オクチルドデカノールとは…成分効果と毒性を解説

ベース成分 エモリエント成分
オクチルドデカノール
[化粧品成分表示名称]
・オクチルドデカノール

[医薬部外品表示名称]
・2-オクチルドデカノール

無色透明で液体状の高級アルコール(油性成分)です。

温度が下がっても硬くならず、参加による劣化もほとんどない安定した成分です。

油っぽいべとつきが少ないため皮膚への感触がよく、伸びもいいため、乳液やクリームの質感調整やエモリエント剤として広く使用されています。

また、皮膚刺激が少なく多少の紫外線を吸収する作用があることからサンオイルや日焼け止めのベース成分としても用いられたり、顔料分散性がいいためメイクアップ製品の発色を良くする成分としても使用されます。

実際の配合製品の種類や配合量は、海外の1981年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

オクチルドデカノールの配合製品数と配合量の調査(1981年)

また、1985年と2002-2003年の比較調査の結果も以下のように報告されています。

オクチルドデカノールの配合製品数と配合量の比較調査

リップスティックやメイクアップ製品によく配合されており、配合量も5~25%と高配合されているものが多いことがわかります。

スポンサーリンク

オクチルドデカノールの安全性(刺激性・アレルギー)について

オクチルドデカノールの現時点での安全性は、皮膚刺激性や毒性および眼刺激性はほとんどなく、重大なアレルギー(皮膚感作)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Stearyl Alcohol,Oleyl Alcohol,and Octyl Dodecanol」(文献1:1985)によると、

  • [動物試験] 9匹のウサギの背中に100%オクチルドデカノールまたは30%オクチルドデカノール水溶液を別々に閉塞下で24時間適用したところ、刺激スコア(刺激スコア0~4の範囲)は1.13と0.5であった
  • [動物試験] ウサギ、モルモット、ラット、ミニブタ、ヒトを用いてオクチルドデカノールの皮膚刺激性について試験したところ、ウサギ、モルモット、ラットでは中程度~重度の刺激が認められたが、ブタまたはヒトの皮膚には皮膚刺激は生じなかった
  • [動物試験] ウサギの皮膚に10.2%オクチルドデカノールを3~4日連続して適用したところ、最小限から軽度の刺激を生じた

と記載されています。

動物試験では一過性の最小限~軽度の皮膚刺激が生じていますが、ヒトの皮膚では刺激が生じなかったという結果がでているため、皮膚刺激性や毒性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Stearyl Alcohol,Oleyl Alcohol,and Octyl Dodecanol」(文献1:1985)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギに100%オクチルドデカノールを点眼したところ、1日目に平均刺激スコア4(最大110)を記録し、4日目までには0のスコアであった
  • [動物試験] 6匹のウサギに100%オクチルドデカノールを点眼したところ、1日目および2日目に平均刺激スコア1(最大110)を記録し、3日目までには0のスコアであった
  • [動物試験] ウサギを用いて3~10.2%オクチルドデカノールを含む製剤で眼刺激試験を実施したところ、いずれのウサギもこの製剤によって誘発される一時的な眼刺激はないか、またあってもごくわずかだった

と記載されています。

試験結果では共通して眼刺激性はほとんど起こっていないため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

アレルギー(皮膚感作性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Stearyl Alcohol,Oleyl Alcohol,and Octyl Dodecanol」(文献1:1985)によると、

  • [ヒト試験] 2629人の被検者に3~12%オクチルドデカノールを含む製剤を用いたDraize法に基づいた反復パッチ試験を実施したところ、これらの試験で2629人のいずれも感作反応を示さなかった

と記載されています。

試験結果はひとつですが、人数が多いため一定の信頼性があると思われ、また国内でも重大なアレルギーの報告はないため、アレルギー(皮膚感作)はほとんど起こらないと考えられます。

光毒性および光感作性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Stearyl Alcohol,Oleyl Alcohol,and Octyl Dodecanol」(文献1:1985)によると、

  • [ヒト試験] 23人の被検者に10.2%オクチルドデカノールを含むリップスティック製剤を24時間閉塞パッチで適用した後、試験部位を3倍のMEDでUV照射(UVAおよびUVB領域は290~400nm)するという手順を週に2回合計6回繰り返したところ、反応がなく、光毒性や光感作性とは認められなかった

と記載されています。

試験結果はひとつのみですが、国内でも重大な光感作の報告はないため、光毒性や光感作はほとんど起こらないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
オクチルドデカノール 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、オクチルドデカノールは毒性なし(∗2)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

オクチルドデカノールはベース成分とエモリエント成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 エモリエント成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(1985)「Final Report on the Safety Assessment of Stearyl Alcohol,Oleyl Alcohol,and Octyl Dodecanol」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.3109/10915818509078685> 2017年10月18日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ