エタノール(エチルアルコール)とは…成分効果と毒性を解説

ベース成分
エタノール(エチルアルコール)
[化粧品成分表示名称]
・エタノール

[医薬部外品表示名称]
・エタノール

[慣用名]
・エタノール、エチルアルコール

無色透明の揮発性の液体です。

一般的にはアルコールと呼ばれていますが、国際化学命名法ではエチルアルコールと呼び、エタノールは慣用名でどれも同じ酒に酔う酩酊成分です。

穀物などのデンプンを発酵させて得られる天然醸造アルコールのほかに、化学的に合成して得られる合成エタノールがあり、各種物質や成分を溶解する性質があるので溶剤として、化粧品には欠かすことができない成分です。

エタノールは、正式には無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールに分類されますが、これは純度の違いによるもので、

  • 無水エタノール:濃度99.5%以上
  • エタノール:濃度95.1%~95.6%
  • 消毒用エタノール:濃度76.9%~81.4%

に分けられます。

消毒用エタノールがこの濃度である理由は、水に希釈させてこの濃度にすることで殺菌消毒効果が最も高くなるからです。

一方で、100%に近い濃度である無水エタノールは殺菌力がありませんが、この理由は殺菌には接触時間がポイントとなるため濃度が高すぎるとすぐに揮発してしまって効果が十分に発揮できないためです。

化粧品に配合される場合は、精製水を加えて必要な濃度に調整して化粧品や香水の溶剤などに用いたり、清涼感がでたりベタつきがなくなったり、香りが立ちやすくなるので基剤として用いることも多いです。

スポンサーリンク

エタノールの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

日本化学物質安全情報センターの資料によると、エタノールは、遺伝毒性や急性毒性などの毒性はほとんどなく、体内に蓄積されたり、経皮吸収も非常に低いとされており、安全性は高いことが認められています。

ただし、濃度によりますが、基本的に刺激を感じる成分です。

アルコール消毒などに敏感な方は、成分表示でエタノールが最初のほうに表示されている化粧品を使用するときはトライアルなどで試してから使用したほうが安全です。

ネットではアルコールアレルギーだからエタノールで刺激を感じるのではないかという不安もあるようですが、多くの場合アルコールアレルギーではなく、

  • エタノール濃度の高い化粧品を使っている
  • 一般の化粧品より少し濃度の高い化粧品を継続使用している間に炎症部分などに過剰反応する

というどちらかのケースであることがほとんどで、これをアルコールアレルギーと勘違いするケースが多いと思われます。

一般的にエタノール濃度の目安は、

  • しっとり化粧水:10%
  • さっぱり化粧水:15%
  • ニキビ用化粧水:20%
  • 拭き取り化粧品:30%以上

というものですが、安心できる基準値という意味では10%あたりで、15%以上だと肌が過剰反応するケースがグンと増えます。

なので、例えば生理前や乾燥肌などで肌のバリア機能が弱っている時や肌が敏感なときにエタノールがしみたり、炎症に反応して赤みができたりということは十分ありえますが、それはアルコールアレルギーではなくてただ刺激を感じているだけです。

そういう場合は、もちろんアルコールの入った化粧品の使用を一時的に控えるのも選択のひとつですし、10%程度のものに代えて反応が収まることも多いです。

肌のターンオーバーやバリア機能が正常ならエタノールに反応することがなくなると思うので、肌が落ち着いてきたらまた化粧品を戻してもだいじょうぶです。

ただ、公開されている情報では化粧品のエタノール濃度はわからないので、気になる方はお使いのメーカーに問い合わせてください。

肌状態によって肌が反応してしまうというだけで、基本的には広く使用されている安全な成分なので、過剰にエタノールを避けて化粧品の選択肢を狭めないでほしいと思います。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、エタノールは△(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

エタノールはベース成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

ベース成分

スポンサーリンク

TOPへ