タンニン酸の基本情報・配合目的・安全性

タンニン酸

化粧品表示名 タンニン酸
医薬部外品表示名 タンニン酸
INCI名 Tannic Acid
配合目的 収れん など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表される有機酸です[1]

タンニン酸

1.2. 物性・性状

タンニン酸の物性・性状は、

状態 粉体または塊
溶解性 水、エタノールに易溶、油脂に不溶

このように報告されています[2a][3]

1.3. 分布

タンニン酸は、自然界においてウルシ科植物ヌルデ(学名:Rhus javanica)の葉柄がアブラムシにより刺激され、こぶ状に肥大化した五倍子(ごばいし)とよばれる虫こぶや、ブナ科植物の若芽にインクタマバチが寄生してできる没食子(もっしょくし)とよばれる虫こぶに含まれています[4]

1.4. 化粧品以外の主な用途

タンニン酸の化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
医薬品 矯味目的の医薬品添加剤として経口剤、歯科外用剤および口中用剤に用いられます[2b]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品およびに配合される場合は、

  • 収れん作用

主にこれらの目的で、スキンケア製品、マスク製品、日焼け止め製品、化粧下地製品、制汗剤、シャンプー製品、コンディショナー製品、トリートメント製品などに使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 収れん作用

収れん作用に関しては、タンニン酸は有機酸の一種であり、皮膚のタンパク質を収縮させることによる緩和な収れん作用を有していることから、皮脂腺や汗腺の開口部を収縮させて皮脂や発汗を抑制し、メイクアップ製品による化粧崩れを抑える目的や肌をひきしめる目的で、化粧水、日焼け止め製品、化粧下地製品、ファンデーション製品、制汗剤などに使用されています[5][6][7]

3. 安全性評価

タンニン酸の現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

3.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

広島大学医歯薬学総合研究科皮膚科およびツムラライフサイエンスの臨床データ[8]によると、

– 皮膚炎を有する場合 –

  • [ヒト試験] アトピー性皮膚炎を有する17名の患者に0.05%タンニン酸配合スプレー製剤および0.5%タンニン酸配合湯上がり製剤を2-4週間にわたって1日1回以上使用してもらったところ、いずれの患者においても皮膚に有害な反応はみられなかった
  • [ヒト試験] アトピー性皮膚炎を有する18名の患者に0.05%タンニン酸配合エアゾールスプレー製剤を2週間毎日1回以上使用してもらったところ、いずれの患者においても皮膚に有害な反応はみられなかった

このように記載されており、試験データをみるかぎり皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

3.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

4. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「タンニン酸」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,640.
  2. ab日本医薬品添加剤協会(2021)「タンニン酸」医薬品添加物事典2021,382-383.
  3. 樋口 彰, 他(2019)「タンニン」食品添加物事典 新訂第二版,221-222.
  4. 有機合成化学協会(1985)「タンニン酸」有機化合物辞典,533.
  5. 鈴木 一成(2012)「タンニン酸」化粧品成分用語事典2012,427-428.
  6. 田村 健夫・廣田 博(2001)「皮膚収れん剤」香粧品科学 理論と実際 第4版,246-248.
  7. 西山 聖二・熊野 可丸(1989)「基礎化粧品と皮膚(Ⅱ)」色材協会誌(62)(8),487-496. DOI:10.4011/shikizai1937.62.487.
  8. 信藤 肇, 他(2011)「アトピー性皮膚炎に対するタンニン酸配合湯上り製剤およびスプレー剤の臨床的有用性の検討」アレルギー(60)(1),33-42. DOI:10.15036/arerugi.60.33.

TOPへ