モモ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗菌成分 抗炎症成分
モモ葉エキス
[化粧品成分表示名称]
・モモ葉エキス

[医薬部外品表示名称]
・モモ葉エキス

バラ科植物モモ(学名:Amygdalus persica = Prunus persica 英名:Peach)の葉からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

モモ葉エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • タンニン
  • ニトリル配糖体

などで構成されています(文献1:2006)

モモの葉には、タンニンやニトリル配糖体が含まれ、鎮咳作用やボウフラ殺虫作用が知られています(文献2:2011)

漢方では、去風湿・清熱・殺虫の効能があり、頭痛、関節痛、湿疹などに用いられます(文献2:2011)

日本では桃の葉は浴湯料としてよく知られ、刻んだ葉を風呂に入れて夏場のあせもや湿疹、かぶれ、荒れ症などに、またフケ症には葉の煎液での洗髪などに応用されています(文献2:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、ボディ&ハンドケア製品、洗顔料、洗顔石けん、日焼け止め製品、シート&パック製品、ヘアケア製品、ネイル製品、入浴剤など様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献3:1992)

紫外線紅斑抑制、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用

紫外線紅斑抑制、白血球遊走抑制、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用に関しては、まず前提知識として紫外線紅斑、プロスタグランジンE₂について順番に解説します。

紫外線紅斑は、端的にいうと、日焼けの炎症による皮膚の発赤(皮膚表面が赤くなること)のことです。

プロスタグランジンE₂に関しては、以下の肌図をみてもらえるとわかりやすいと思うのですが、

紫外線による炎症の仕組み

紫外線を浴びた皮膚はまず最初に活性酸素が発生し、活性酸素の働きによって炎症性サイトカインの産生が誘導され、炎症性物質の産生が促進され、炎症へとつながります。

プロスタグランジンE₂とは、この炎症性物質のひとつで、モモ葉エキスにはプロスタグランジンE₂産生抑制作用が認められています。

1992年に花王によって報告されたモモの葉抽出物の抗炎症作用および入浴剤への応用検証によると、

・紫外線紅斑抑制作用に関しては、10匹のモルモットの背部を剃毛し、UVライト(20W)にて9分間照射し、照射後に背部を37℃のモモ葉エキス含有水溶液中に30分間浸漬した。

紫外線照射3および24時間語に紫外線照射部位の紅斑を0(紅斑が認められない)、0.5(わずかな紅斑が認められる)、1(明確な紅斑が認められる)、2(紅斑が顕著に認められる)の4段階で判定した。

モモの葉0.1g/ℓ濃度で適用した場合、紫外線照射3時間後において30%エタノールエキスは紅斑を24.6%抑制し、紅斑抑制効果が認められたが、熱水エキスでは抑制効果は認められなかった。

照射24時間後では、30%エタノールエキスは紅斑を11.5%抑制し、熱水エキスでも1.9%抑制した。

また、同濃度で浸漬と塗布を比較した場合、塗布に比べると浸漬に強い抑制効果が認められた。

・プロスタグランジンE₂産生抑制作用に関しては、in vitro試験でヒト皮膚モデルに紫外線を30秒照射、次に100~10,000ppmの範囲でモモ葉エキス溶液を添加し、24時間培養した後にプロスタグランジンE₂を計測したところ、以下のグラフのように、

モモ葉エキスのプロスタグランジンE₂産生抑制作用

100ppmでは抑制作用は認められず、1000ppmでは81%まで抑制、10000ppmでは11%まで抑制した。

この結果からプロスタグランジンE₂に対するモモの葉抽出物の抑制効果は濃度に依存するものと考えられた。

このような検証結果が明らかにされており(文献3:1992)、モモ葉エキスには紫外線紅斑およびプロスタグランジンE₂産生の抑制作用が認められています。

ただし、これらは浸漬(浸かること)による結果であり、試験の中でも塗布に比べて浸漬は強く抑制作用が認められているため、入浴剤としては効果が期待できますが、化粧品による塗布ではかなり穏やかな作用であると考えられます。

スポンサーリンク

モモ葉エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

モモ葉エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
モモ葉エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、モモ葉エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

モモ葉エキスは抗菌成分、抗炎症成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗菌成分 抗炎症成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,384.
  2. 鈴木 洋(2011)「桃葉(とうよう)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,343-344.
  3. 森 忍, 他(1992)「モモの葉抽出物の抗炎症作用及び入浴剤への応用」日本化粧品技術者会誌(26)(3),177-182.

スポンサーリンク

TOPへ