収れん成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

収れん成分

収れん剤とは、一般的には肌の引き締め作用をもつ成分であり、化粧品科学の分野では、

  1. 角層タンパク質であるケラチン収縮による肌の引き締め(astringent:アストリンジェント)
  2. 汗腺開口部の引き締め・凝固による発汗抑制(antiperspirant:アンチパースピラント)

主にこれらの作用のいずれか、または両方を有する成分のことをいいます。

収れん作用は、以下の表をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

収れんメカニズム解説
物理冷水やアルコールの蒸発熱による皮膚温の一時的な低下による収れん作用
化学陰イオン型皮膚のタンパク質であるケラチンを収縮させることによる緩和な収れん作用
陽イオン型皮膚のタンパク質であるケラチンを凝固・収縮させることによる強力な収れん作用

物理的または化学的アプローチによって起こすことができますが、一般的に収れん作用を発揮する主成分としては化学的収れん成分が用いられます。

また、収れん剤を分類すると、以下のように、

分類成分
物理的収れん剤エタノール
陰イオン型収れん剤有機酸、ポリフェノールおよび有機酸を含有する植物エキス
陽イオン型収れん剤金属塩

これらに大別されます。

収れん成分一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です

アルムK
アルムK
収れん 制汗 消臭
収れん作用、制汗、アルカリ性臭気の消臭目的で化粧品に配合される成分、アルムKの効果や安全性について解説します。
→ アルムK詳細ページ

エタノール
エタノール
溶剤 収れん 冷感 防腐
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐、乾燥促進による整髪目的で化粧品に配合される成分、エタノールの効果や安全性について解説します。
→ エタノール詳細ページ

塩化Al
塩化Al
収れん
収れん目的で化粧品に配合される成分、塩化Alの効果や安全性について解説します。
→ 塩化Al詳細ページ

塩化アルミニウム
塩化アルミニウム
収れん
収れん目的で化粧品に配合される成分、塩化アルミニウムの効果や安全性について解説します。
→ 塩化アルミニウム詳細ページ

カキタンニン
カキタンニン
収れん成分 抗菌成分 効果促進成分 消臭
収れん作用、抗菌作用、タール色素の変色・退色防止における紫外線吸収剤の耐光性促進作用、ノネナールの消臭作用目的で化粧品に配合される成分、カキタンニンの効果や安全性について解説します。
→ カキタンニン詳細ページ

カニナバラ果実エキス
カニナバラ果実エキス
収れん成分 色素沈着抑制
収れん作用、キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カニナバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ カニナバラ果実エキス詳細ページ

乾燥硫酸アルミニウムカリウム
乾燥硫酸アルミニウムカリウム
収れん 制汗 消臭
収れん作用、制汗、アルカリ性臭気の消臭目的で化粧品に配合される成分、乾燥硫酸アルミニウムカリウムの効果や安全性について解説します。
→ 乾燥硫酸アルミニウムカリウム詳細ページ

クエン酸
クエン酸
緩衝 収れん成分
pH調整による緩衝、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、クエン酸の効果や安全性について解説します。
→ クエン酸詳細ページ

クロルヒドロキシAl
クロルヒドロキシAl
収れん 制汗
収れん作用、制汗目的で化粧品に配合される成分、クロルヒドロキシAlの効果や安全性について解説します。
→ クロルヒドロキシAl詳細ページ

クロルヒドロキシアルミニウム
クロルヒドロキシアルミニウム
収れん 制汗
収れん作用、制汗目的で化粧品に配合される成分、クロルヒドロキシアルミニウムの効果や安全性について解説します。
→ クロルヒドロキシアルミニウム詳細ページ

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿成分 収れん成分 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス詳細ページ

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 抗酸化成分 収れん成分
日焼けによる抗炎症作用、過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス詳細ページ

ゲンチアナ根エキス
ゲンチアナ根エキス
抗炎症成分 抗酸化成分 収れん成分
日焼けによる抗炎症作用、過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根エキス詳細ページ

ゲンチアナ根茎/根エキス
ゲンチアナ根茎/根エキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿成分 収れん成分 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根茎/根エキス詳細ページ

ゲンノショウコエキス
ゲンノショウコエキス
収れん 制汗
収れん作用、制汗作用目的などで化粧品に配合される成分、ゲンノショウコエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンノショウコエキス詳細ページ

ゲンノショウコ花/葉/茎エキス
ゲンノショウコ花/葉/茎エキス
収れん 制汗
収れん作用、制汗作用目的などで化粧品に配合される成分、ゲンノショウコ花/葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンノショウコ花/葉/茎エキス詳細ページ

コハク酸
コハク酸
pH調整 収れん成分
pH調整、穏やかな収れん作用目的で化粧品に配合される成分、コハク酸の効果や安全性について解説します。
→ コハク酸詳細ページ

酢酸リナリル変性アルコール
酢酸リナリル変性アルコール
溶剤 収れん 冷感 防腐助剤
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐補助、乾燥促進による整髪目的で配合される成分、酢酸リナリル変性アルコールの効果や安全性について解説します。
→ 酢酸リナリル変性アルコール詳細ページ

酸化亜鉛
酸化亜鉛
紫外線散乱 紫外線吸収 着色 抗炎症成分
UVBおよびUVA散乱およびUVA吸収による紫外線防御作用、白色顔料による着色、収れん作用、ウロキナーゼ活性抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、酸化亜鉛の効果や安全性について解説します。
→ 酸化亜鉛詳細ページ

酒石酸
酒石酸
収れん成分 角質剥離 緩衝 キレート 育毛
収れん作用、穏やかなピーリング作用、pH調整による緩衝、キレート作用、VEGFおよびFGF-7産生促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、酒石酸の効果や安全性について解説します。
→ 酒石酸詳細ページ

タンニン酸
タンニン酸
収れん成分 抗掻痒
穏やかな収れん作用、ヒスタミン遊離抑制による抗?痒作用目的で化粧品に配合される成分、タンニン酸の効果や安全性について解説します。
→ タンニン酸詳細ページ

乳酸
乳酸
収れん成分 pH調整 緩衝
収れん作用、pH調整・pH緩衝目的で化粧品に配合される成分、乳酸の効果や安全性について解説します。
→ 乳酸詳細ページ

ノバラエキス
ノバラエキス
収れん成分 色素沈着抑制
収れん作用、キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ノバラエキスの効果や安全性について解説します。
→ ノバラエキス詳細ページ

ハマメリスエキス
ハマメリスエキス
収れん 効果促進
収れん作用、トコフェロールに対する抗酸化能増強作用目的などで化粧品に配合される成分、ハマメリスエキスの効果や安全性について解説します。
→ ハマメリスエキス詳細ページ

ハマメリス葉エキス
ハマメリス葉エキス
収れん 効果促進
収れん作用、トコフェロールに対する抗酸化能増強作用目的などで化粧品に配合される成分、ハマメリス葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハマメリス葉エキス詳細ページ

変性アルコール
変性アルコール
溶剤 収れん 冷感 防腐助剤
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐補助、乾燥促進による整髪目的で配合される成分、変性アルコールの効果や安全性について解説します。
→ 変性アルコール詳細ページ

無水エタノール
無水エタノール
溶剤 収れん 冷感 防腐
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐、乾燥促進による整髪目的で化粧品に配合される成分、無水エタノールの効果や安全性について解説します。
→ 無水エタノール詳細ページ

ヤグルマギクエキス
ヤグルマギクエキス
収れん 抗老化
収れん作用、リンパ管内皮細胞増殖促進による抗老化作用およびむくみ緩和作用目的で配合される成分、ヤグルマギクエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヤグルマギクエキス詳細ページ

ヤグルマギク花エキス
ヤグルマギク花エキス
収れん 抗老化
収れん作用、リンパ管内皮細胞増殖促進による抗老化作用およびむくみ緩和作用目的で配合される成分、ヤグルマギク花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヤグルマギク花エキス詳細ページ

ユズエキス
ユズエキス
収れん 保湿 血行促進成分
収れん作用、皮表柔軟化による保湿作用、局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、ユズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズエキス詳細ページ

ユズ果実エキス
ユズ果実エキス
収れん 保湿 血行促進成分
収れん作用、皮表柔軟化による保湿作用、局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、ユズ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ果実エキス詳細ページ

硫酸アルミニウムカリウム
硫酸アルミニウムカリウム
収れん 制汗 消臭
収れん作用、制汗、アルカリ性臭気の消臭目的で化粧品に配合される成分、硫酸アルミニウムカリウムの効果や安全性について解説します。
→ 硫酸アルミニウムカリウム詳細ページ

レモンエキス
レモンエキス
収れん 感触改良
収れん作用、糖類の感触改良目的で化粧品に配合される成分、レモンエキスの効果や安全性について解説します。
→ レモンエキス詳細ページ

レモン果実エキス
レモン果実エキス
収れん 感触改良
収れん作用、糖類の感触改良目的で化粧品に配合される成分、レモン果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ レモン果実エキス詳細ページ

TOPへ