イソドデカンとは…成分効果と毒性を解説

ベース
イソドデカン
[化粧品成分表示名称]
・イソドデカン

[医薬部外品表示名称]
・軽質イソパラフィン

100%植物由来の高純度炭化水素で、高揮発性の液状油性成分です。

不純物や臭気がほとんどなく、安定性が非常に高く、高揮発性のため蒸発しやすく残留感がないため、油性成分を多く使う口紅、アイライナー、マスカラなどで油っぽい感触が好まれない製品に広く使用されています。

また、制汗剤、基礎化粧品、毛髪化粧品などでも残留感が好まれない製品には使用されています。

実際にどのような種類の製品にどれくらいの範囲で配合されているのかというと、海外の2010年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

イソドデカンの配合品数と配合量(2010年)

スポンサーリンク

イソドデカンの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

イソドデカンの現時点での安全性は、皮膚刺激性や毒性および眼刺激性はほとんどなく、重大なアレルギー(皮膚感作)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Isoparaffins as Used in Cosmetic」(文献1:2012)によると、

  • [ヒト試験] 20人の被検者を用いて85%イソドデカンを解放パッチ試験したところ、結果は陰性であった。しかし、20人の被検者において10%イソドデカンを含むワセリンで2人、20%イソドデカンを含むワセリンで3人、50%イソドデカンを含むワセリンで6人に皮膚刺激が観察された
  • [ヒト試験] 40%イソドデカンと60%トリメチルシロキシシリケートの混合物40%を含むワセリンを19人の被検者に閉塞パッチ適用したところ、2人に皮膚刺激を引き起こした
  • [ヒト試験] 90.3%イソドデカンを含むミストスプレーの安全性を69人のボランティアに6週間連続使用してもらうことで評価した。誘導段階およびチャレンジ段階を終えて、製品はアレルギー誘発性も臨床的に意味のある刺激性をないと考えられた
  • [ヒト試験] 108人の健常な被検者に80.74%イソドデカンを含むリッププライマーの皮膚刺激性を試験したところ、製品は皮膚刺激および感作を誘発する可能性を示さなかった
  • [ヒト試験] 104名の健康な男女に47.64%イソドデカンを含むアイシャドーを試験したところ、皮膚刺激および感作反応について陰性であった。また、誘導期間中の108名の被検者とチャレンジパッチ中の100名の被検者に40.16%イソドデカンを含むアライナーを試験しても陰性であった
  • [ヒト試験] 204人の健常な被検者に63.7%イソドデカンを含むマスカラの皮膚刺激および感作性を試験したところ、マスカラは非刺激性で非感作性であると結論付けられた
  • [ヒト試験] 52人の被検者に50%イソドデカンを含む混合物の皮膚刺激および感作性を試験したところ、試験物質は刺激性または感作性を示すものではなかった

東レ・ダウコーニング株式会社の安全性データシート(文献2:2016,文献3:2016,文献4:2016)によると、

  • [ヒト試験] ヒトにイソドデカン溶液(20-30%、60-70%、80-90%の3種類)を塗布した試験結果では皮膚刺激なし
  • [動物試験] モルモットにイソドデカン溶液(20-30%、60-70%、80-90%の3種類)を塗布した試験結果では陰性であり、皮膚を過敏化させない

株式会社ベネフィット-イオンのWEBサイト”体臭クリーニング”(文献5:2017)によると、

  • 原因のわからないアレルギー反応(くしゃみや鼻水など)を独自調査した結果、揮発して衣類についた洗剤に含まれるイソドデカンの可能性が高いと推測されているようです

と記載されています。

ほとんどの試験結果において濃度にかかわらず皮膚刺激および皮膚感作性を示さないという結果なので、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

試験結果では、皮膚感作性はないと記載されていますが、株式会社ベネフィット-イオンが興味深い考察をされていたので、現時点では推測の域はでませんが一応掲載させていただきました。

とはいえ、もしイソドデカンの配合されている化粧品や洗剤を常用している方で、くしゃみや鼻水などの症状が起こりやすいと感じている方は、イソドデカンでアレルギーテストするという選択肢も検討する余地があります。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Isoparaffins as Used in Cosmetic」(文献1:2012)によると、

  • [ヒト試験] 10人の女性参加者に63.7%イソドデカンを含むマスカラを毎日1回5日間まつ毛に塗布したところ、眼刺激の兆候はなかった。また、同じ試験手順で50人の女性参加者に4週間にわたって繰り返したところ、0.04%の眼刺激スコアが評価されたが、有意な刺激とはみなされなかった

東レ・ダウコーニング株式会社の安全性データシート(文献2:2016,文献3:2016,文献4:2016)によると、

  • [動物試験] ウサギにイソドデカン溶液(20-30%、60-70%、80-90%の3種類)を点眼した試験結果では眼刺激なし

と記載されています。

試験結果では共通して眼刺激性がないため、眼刺激はほとんどないと考えられます。

コメドジェニシティ(ニキビの原因となるアクネ菌の増殖促進性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Isoparaffins as Used in Cosmetic」(文献1:2012)によると、

  • [動物試験] 3匹のウサギのそれぞれの左耳に希釈していないイソドデカンを週に5日3週間連続で適用し、右耳は未処置対照として、顕微鏡検査を行ったところ、1匹の未処置のウサギの耳および1匹の処置した耳に角化が認められた。ウサギの処置耳および未処置耳にコメド形成の兆候はなく、イソドデカンはノンコメドジェニックであると考えられた

と記載されています。

試験結果はひとつですが、現時点ではノンコメドジェニックであると考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
イソドデカン

参考までに化粧品毒性判定事典によると、イソドデカンは■(∗2)となっており、毒性・刺激があるという判定になっています。

ただし、安全性データで参照したように、皮膚刺激性や眼刺激性はないというデータが複数あるので、一般的に刺激性や毒性はほとんどないと考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

イソドデカンはベース成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2012)「Safety Assessment of Isoparaffins as Used in Cosmetic」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1091581812463087> 2017年10月30日アクセス.
  2. 東レ・ダウコーニング株式会社(2016)「安全データシート 680 ID Fluid」, <http://www.dowcorning.co.jp/applications/search/default.aspx?R=9556JA> 2017年8月28日アクセス.
  3. 東レ・ダウコーニング株式会社(2016)「安全データシート FC-5002 IDD Resin Gum」, <http://www.dowcorning.co.jp/applications/search/default.aspx?R=13178JA> 2017年8月28日アクセス.
  4. 東レ・ダウコーニング株式会社(2016)「安全データシート EL-8050 ID Silicone Organic Elastomer Blend」, <http://www.dowcorning.co.jp/applications/search/default.aspx?R=7476JA> 2017年8月28日アクセス.
  5. “体臭クリーニング”(2017)「PATMとは一体何かを専門家視点で考察」, <http://benefit-ion.com/blog/%E3%80%90%E4%BD%93%E8%87%AD%E7%97%85%E6%B0%97%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%80%91patm%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%B8%80%E4%BD%93%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%82%92%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AE%B6%E8%A6%96%E7%82%B9/> 2017年8月28日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ