ローズマリー葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗酸化成分 収れん成分 抗菌成分 美白成分 毛髪保護剤
ローズマリー葉エキス
[化粧品成分表示名称]
・ローズマリー葉エキス

[医薬部外品表示名称]
・ローズマリーエキス

シソ科植物ローズマリー(学名:Rosmarinus Officinalis 英名:rosemary)の葉からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)で抽出して得られるエキスです。

ローズマリー葉エキスの成分組成は、天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • ジテルペン化合物:カルノシン酸、カルノソール、ロスマノール
  • ポリフェノール類:ロスマリン酸
  • フラボノイド類:ルテオリン
  • フェノールカルボン酸
  • 精油:シネオール、ボルネオール
  • ボルネオールエステル
  • タンニン

などで構成されています(文献2:2006;文献3:2016)

ローズマリーは古くから「若さを取り戻すハーブ」または「記憶力を増強するハーブ」として知られていますが、こうしたエピソードを裏付けるものとしてローズマリーにはロスマリン酸などの強力な抗酸化成分が見出されています。

医薬分野では、ローズマリーは全身性の強壮ハーブであり血液循環を促進する効果が顕著に表れ、ドイツでは食欲不振、胃アトニー、肝機能の低下、弛緩性便秘など消化機能の低下や循環不全による活力の低下などに用られます(文献3:2016)

化粧品に配合される場合は、

これらを目的としてエイジングケア化粧品、美白化粧品、敏感肌化粧品、肌荒れ化粧品、ニキビ化粧品など様々なスキンケア化粧品をはじめ、ボディケア&ハンドケア製品、ヘアケア製品、洗浄製品、洗顔製品、マスク&パック製品など幅広い製品に使用されています(文献2:2006;文献4:2000;文献5:2004)

また、ローズマリー葉エキスに含有されるロスマリン酸にパーマ、ブリーチ、カラーリングなどの化学処理された頭髪の抗酸化的な損傷抑制作用も認められており、ヘアケア製品、頭皮ケア製品、洗浄製品などにも使用されます(文献6:2006)

抗酸化作用

抗酸化の作用機序に関しては、ローズマリー葉エキスに含まれるジテルペン化合物であるカルノシン酸、カルノソールにグルタチオン、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼといった抗酸化因子の産生を促進し、細胞自身の抗酸化力を誘導し酸化ストレスに対する抵抗性を発揮させることが示唆されています(文献5:2004)

神経成長因子(NGF)阻害による抗炎症作用および抗アレルギー作用

抗炎症作用に関しては、前提知識としてアトピー性皮膚炎、乾燥肌、敏感肌といった皮膚状態では共通して表皮内にまで多くの知覚神経線維が伸長しており、皮膚の知覚神経伸長には表皮細胞が産生するNGF(神経成長因子)が関与していますが、ローズマリー葉エキスはNGF誘発神経細胞突起の伸長を強力に阻害する作用による皮膚炎抑制作用が明らかになっています(文献7:2011)

2011年に大正製薬によって報告された生薬エキスのアトピー性皮膚炎モデルマウスの皮膚炎症状に対する作用検証によると、

神経突起伸長試験キットを用いて、NGF(300ng/mL)および各生薬エキス(細切りにし10倍量(w/v)のエタノール:水混合液(1:1)で沸騰後30分間抽出・ろ過した後にエタノールを除去したもの)にPC12細胞懸濁液(100μL)添加し、3日間培養し、細胞突起量を測定したところ、以下の4種類が高い阻害作用を示した。

生薬 阻害率(%)
ゲンノショウコ(Geranium thunbergii) 78.7
ホップ(Humulus lupulus) 95.9
ローズマリー(Rosmarinus officinalis) 91.4
セージ(Salvia officinalis) 98.4

また、皮膚炎症状を有したマウスの背部にこれら4種類の生薬エキス10%を含むエタノール溶液100μLを1日1回、週5回を7週間にわたって塗布し、皮膚の観察を1週間に1回行ない、皮膚炎症状態および皮膚水分蒸散量を測定した。

試験の結果、すべての生薬エキスで有意な炎症抑制作用が認められ、また皮膚水分蒸散量も抑制傾向にあり、とくにホップ塗布群では有意な皮膚水分蒸散量抑制作用が認められた。

このような検証結果が明らかにされており(文献7:2011)、動物試験ではありますが、NGF誘発神経細胞突起伸長の有意な抑制作用が明らかになっており、結果的に外用剤としての抗アレルギー作用および抗炎症作用が示唆されています。

チロシナーゼ関連タンパク質-2(TRP-2)阻害作用による色素沈着抑制作用

色素沈着(黒化メラニン)抑制の作用機序は、チロシナーゼ関連タンパク質-2(TRP-2)阻害作用ですが、まず紫外線を浴びてからユウメラニン(黒化メラニン)が合成されるまでのプロセスを解説しておきます。

以下の図のように、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びると、紫外線の情報が段階を経てメラノサイトに届き、メラノサイト内に存在するアミノ酸であるチロシンと活性酵素であるチロシナーゼが結合することで黒化メラニンへの変化がはじまり、段階を経てユウメラニン(黒化メラニン)に合成されます。

メラノサイト内でドーパキノンまで変化が進むと、さらに以下の図のように段階が詳細に分かれており、

ドーパキノンがユウメラニンに変化するまでの詳細な仕組み

ドーパクロムまで変化すると、ドーパクロムはTRP-2という活性酵素と結合する段階がありますが、ローズマリー葉エキスに含まれるカルノシン酸には強力なTRP-2活性阻害作用が明らかになっており、TRP-2を活性化させないことでドーパクロムのDHICAへの変化を抑制し、結果的にユウメラニン化を抑制する作用が認められています(文献4:2000)

ただし、この試験は10%ローズマリーエキスをベースに実施されており、化粧品に配合される場合は一般的に1%未満であるため、かなり穏やかな色素沈着抑制作用傾向であると考えられます。

複合植物エキスとしてのローズマリー葉エキス

ファルコレックスBX32という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

それぞれの複合作用で抗菌(フケ菌)、抗酸化(過酸化脂質生成抑制)目的でプレミックス配合されるため、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX32であると推測することができます。

ファルコレックスBX46という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. エラスチン保護(エラスターゼ阻害)
  2. 角質水分量増加
  3. 経表皮水分損失抑制
  4. 抗酸化(SOD様)
  5. 抗酸化(過酸化脂質生成抑制)

とされており、植物エキスの相乗効果によって炎症改善と同時に肌の水分量を向上および保持し、多角的に角層を健やかに整えるもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX46であると推測することができます。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2013-2014年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

ローズマリー葉エキスの配合製品数と配合量の調査結果(2013-2014年)

スポンサーリンク

ローズマリー葉エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ローズマリー葉エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Rosmarinus Officinalis (Rosemary)-Derived Ingredients as Used in Cosmetics」(文献1:2014)によると、

  • [ヒト試験] 20人の被検者に0.2%ローズマリー葉エキスを含むクリームを単回24時間閉塞パッチ適用したところ、皮膚刺激スコアは0.00であり、刺激剤ではなかった(Anonymous,1998)
  • [ヒト試験] 102人の被検者に0.0013%ローズマリー葉エキスを含むヘアスプレーを誘導期間において週3回3週間にわたって24時間閉塞パッチ適用し、それぞれ次のパッチ適用前に試験部位を評価した。2週間の無処置期間を設けた後に未処置部位にチャレンジパッチを適用し、パッチ除去24および72時間後に評価したところ、数人の被検者にほとんど知覚できない軽微の反応が観察されたが、皮膚刺激およびアレルギー反応とは関係がないと考えられ、ローズマリー葉エキスは皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではないと結論付けられた(Reliance Clinical Testing Services Inc,2009)
  • [ヒト試験] 27人の被検者に0.2%ローズマリー葉エキスを含む日焼け止めクリームを誘導期間においてプレ段階として0.25%ラウリル硫酸ナトリウム水溶液0.1mLを24時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に試験物質0.1mLを48または72時間適用を合計5回繰り返した。10日間の無処置期間を経て5%ラウリル硫酸ナトリウム水溶液0.1mLを未処置部位に1時間閉塞適用した後に試験物質0.1mLを含む48時間閉塞チャレンジパッチを適用しパッチ除去1および24時間後に試験部位を評価したところ、いずれの期間、いずれの被検者にも皮膚反応は観察されず、接触感作剤ではなかった(Ivy Laboratories,1998)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらないため、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ローズマリー葉エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ローズマリー葉エキスは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ローズマリー葉エキスは抗炎症成分、抗シワ(抗老化)成分、抗菌成分、美白成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗シワ(抗老化)成分 抗菌成分 美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2014)「Safety Assessment of Rosmarinus Officinalis (Rosemary)-Derived Ingredients as Used in Cosmetics」, <https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR652.pdf> 2018年4月13日アクセス.
  2. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,p387.
  3. 林真一郎(2016)「ローズマリー」メディカルハーブの事典 改定新版,200-201.
  4. 小坂 邦男, 他(2000)「ローズマリーから得られた美白成分」Fregrance Journal(28)(9),59-64.
  5. 小坂 邦男, 他(2004)「ローズマリージテルペノイドの抗酸化システム誘導効果」Fregrance Journal(32)(8),55-60.
  6. 染矢 慶太(2006)「水溶性ローズマリー抽出物の毛髪ダメージ抑制効果」Fregrance Journal(34)(8),35-41.
  7. 高野 憲一, 他(2011)「生薬エキスのアトピー性皮膚炎モデルマウス皮膚炎症状に対する作用」YAKUGAKU ZASSHI(131)(4),581-586.

スポンサーリンク

TOPへ