103.
  2. 宇山 光男, 他(2015)「ジグリセリン」化粧品成分ガイド 第6版,51.
  3. 株式会社サティス製薬(2009)「化粧品でアクネ菌が増える?」, <http://www.saticine-md.co.jp/exam/trustee_service/release/20090519.html> 2018年12月30日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ