セイヨウキズタ葉/茎エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗菌成分 保湿成分 血行促進成分
セイヨウキズタ葉/茎エキス
[化粧品成分表示名称]
・セイヨウキズタ葉/茎エキス

[医薬部外品表示名称]
・セイヨウキズタエキス

ウコギ科植物セイヨウキズタ(学名:Hedera helix 英名:ivy)の葉・茎からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

セイヨウキズタ葉/茎エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • サポニン類:へデリン
  • フラボノイド類:ルチン
  • タンニン

などで構成されています(文献1:2006)

セイヨウキズタは、常緑のつる植物であり、細根を利用して崖や壁などによじ登って高さ20-30メートルに成長し、また垂直面以外の場所でも地面を覆うようにして成長します。

化粧品に配合される場合は、

  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 皮膚柔軟による保湿作用
  • 血管拡張・余分な水分の排出・ヒアルロニダーゼ活性阻害によるむくみ改善作用

これらの目的で、ニキビ・肌荒れを防ぐスキンケア化粧品をはじめ、ボディケア&フットケア製品、洗顔料、洗浄製品、ヘアケア製品など幅広く様々な製品に使用されます(文献1:2006)

複合植物エキスとしてのセイヨウキズタ葉/茎エキス

ファルコレックスBX32という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 抗菌(フケ菌)
  2. 抗酸化(過酸化脂質生成抑制)

とされており、植物エキスの相乗効果によって頭皮を多角的に健やかにするもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX32であると推測することができます。

ファルコレックスBX43という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 抗酸化(SOD様)
  2. 抗酸化(過酸化脂質生成抑制)

とされており、活性酸素抑制および過剰な皮脂抑制などそれぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって多角的に酸化を防止するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX43であると推測することができます。

ファルコレックスBX47という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. オムツかぶれ改善(リパーゼ阻害)
  2. リパーゼ活性阻害

とされており、植物エキスの相乗効果によってニキビや肌荒れの炎症を多角的に抑制するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX47であると推測することができます。

ファルコレックスBX50という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

  • クレマティス葉エキス
  • スギナエキス
  • ヒバマタエキス
  • セイヨウキズタ葉/茎エキス
  • セイヨウナツユキソウ花エキス

効果および配合目的は、

  1. オムツかぶれ改善(リパーゼ阻害)
  2. 抗酸化(過酸化脂質生成抑制)
  3. リパーゼ活性阻害

とされており、植物エキスの相乗効果によってニキビや肌荒れの炎症を多角的に抑制するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX50であると推測することができます。

ファルコレックスBX51という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 角質水分量増加
  2. 経表皮水分損失抑制
  3. 抗酸化(SOD様)

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって角質層の水分保持および活性酸素抑制するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX51であると推測することができます。

スポンサーリンク

セイヨウキズタ葉/茎エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

セイヨウキズタ葉/茎エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

開発元の日光ケミカルズの安全データシート(文献2:2016)によると、

  • [ヒト試験] 20人の被検者にセイヨウキズタ葉/茎エキスを48時間適用したところ、陰性であった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激の報告がないため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、重大なアレルギーの報告はなく、一般的に皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
セイヨウキズタ葉/茎エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、セイヨウキズタ葉/茎エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

セイヨウキズタ葉/茎エキスは抗炎症成分、抗菌成分、保湿成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症 抗菌成分 保湿成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,374.
  2. 日光ケミカルズ(2016)「安全データシート Cosmelene of Ivy」, <https://www.chemical-navi.com/product_search/detail42.html> 2018年8月1日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ