イソステアリン酸とは…成分効果と毒性を解説

ベース成分 表面処理剤 分散剤 感触改良剤
イソステアリン酸
[化粧品成分表示名称]
・イソステアリン酸

[医薬部外品表示名称]
・イソステアリン酸

炭化水素から合成して得られる無色~淡黄色の透明な飽和脂肪酸(高級脂肪酸)です。

ステアリン酸が固体であるのに対して、イソステアリン酸は無色~淡黄色の液体であり、性状としてはオレイン酸に類似してますが、オレイン酸と比べて酸化しにくく、非常に安定性が高く、オレイン酸よりも優れた原料として同様の目的で化粧品に配合されています。

また、ステアリン酸と同じように紫外線散乱剤の酸化チタン酸化亜鉛を均一に分散させるために使用されることもあります。

実際にどのような製品に配合されているかというと、海外の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに表の中の製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

イソステアリン酸の配合製品数と配合量の比較調査結果

スポンサーリンク

イソステアリン酸の安全性(刺激性・アレルギー)について

イソステアリン酸の現時点での安全性は、皮膚刺激性および眼刺激性はほとんどなく、皮膚感作性(アレルギー性)および光感作性もほとんどないため、安全性の高い成分であると考えられます。

ただし、コメドジェニック(∗1)なので、ニキビや脂性肌の方は注意が必要です。

∗1 コメドジェニックとは、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を促進させる成分であることを指します。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗2)やレポートを参照しています。

∗2 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Isostearic Acid」(文献1:1983)によると、

  • [ヒト試験] イソステアリン酸の一次刺激性を評価するためにイソステアリン酸を含む4つの製剤の24時間閉塞パッチ試験を実施したところ、すべて陰性だと判断された
  • [ヒト試験] 10人の被検者の背中に2.5%イソステアリン酸を含む日焼け止め製剤を48時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に評価したところ、刺激は報告されなかった
  • [ヒト試験] 19人の女性の頬に35%イソステアリン酸を含む皮膚洗浄剤を初日は1回使用し、2~4日目は1日2回使用してもらったところ、19人のいずれも不快感を感じなかった
  • [ヒト試験] 19人の被検者の背中に2.5%イソステアリン酸を含む日焼け止め製剤0.2gを24時間半閉塞パッチで21日間にわたって合計15回適用しスコアリングしたところ、最大刺激スコア84のうち累積刺激スコアは0.87と報告されたため、イソステアリン酸は累積刺激剤ではないと結論付けられた

と記載されています。

試験結果では一次刺激性も累積刺激性もなしと報告されているため、皮膚刺激は一次刺激性および累積刺激性ともにほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Isostearic Acid」(文献1:1983)によると、

  • [動物試験] 各ウサギの片眼の結膜嚢に未希釈のイソステアリン酸0.1mLを点眼し、点眼後にDraize法にしたがって1,2,3,4および7日目に評価したところ、初日に最小限の眼刺激が生じたが、これは24時間以内に消失した。これらの結果からイソステアリン酸に眼刺激の兆候はないと判断された

と記載されています。

試験結果はひとつですが、眼刺激性なしと報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Isostearic Acid」(文献1:1983)によると、

  • [ヒト試験] 103人の被検者の背中の無傷の皮膚に10%イソステアリン酸を含むミネラルオイルを誘導期間において48時間(週末は72時間)半閉塞パッチ適用し、パッチ除去時に試験部位を検査し、再パッチ適用という手順を10回繰り返した。2週間の無処置期間をはさみ、同じ試験部位にチャレンジパッチを適用し、パッチ除去後にスコアリングしたところ、平均累積刺激スコアは0.243±0.068であり、感作を誘発する皮膚反応はなかったと報告された
  • [ヒト試験] 168人の被検者の背中に35%イソステアリン酸を含むミネラルオイル0.1mLを誘導期間において48時間感覚で週3回、3週間にわたって適用した。3週間の無処置期間をはさんで試験部位および未処置部位にチャレンジパッチを適用し、パッチ除去24,48および72時間後に皮膚感作性を評価したところ、試験中には一時的な反応のみが観察され、イソステアリン酸は皮膚刺激剤でも皮膚感作剤でもないと報告された
  • [ヒト試験] 235人の女性被検者の背中に2.5%イソステアリン酸を含む日焼け止め製剤を誘導期間において48時間間隔で21日間にわたって合計10回適用し、2週間の無処置期間を経て、48時間チャレンジパッチを適用したところ、試験期間中に反応はみられず、イソステアリン酸の感作性は極めて低いまたは存在しないと結論づけた
  • [ヒト試験] 98人の被検者に2.85%イソステアリン酸を含むマスカラ製剤を誘導期間において2週間にわたって合計10回閉塞パッチ適用し、約7日の無処置期間の後に単一閉塞チャレンジパッチを同じ試験部位および未処置部位に適用し、パッチ除去後に評価した。誘導期間において1人の被検者が皮膚刺激を示したが、チャレンジ期間に皮膚反応はなく、皮膚感作の兆候もなかった

と記載されています。

試験結果をみるかぎり、共通して皮膚感作性の報告がないため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

試験結果では一次刺激性も累積刺激性もなしと報告されているため、皮膚刺激は一次刺激性および累積刺激性ともにほとんどないと考えられます。

光感作性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Isostearic Acid」(文献1:1983)によると、

  • [ヒト試験] 刺激および感作試験をうけた168人からランダムに選んだ28人の被検者を用いてミネラルオイル中の35%イソステアリン酸の光毒性または光感作性を試験した。試験は皮膚感作試験と同じ手順で行った。28人の被検者を2つのグループに分け、19人はUVAのみ照射し、9人はUVA(320~400nm)とUVB(280~320nm)の両方を照射した。19人の被検者にUVAライトを15分間照射し、UVBはキセノンアークソーラーシミュレーターから2回のMED(最小紅斑線量)で適用された。これらの結果、一時的な反応のみが観測され、イソステアリン酸は光増感剤ではないと判断された

と記載されています。

試験結果はひとつですが、光感作性なしと報告されているため、光感作性はないと考えられます。

コメドジェニシティ(ニキビの原因となるアクネ菌の増殖促進性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Isostearic Acid」(文献1:1983)によると、

  • [動物試験] 9匹のウサギの右耳の内側部分に2.5%イソステアリン酸を含む日焼け止め製剤1mLを週5回合計20回適用し、肉眼で毛穴および角質の観察を毎日行なったところ、イソステアリン酸を含む製剤は有意にコメドジェニックであった

と記載されています。

試験結果はひとつですが、有意にコメドジェニックと報告されているため、コメドジェニックであると考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
イソステアリン酸 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、イソステアリン酸は毒性なし(∗3)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗3 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

イソステアリン酸はベース成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 表面処理剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(1983)「Final Report on the Safety Assessment of Isostearic Acid」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.3109/10915818309142002> 2017年12月27日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ