ワレモコウエキスとは…成分効果と副作用を解説

抗炎症成分 収れん成分 美白成分
ワレモコウエキス
[化粧品成分表示名称]
・ワレモコウエキス

[医薬部外品表示名称]
・ワレモコウエキス、チユエキス

バラ科植物のワレモコウの根や茎から抽出された赤褐色~黒褐色のエキスです。

生薬としてワレモコウの根を地楡と呼び、止血や下痢止めの薬として使用されています。

化粧品としては、タンニンやトリテルペノイド系サポニンを多く含んでいるので、消炎作用、抗菌作用、収れん作用、美白作用などのはたらきがあるとされています。

刺激が少ないのも特徴で、皮膚を保護するためのベビーローションやオーガニック系化粧品にもよく使われます。

スポンサーリンク

ワレモコウエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について

植物エキスの中でも刺激が少ないのが特徴で、すでに伝えたように赤ちゃん用保湿剤にもよく使われており、抗炎症作用もあるので敏感肌やアトピー肌の方でも安心して使えます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ワレモコウエキスは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

マイカとセットで使用される成分と効果

・ワレモコウの根及び根茎から抽出されたエキスとして、以下の成分表示順で使用されます。
ワレモコウエキス、エタノール、水
・ワレモコウの根及び根茎から抽出されたエキスとして、以下の成分表示順で使用されます。
ワレモコウエキス、BG、水

基本的な配合量の多い成分表示順は上記の通りですが、1%以下の成分は順不同に表示されるので、製品によっては表示順が異なっている場合があります。

∗∗∗

ワレモコウエキスは抗炎症成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分一覧

スポンサーリンク

TOPへ