ユキノシタエキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗菌成分 抗アレルギー 美白成分
ユキノシタエキス
[化粧品成分表示名称]
・ユキノシタエキス

[医薬部外品表示名称]
・ユキノシタエキス

ユキノシタ科植物ユキノシタ(学名:Saxifraga stolonifera 英名:Strawberry Geranium)の全草からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

ユキノシタエキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • 無機塩類:硝酸カリウム、塩化カリウム
  • 縮合型タンニン:アントシアン
  • クエルシトリン
  • アルブチン

などで構成されています(文献1:2006)

ユキノシタは、本州以南、中国などに分布しており、湿った所や岩場に生え、観賞用として庭先などによく栽培されています。

冬に雪の下にあっても葉が枯れないことからユキノシタといわれ、また肉厚の毛深い葉の形から虎耳草(コジソウ)の別名があります。

薬理作用としては、抗菌作用や利尿作用が知られています(文献2:2011)

漢方としてはあまり使用されませんが、民間療法として日本でも中国でもよく知られ、清熱・解毒・涼血の後納があり、湿疹や皮膚化膿症、中耳炎、気管支炎、痔疾などに用いられます(文献2:2011)

湿疹や蕁麻疹、咳嗽、膿痰には煎じて服用、化膿性中耳炎には葉から絞った汁を点耳し、またざ瘡や腫れ物には生葉の汁をつけたり煎液で湿布します。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、肌荒れ・ニキビ予防化粧品、美白化粧品などのスキンケア化粧品、ハンドケア製品、日焼け止め製品、リップケア製品、メイクアップ化粧品、洗顔料、洗浄製品、シート&マスク製品など様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献3:1995;文献4:2018;文献6:1998)

ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用

ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用に関しては、前提知識として即時型アレルギーのメカニズムとヒスタミンについて解説します。

代表的な即時型アレルギーとしてじんま疹があり、じんま疹のイメージと以下の即時型アレルギーが起こるメカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

即時型アレルギーが起こるメカニズム

即時型アレルギー(じんま疹)は、

  1. 真皮に存在する肥満細胞の表面で抗原(アレルゲン)と抗体(IgE)が結びつくことで抗原抗体反応が起こる
  2. 抗原抗体反応によって肥満細胞が破れてヒスタミンなどの炎症因子が細胞外へ放出される
  3. ヒスタミンが血管の透過性を高めると、血漿成分が血管外に漏出することにより、数分後に皮膚に赤みが生じ、じんま疹が発症する

このようなプロレスを通して起こります(文献7:2002)

もう少し詳しく解説しておくと、肥満細胞は皮膚においては真皮の毛細血管周囲くまなく分布しており、肥満細胞の表面には免疫グロブリンE(IgE抗体)という抗体が付着しています。

IgE抗体に反応する抗原(アレルゲン)が体内に侵入すると、肥満細胞の表面で抗原と抗体が結びつき、抗原抗体反応が起こることによって肥満細胞内の化学伝達物質を含む顆粒が細胞外へ放出されます。

代表的な化学伝達物質のひとつがかゆみや腫れを起こすヒスタミンで、ヒスタミンは神経を刺激してかゆみを起こし、また血管の透過性を高めるため、血漿成分が血管壁を通して血管外へ出てその周辺の皮膚にたまってむくみができ、その結果かゆみを伴った膨疹がみられるようになるというメカニズムになります。

1998年にノエビアによって公開された技術情報によると、

安全性の高い抗アレルギー剤を得るために、広く天然物よりアレルギー作用を有する物質のスクリーニングを行った結果、アセンヤクエキス、サンショウエキスチョウジエキスノイバラ果実エキスワレモコウエキスビワ葉エキス、キナノキ樹皮エキス、ユキノシタエキス、シラカバ樹皮エキスまたはヨーロッパシラカバ樹皮エキスブドウ葉エキスの10種の植物抽出物に肥満細胞および好塩基球からのヒスタミン遊離を阻害する作用を見出した。

上記10種の1%生薬および植物抽出物のヒスタミン遊離抑制効果をラット由来好塩基球白血病細胞から遊離されるヒスタミンを指標とする抗アレルギー作用試験法を用いて評価したところ、以下のグラフのように、

生薬および植物抽出物におけるヒスタミン遊離抑制作用比較

各生薬および植物抽出物がヒスタミンの遊離を抑制することが明らかである。

また0.5%ユキノシタエキス配合軟膏を17~30歳のアトピー性皮膚炎を有する女性患者19人にそれぞれ朝夕2回2週間にわたって顔に塗布し、2週間後に改善効果を5段階(顕著、有効、やや有効、無効、悪化)で評価したところ、

症例数 顕著 有効 やや有効 無効 悪化
19 3 7 9 2 0

ユキノシタエキスはアトピー性皮膚炎の症状改善に有効であり、塗布期間中に症状の悪化した患者は一人もいなかった。

またユキノシタエキスのみを用いてもよいが、他の9種類の植物抽出物を混合して用いることで相乗効果が期待できる。

0.001%~5%の濃度範囲とすることが望ましい。

このような検証結果が明らかにされており(文献6:1998)、ユキノシタエキスにヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用が認められています。

チロシナーゼ活性抑制による美白作用

チロシナーゼ活性抑制による美白作用に関しては、成分にアルブチンを含んでおり、アルブチンにはチロシナーゼ活性抑制作用が認められているため、その作用となります。

チロシナーゼ抑制によるメラニン生合成抑制の仕組みについては、以下のメラニン生合成の仕組み図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びるとまず最初に活性酸素が発生し、様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)をメラノサイトで発現するレセプター(受容体)に届けることで、メラノサイト内でメラニンの生合成がはじまり、ユウメラニン(黒化メラニン)へと合成されます。

メラノサイト内でのメラニン生合成は、まずアミノ酸であるチロシンに活性酵素であるチロシナーゼが結合することでドーパ、ドーパキノンへと変化していきますが、アルブチンにはこのチロシナーゼの活性抑制作用が明らかにされており、チロシンとチロシナーゼを結合させない(結合量を減少させる)ことで、黒色メラニンの生合成を抑制することが認められています(文献3:2018)

そのため、ユキノシタエキスにはアルブチン単体ほどではなく、原料によって程度差はあると考えられますが、チロシナーゼ活性抑制作用があると考えられます。

DNA損傷の修復作用

DNA損傷の修復作用に関しては、1993年に一丸ファルコスによって化粧品業界として当時はじめて遺伝子レベルでの美白ケアが期待できるDNA損傷の修復作用がユキノシタエキスに見出されました(文献5:-)

これは縮合型タンニンである赤色色素のアントシアンによる作用で、ユキノシタでは葉の赤い部分に含まれる成分です。

化粧品にこの作用目的で使用される場合は、チロシナーゼ抑制作用とともに2つの美白作用が期待できるため、主に美白化粧品に配合されることが多いです。

スポンサーリンク

ユキノシタエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ユキノシタエキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ユキノシタエキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ユキノシタエキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ユキノシタエキスは抗炎症成分、抗菌成分、美白作用にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗菌成分 美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,385.
  2. 鈴木 洋(2011)「虎耳草(こじそう)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,155.
  3. 青柳 康夫, 他(1995)「ユキノシタの抗酸化成分について」日本食品科学工学会誌(42)(12),1027-1030.
  4. “化粧品成分オンライン”(2018)「アルブチンの成分効果と毒性を解説」, <https://cosmetic-ingredients.org/whitening/アルブチンの成分効果/> 2018年8月25日アクセス.
  5. “一丸ファルコス”(-)「化粧品業界で業界トレンドを創ること」, <https://www.ichimaru.co.jp/research/history.html> 2018年8月25日アクセス.
  6. 株式会社ノエビア(1998)「抗アレルギー剤及びこれを含有する抗アレルギー性化粧料並びに食品」特開平10-36276.
  7. 朝田 康夫(2002)「じんま疹の症状は」美容皮膚科学事典,276-279.

スポンサーリンク

TOPへ