イソノナン酸イソトリデシルとは…成分効果と毒性を解説

ベース成分 エモリエント成分 分散
イソノナン酸イソトリデシル
[化粧品成分表示名称]
・イソノナン酸イソトリデシル

[医薬部外品表示名称]
・イソノナン酸イソトリデシル

炭素数9の中鎖分岐脂肪酸であるイソノナン酸と中鎖分岐アルコールであるイソトリデシルアルコールのエステル油です。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、メイクアップ化粧品、乳化系スキンケア化粧品、クレンジング製品、日焼け止め製品などに使用されています(文献1:2011)

エモリエント作用

エモリエント作用に関しては、展延性(∗1)に優れており、油性感が少なく、なめらかな感触を付与することから、エモリエント剤として乳液やクリームなど乳化系スキンケア化粧品、口紅、ファンデーション、日焼け止め製剤などに使用されます(文献1:2011;文献2:2015)

∗1 展延性とは、柔軟に広がり、均等に伸びる性質のことで、薄く広がり伸びが良いことを指します。

また、シリコーンとの相溶性に優れていることから、クレンジングの基剤として使用されます。

分散

分散に関しては、顔料に対する分散性に優れていることから、顔料同士の凝集(∗2)を防ぐ目的で口紅、メイクアップ化粧品などに処方されます。

∗2 凝集とは、散らばったり溶けたりしていたものが、集まって固まることです。

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2009年および2012-2013年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

イソノナン酸イソトリデシルの配合製品数と配合量の調査結果(2009年および2012-2013年)

スポンサーリンク

イソノナン酸イソトリデシルの安全性(刺激性・アレルギー)について

イソノナン酸イソトリデシルの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性:ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

医薬部外品原料規格2006に収載されており、10年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激性の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:2011)によると、

  • [ヒト試験] 28人の被検者に4.3%イソノナン酸イソトリデシルを含むフェイシャルクリームを対象にMaximization皮膚感作性試験を実施したところ、いずれの被検者も接触性皮膚感作の兆候は示さなかった(KGL Inc,2004)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚感作性なしと報告されているため、皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

∗∗∗

イソノナン酸イソトリデシルはベース成分、エモリエント成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 エモリエント成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. Cosmetic Ingredient Review(2011)「Final Report of the Cosmetic Ingredient Review Expert Panel on the Safety Assessment of Pelargonic Acid (Nonanoic Acid) and Nonanoate Esters」International Journal of Toxicology(30)(6),228S-269S.
  2. 宇山 光男, 他(2015)「イソノナン酸イソトリデシル」化粧品成分ガイド 第6版,58.

スポンサーリンク

TOPへ