キハダ樹皮エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗菌成分 抗炎症成分
キハダ樹皮エキス
[化粧品成分表示名称]
・キハダ樹皮エキス

[医薬部外品表示名称]
・オウバクエキス

ミカン科植物キハダ(学名:Phellodendron amurense)の周皮を除いた樹皮からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)で抽出して得られるエキスです。

キハダ樹皮エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • アルカロイド類:ベルベリン、パルマチン
  • フラボノイド

などで構成されています(文献1:2006)

キハダという名は樹皮を剥ぐと内側が黄色いことを表しており、この内皮は古くから黄色染料としても用いられてきました。

この染料には防虫作用もあるため、中国ではかつて公式文書はキハダで染めた黄紙が用いられたと記録されています。

ベルベリンやキハダ樹皮エキスには抗菌、抗炎症、中枢抑制、降圧、健胃・止瀉作用などが知られており、古来より日本各地でオウバクを主成分とする民間薬が多くあり、とくに胃腸薬が有名です(文献2:2011)

漢方では、清熱燥湿・解毒・清虚熱の効能があり、下痢、糖尿病、黄疸、膀胱炎、痔、帯下、肺結核、湿疹、腫れ物などに用いられ、とくに「下焦の湿熱」の症状に対して効果があり、下痢、排尿異常、性器疾患、下肢の神経症状などに用いられます(文献2:2011)

民間ではオウバク末を酢で練って湿疹や打撲傷などの外用薬としても用いられます(文献2:2011)

化粧品に配合される場合は、

  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • 皮脂抑制作用
  • 創傷治癒促進作用

これらの目的で、スキンケア化粧品をはじめ、ハンド&ボディケア製品、日焼け止め製品、洗顔料などに使用されます(文献1:2006)

抗菌作用

抗菌作用に関しては、ニキビ菌(P.acnes)、フケ菌(P.ovale,M.furfur)、黄色ブドウ球菌(S.aureus)への作用が認められています。

スポンサーリンク

キハダ樹皮エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

キハダ樹皮エキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されている成分でもあり、化粧品配合範囲内において、皮膚刺激性は非刺激またはわずかな刺激性が起こる可能性がありますが、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明で、皮膚感作性(アレルギー性)、光毒性および光感作性の報告もないため、総合的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献4:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の両前腕内側に2%キハダ樹皮のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を20分FinnChamber適用し、パッチ除去10分後に皮膚反応を評価したところ、皮膚刺激反応および接触蕁麻疹反応はなかった
  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%キハダ樹皮のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去後に皮膚反応を評価したところ、7人の被検者にうぇあずかな紅斑反応、1人の被検者に紅斑浸潤に小水疱丘疹を伴う反応が観察されたが、72時間後には反応は観察されず、他の被検者に皮膚刺激および皮膚感作反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、7人の被検者にわずかな紅斑が観察され、1人の被検者に一時的な紅斑浸潤に小水疱丘疹を伴う反応が観察されていますが、これらは2%濃度の結果であり、化粧品に配合される場合は一般的に1%未満であり、試験ほどの刺激性は起こらないと推測されるため、化粧品配合範囲内において、皮膚刺激性は無刺激またはわずかな刺激性が起こる可能性がありますが、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

光毒性および光感作性について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献4:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%キハダ樹皮のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去に塗布部位の左半分をアルミ箔を入れた黒色テープで覆い、UVAライト(3.0J/c㎡)を12.5cmの距離で5分間照射し、照射30分後および翌日に皮膚反応を評価したところ、皮膚反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光毒性および光感作性なしと報告されているため、光毒性および光感作性はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
キハダ樹皮エキス

参考までに化粧品毒性判定事典によると、キハダ樹皮エキスは△(∗1)となっており、一般的に安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

キハダ樹皮エキスは抗菌成分、抗炎症成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗菌成分 抗炎症成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,364.
  2. 鈴木 洋(2011)「黄柏(おうばく)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,43-44.
  3. 須貝 哲郎(1996)「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」皮膚(38)(4),448-456.

スポンサーリンク

TOPへ