マロニエエキス(セイヨウトチノキエキス)とは…成分効果と副作用を解説

抗炎症成分 収れん成分
マロニエエキス(セイヨウトチノキエキス)
[化粧品成分表示名称]
・マロニエエキス、セイヨウトチノキ種子エキス

[医薬部外品表示名称]
・マロニエエキス

マロニエエキスは、トチノキ科植物セイヨウトチノキ(マロニエ)の実や葉から抽出して得られるエキスで、セイヨウトチノキエキスとも呼ばれます。

民間薬として煎じ汁を下痢や痔、子宮出血に内服し、凍傷やしもやけなどに塗布すれば効果があるといわれています。

化粧品としてのはたらきは、抗炎症作用と収れん作用が主ですが、紫外線吸収性もあり日焼け止め製品にも使用されます。

また、まだ化学的にすべてが解明されたわけではありませんが、近年になってマロニエエキスからコラーゲンやエラスチンの糖化阻害効果が確認されたとの報告があります。

成分としては、トリテルペノイドサポニンの一種である消炎成分エスシン、収れん作用のあるカテコールタンニン、クマリン配糖体のフラキシンを含みます。

スポンサーリンク

マロニエエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について

植物エキスなのでごくまれに刺激やアレルギー反応を感じる方がいるかもしれませんが、刺激はほとんどなく安全性の高い安心して使える成分です。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、マロニエエキスは△(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

マロニエエキスは抗炎症成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分一覧

スポンサーリンク

TOPへ