ルイボスエキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗アレルギー 抗酸化成分
ルイボスエキス
[化粧品成分表示名称]
・ルイボスエキス

[医薬部外品表示名称]
・アスパラサスリネアリスエキス

マメ科植物ルイボス(学名:Aspalathus linearis 英名:Rooibos)の全草からBG(1,3-ブチレングリコール)で抽出して得られるエキスです。

ルイボスエキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • フラボノイド類:ルテオリン
  • フラボノイド配糖体:アスパラチン
  • タンニン
  • ビタミンC
  • ミネラル

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2016)

ルイボスは南アフリカのセダルバーグ山脈の周辺にしか生息しないことで知られており、ルイボスからつくられる発酵茶は美しい紅色、ノンカフェイン、タンニン含有量が低いことが特徴で、周辺の先住民の人々が「不老長寿のお茶」として日常的に古くから愛飲してきた歴史があります。

18世紀後半にスウェーデンの植物学者が欧米に紹介したことから、その飲みやすさも手伝って米国やドイツに急速に普及しました。

日本への導入時は、活性酸素の消去能が高いことで話題になりましたが、現在では冷え性や便秘、活力不足やアレルギーなどの諸症状に服用されています(文献3:2011)

ルイボスのこうした効能の作用機序はまだ完全に解明されていませんが、アスパラチンやルテオリンなどのフラボノイド類が関与していると思われ、アレルギーに対してはリポキシゲナーゼ活性阻害作用が報告されています(文献3:2011)

化粧品に配合される場合は、

  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • O₂⁻(スーパーオキシド)消去能による抗酸化作用
  • 皮膚コンディショニング作用

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、日焼け止め製品、メイクアップ化粧品、洗顔料、洗浄製品など様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献4:2012)

スポンサーリンク

ルイボスエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ルイボスエキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ルイボスエキス

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ルイボスエキスは△(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ルイボスエキスは抗炎症成分、抗酸化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗酸化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,361.
  2. 林真一郎(2016)「ルイボス」メディカルハーブの事典 改定新版,190-191.
  3. ジャパンハーブソサエティー(2018)「ルイボス」ハーブのすべてがわかる事典,233.
  4. 鈴木 一成(2012)「アスパラサスリネアリスエキス(ルイボスエキス)」化粧品成分用語事典2012,224.

スポンサーリンク

TOPへ