ボタンエキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗酸化成分 美白成分 血行促進成分 抗シワ成分 抗老化成分
ボタンエキス
[化粧品成分表示名称]
・ボタンエキス

[医薬部外品表示名称]
・ボタンエキス

ボタン科植物ボタン(学名:Paeonia suffruticosa 英名:Peony)の根皮からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

ボタンエキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • モノテルペン類:ペオニフロリン
  • フェノール類:ペオノール
  • アラントイン
  • タンニン

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2017)

ボタンは中国を代表する国花で花王とも讃えられており、古くから薬用や観賞用に栽培され、唐時代に大流行したといわれています。

日本には奈良あるいは平安時代に渡来し栽培され、江戸時代にボタン栽培が流行し、薬用としてはおもに奈良県桜井付近で栽培されています。

薬用にするときは開花前に蕾を取り去り、苗から4~5年目の根を掘り取り、根から木芯を抜き取り根皮としたものを生薬にします。

薬理学的には、抗炎症、血小板凝集抑制作用のほか、抗菌、鎮痛、抗アレルギー作用なども知られています(文献3:2011)

漢方では、清熱涼血・活血化瘀の効能があり、熱性疾患にみられる斑疹、鼻血、吐血、下血、月経不順、炎症などに用いられます(文献3:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、頭皮ケア製品、ボディケア製品、洗顔料、ヘアケア製品、シート&マスク製品など様々な製品に使用されます(文献1:2006)

CXCR3抑制による抗炎症作用・色素沈着抑制作用

CXCR3抑制による抗炎症作用・色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識としてCXCR3について解説します。

以下の紫外線による炎症およびメラニン合成の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

炎症の仕組み

紫外線を浴びた皮膚には活性酸素が発生し、それに起因して様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)がメラノサイトに届けられることで、メラノサイト内でメラニンの生合成が始まったり、一方で様々な段階を経て炎症性物質が活性化して炎症を誘発し、また炎症によってもメラノサイトが活性化してメラニンの生合成が活性化します。

CXCR3は、上図の炎症性サイトカインのひとつであるCXCケモカインを受け取る炎症性物質(ケモカイン受容体)のひとつであり、CXCケモカインを受け取ることで炎症を起こします。

2010年にマンダムによって報告されたボタンエキスにおける紫外線の炎症抑制による美白効果検証によると、

紫外線によって起こるサンバーン(∗1)を抑える成分を百数十種類から探索したところ、ボタンエキスにサンバーンを抑える高い効果があることがわかった。

∗1 サンバーンとは、即時的に発熱、発赤、腫れや痛みを生じさせるUVBによる即時的な日焼け症状のことで、大量に紫外線を浴びると皮膚の毛細血管が充血を起こし、1時間もしないうちに皮膚が赤みを帯びサンバーンが始まります(文献5:2002)。

そこで、ボタンエキスのサンバーンを抑える効果にどのような炎症物質が関わっているかを明らかにするためにDNAマイクロアレイを用いた解析の結果、炎症物質CXCR3(chemokine(C-X-C motif)receptor 3)が紫外線によって増加すること、ボタンエキスがCXCR3を抑える効果を有していることを発見した。

さらに、以下のグラフのように、ボタンエキスによってCXCR3の量を抑制したところ、

ボタンエキスによるCXCR3抑制作用

色素沈着の元となるメラニン量が減少することが判明した。

この結果により、ボタンエキスを皮膚に塗布することで、紫外線によるサンバーンを抑制し、その後の色素沈着も抑制できると考え、実際にヒト皮膚でボタンエキスの効果を評価したところ、以下のグラフのように、

ボタンエキスによる紫外線照射後の炎症抑制作用

サンバーンによって起こる血流の上昇を有意に抑制し、また以下のグラフのように、

ボタンエキスによる紫外線照射後の色素沈着抑制作用

サンバーンの後に生じる色素沈着も顕著に抑制していることが明らかとなった。

このような検証結果が明らかにされており(文献4:2010)、ボタンエキスに紫外線照射におけるCXCR3抑制による色素沈着抑制作用が認められています。

コラゲナーゼ、ゼラチナーゼA、MMP-3、MMP-11増加抑制による抗シワ・抗老化作用

コラゲナーゼ、ゼラチナーゼA、MMP-3、MMP-11増加抑制による抗シワ・抗老化作用に関しては、まず前提知識として、線維芽細胞の働きおよび真皮タンパク質分解酵素(コラゲナーゼ、ゼラチナーゼA、MMP-3、MMP-11)について解説します。

以下の皮膚における真皮の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

皮膚における真皮の潤い成分

真皮は主にヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンによって皮膚のハリ・弾力を支えており、線維芽細胞がヒアルロン酸やコラーゲンを産生しています。

また、通常コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、それぞれ真皮タンパク質分解酵素によって産生と分解のバランスをとって一定量を保持しています。

2013年にポーラ化成によって報告されたボタンエキスの真皮タンパク質分解酵素抑制検証によると、

ポーラ化成は、細胞の核の変形が皮膚の状態に影響をおよぼすと考えて研究を進めており、真皮線維芽細胞に圧縮を加えると線維芽細胞の核が変形し、核が変形することで以下のグラフのように、

核の変形による各タンパク分解酵素の増加率

コラーゲンやエラスチンを分解する真皮タンパク分解酵素が顕著に増加することを見出した。

この真皮線維芽細胞の核の変形は、顔の表情の変化による慢性的な肌の屈曲により生じやすく、表情圧(表情により皮膚が圧縮される力)によって核が変形し、肌の老化に影響をおよぼすと考えられます。

また、真皮線維芽細胞の核の変形が原因と考えられる早老症は、皮膚が若いうちから固いことに着目し、核の変形を人為的に引き起こした真皮線維芽細胞の各種タンパク質分解酵素のmRNA(∗2)発現を解析したところ、コラゲナーゼ、ゼラチナーゼA、MMP-3(ストロメライシン-1)、MMP-11(ストロメライシン-3)といったコラーゲンやエラスチンなどの真皮を構成する成分を分解するタンパク質分解酵素が増加することを発見した。

∗2 mRNAとは、メッセンジャー・リボ核酸(messenger RNA)の略で、酵素などのタンパク質を細胞の中で合成するためにDNAの遺伝情報の一部を写し取り、伝達する核酸の一種です。

そこで、これらのタンパク分解酵素の増加を防ぐ成分を探索したところ、以下のグラフのように、

核の変形により増加するタンパク分解酵素に対するボタンエキスの抑制作用

ボタンエキスにそれぞれの真皮タンパク分解酵素の増加を抑制する効果を見出した。

このような検証結果が明らかにされており(文献6:2013)、ボタンエキスにコラゲナーゼ、ゼラチナーゼA、ストロメライシン-1、ストロメライシン-3といった真皮タンパク質分解酵素抑制作用が認められています。

複合植物エキスとしてのボタンエキス

フィトデセンシタイザーABBAという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 抗炎症(接触皮膚炎抑制)
  2. 抗炎症(ヒスタミン遊離抑制)
  3. メディエーター抑制(ヒスタミン遊離抑制)

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって炎症およびかゆみを多角的に予防するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はフィトデセンシタイザーABBAであると推測することができます。

ファルコレックスHGLという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 育毛
  2. 抗炎症(アラキドン酸耳浮腫抑制)
  3. 抗炎症(ヒスタミン遊離抑制)
  4. メディエーター抑制(ヒスタミン遊離抑制)

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって育毛作用が確認されているもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスHGLであると推測することができます(文献5:2011)

フィトブレンドTIPSという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 育毛
  2. 抗炎症(接触皮膚炎抑制)
  3. 抗炎症(ヒスタミン遊離抑制)
  4. メディエーター抑制(ヒスタミン遊離抑制)

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって炎症およびかゆみを多角的に予防するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はフィトブレンドTIPSであると推測することができます。

エバーセルホワイトという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. メラニン重合阻害作用
  2. メラニン生成抑制作用(B16メラソーマ)
  3. メラニン生成抑制作用(耳介表皮)
  4. メラニン生成抑制作用(チロシナーゼ阻害)

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によってメラニン生合成を多角的に阻害するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はエバーセルホワイトであると推測することができます。

スポンサーリンク

ボタンエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ボタンエキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬ならびに外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ボタンエキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ボタンエキスは毒性なし(∗3)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗3 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ボタンエキスは抗炎症成分、抗酸化成分、美白成分、抗老化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗酸化成分 美白成分 抗老化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,383.
  2. 原島 広至(2017)「ボタンピ(牡丹皮)」生薬単 改訂第3版,200-201.
  3. 鈴木 洋(2011)「牡丹皮(ぼたんぴ)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,434.
  4. “株式会社マンダム”(2010)「ボタンエキスが紫外線による炎症を抑制することで美白効果を実現することを発見」, <https://www.mandom.co.jp/release/2010/src/2010120101.pdf> 2018年8月18日アクセス.
  5. 朝田 康夫(2002)「サンタン、サンバーンとは」美容皮膚科学事典,193-194.
  6. “ポーラ化成株式会社”(2013)「ボタンエキスに核の変形による“真皮成分の分解”を抑制する効果を発見」, <http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20131028.pdf> 2018年8月18日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ