トウキ根エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 血行促進成分
トウキ根エキス
[化粧品成分表示名称]
・トウキ根エキス

[医薬部外品表示名称]
・トウキエキス(1)

セリ科植物トウキ(学名:Angelica acutiloba)の根からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出、またはスクワランで加温抽出して得られるエキスです。

トウキ根エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2017)

トウキは、婦人科領域の主薬であり、また「血中の気薬」ともいわれ、非常に多くの処方に配合されています。

中国医学では帰頭(根の頭部)は補血、帰身(主根部)は養血、帰尾(支根部)は破血、全当帰(全根)には活血の効能があるといわれているが、日本では区別することはほとんどありません(文献3:2011)

薬理作用として鎮痛・消炎作用や中枢系や循環器に対する効果が報告されています(文献3:2011)

漢方では、補血・活血・調経・潤腸の効能があり、月経不順、虚弱体質、腹痛、腹腔内腫瘤、打撲傷、しびれ、皮膚化膿症、便秘などに用いられます(文献3:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品をはじめ、日焼け止め製品、ヘアケア製品、洗顔料、洗浄製品、マスク&パック製品、入浴剤などに使用されます(文献1:2006;文献5:2016;文献6:2017;文献7:2018;文献8:2017;文献10:1992)

メラノソーム分解促進による色素沈着抑制作用

メラノソーム分解促進による色素沈着抑制作用の作用に関しては、まぜ前提知識としてメラノソームを解説しておきますが、以下の図をみてもらえるとわかりやすいと思うのですが、

メラノソームの解説

メラニンはメラノサイトで合成されますが、合成されたメラニン色素はメラノソームという細胞小器官に貯蔵され、表皮ケラチノサイトへ移送されます。

メラノソーム分解促進作用の機序は、以下の図をみてもらえるとわかりやすいと思うのですが、

カプテシン活性促進によるメラノソーム分散の仕組み

メラノソームは過剰に密集蓄積することでより濃くより目立ちますが、タンパク質分解酵素のひとつであるカテプシンはメラノソームの分解に関与しており、カテプシンが活性することでメラノソームの分解が促進され、メラニン色素は分散するためそれぞれのメラニン色素は薄く目立たなくなります。

トウキ根のBG(ブチレングリコール)抽出物には、このタンパク質分解酵素のひとつであるカテプシン活性促進作用およびメラノソーム分解促進作用が明らかにされており、メラノソーム分解による色素沈着抑制作用を有しています(文献5:2016)

コラーゲン繊維産生・形成促進による抗シワ作用

コラーゲン繊維産生・形成促進作用に関しては、2017年にノエビアの研究報告によってホッカイトウキ根抽出物(トウキ根エキス)にⅠ型コラーゲン・Ⅲ型コラーゲン・Ⅳ型コラーゲンの産生促進作用およびコラーゲン構造をつくる小型プロテオグリカンであるデコリンやコラーゲンの産生に必須タンパク質であるヒートショックプロテイン47の産生促進作用が明らかにされています(文献6:2017;文献7:2018)

真皮のコラーゲンには以下の真皮図のように複数の種類があり、

真皮におけるコラーゲンの種類

  • Ⅰ型コラーゲン:真皮内に網目状に張りめぐらされている強硬なコラーゲン。肌の弾力やハリを保持
  • Ⅲ型コラーゲン:真皮の乳頭層に多く含まれる細くて柔らかいコラーゲン。肌に柔らかさを付与
  • Ⅳ型コラーゲン:基底膜の膜状構造を維持するための骨格の役割をするコラーゲン

というようにそれぞれ役割が異なっています。

研究報告によると、トウキ根エキスの有無による各コラーゲンおよびコラーゲン形成物質の産生促進比率は以下のグラフのように、

ホッカイトウキ根抽出物のコラーゲン産生促進効果

ホッカイトウキ根抽出物のコラーゲン形成物質産生促進効果

有意に発現比率の増加が明らかとなっています。

これらの研究結果は、ノエビアの自社農場におけるホッカイトウキで行われたもので、一般的なトウキ根エキスとの主な違いは、公開されている情報ではリグスチリドの含有量だけであると考えられるため、他のトウキ根エキスでもリグスチリド含有量によってこれらの作用を有していると考えられます。

ただし、これらの研究では濃度や期間などが公開されておらず、化粧品に配合される場合は一般的に1%未満であると推測されるので、試験結果よりはかなり穏やかなコラーゲン繊維産生・形成促進作用であると考えられます。

コラーゲン分解阻害による抗シワ作用

2017年の韓国のエリードスキン&バイオリサーチと慶北道立大学健康美容学科の共同研究結果の報告によると、トウキ根のエタノール抽出物のヒト真皮線維芽細胞におけるⅠ型コラーゲン合成促進作用、コラーゲン分解酵素であるMMP(マトリックスメタロプロテアーゼ)のうちMMP-1発現およびMMP-2活性の抑制作用が明らかにされており(文献8:2017)、Ⅰ型コラーゲンの合成促進作用は以下のグラフのように、

トウキ根エタノール抽出物のⅠ型コラーゲン合成促進作用

25,50,100および200μg/mLでそれぞれ31.6%,47.5%,55.5%および93.7%と有意にコラーゲン産生を増加させており、結果として濃度依存的な抗シワ作用が示唆されています。

血行促進作用

血行促進作用に関しては、1992年に花王と岡山大学医学部心臓血管学科との入浴における生薬エキスの効果検証によると、

センキュウ乾燥エキス、トウキ乾燥エキスを用いて入浴の抹消循環動態におよぼす影響について、ヒト前腕皮膚血流量を検証したところ、以下のグラフのように、

トウキ根エキス浴槽添加による腕皮膚血流の変化

ヒト前腕皮膚血流量はセンキュウ乾燥エキス浴、トウキ乾燥エキス浴ともに顕著なヒト前腕皮膚血流量の増加を示した。

また、健康な成人男性12人(21~32歳)を対象とし、40℃の単純な湯と生薬エキス添加湯の入浴後の皮膚温度をサーモグラフィで比較したところ、生薬エキス湯では皮膚表面温度が有意に高く、身体がよく温まっていた。

このような検証結果が明らかになっており(文献10:1992)、トウキ根エキスに血流増加が認められています。

ただし、試験は入浴で行われており、濃度も不明であるため、入浴剤では血行促進傾向があると考えられますが、化粧品に配合される場合にどこまで作用が及ぶかは不明です。

複合植物エキスとしてのトウキ根エキス

混合植物エキスOG-D1という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. アンモニア、硫化水素、メチルメルカプタン、トリメチルアミンを中和・分解する消臭作用
  2. タバコ臭を中和・分解する消臭作用

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって4大悪臭およびタバコ臭を多角的に消臭するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-D1であると推測することができます(文献9:2015)

混合植物エキスOG-1という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 角層水分量増加作用
  2. 経表皮水分蒸発量抑制作用
  3. バリア機能向上
  4. 乾燥によるかゆみの減少

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によってキメが整い水分保持能を有する健常な皮膚へ改善するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-1であると推測することができます(文献9:2015)

混合植物エキスOG-2という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 血行促進作用

とされており、それぞれを個別抽出したエキスよりも同時抽出したエキスの相乗効果で高い血行促進作用を示すもので、入浴剤をはじめ化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-2であると推測することができます(文献9:2015)

スポンサーリンク

トウキ根エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

トウキ根エキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されている成分でもあり、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)、光毒性および光感作性の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

トウキ根エキスには、光毒性があることで知られているベルガプテンなどのクマリン誘導体が含まれており、適正に品質管理されているものはこれらの成分は除去されていますが、不安または懸念がある場合は販売メーカーにクマリン誘導体除去の有無を問い合わせて確認してください。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献4:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の両前腕内側に2%トウキ根のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を20分FinnChamber適用し、パッチ除去10分後に皮膚反応を評価したところ、皮膚刺激反応および接触蕁麻疹反応はなかった
  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%トウキ根のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去後に皮膚反応を評価したところ、1人の被検者に紅斑浸潤に小水疱丘疹を伴う反応が観察されたが、72時間後には反応は観察されず、他の被検者に皮膚刺激および皮膚感作反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、1人の被検者に一時的な紅斑浸潤に小水疱丘疹を伴う反応が観察されたことを除いて皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

光毒性および光感作性について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献4:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%トウキ根のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去に塗布部位の左半分をアルミ箔を入れた黒色テープで覆い、UVAライト(3.0J/c㎡)を12.5cmの距離で5分間照射し、照射30分後および翌日に皮膚反応を評価したところ、皮膚反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光毒性および光感作性なしと報告されているため、光毒性および光感作性はほとんどないと考えられます。

トウキ根エキスには、光毒性があることで知られているベルガプテンなどのクマリン誘導体が含まれており、適正に品質管理されているものはこれらの成分は除去されていますが、不安または懸念がある場合は販売メーカーにクマリン誘導体除去の有無を問い合わせて確認してください。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
トウキ根エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、トウキ根エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

トウキ根エキスは抗炎症成分、美白成分、抗シワ(抗老化)成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 美白成分 抗シワ(抗老化)成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,377,536.
  2. 原島 広至(2017)「トウキ(当帰)」生薬単 改訂第3版,20-21.
  3. 鈴木 洋(2011)「当帰(とうき)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,335-337.
  4. 須貝 哲郎(1996)「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」皮膚(38)(4),448-456.
  5. 丸善製薬株式会社(2016)「トウキエキス 居座りシミへの新アプローチ」技術者限定資料.
  6. “株式会社ノエビア”(2017)「ホッカイトウキ根抽出物のコラーゲン産生・コラーゲン線維形成促進作用を明らかに」, <https://www.noevir.co.jp/new/ir_info/pdf/per47/170808.pdf> 2018年7月17日アクセス.
  7. “株式会社ノエビア”(2018)「土壌とオーガニック植物の収穫量や品質の関係性を解析-コラーゲン産生・コラーゲン線維形成を促進する植物抽出物を発見-」, <http://www.noevir.co.jp/about/herbal/sofix.htm> 2018年7月17日アクセス.
  8. Min Ah Park, et al.(2017)「Anti-Photoaging Effects of Angelica acutiloba Root Ethanol Extract in Human Dermal Fibroblasts」Toxicological Research(33)(2),125-134.
  9. “小川香料株式会社”(2015)化粧品用エキス剤混合植物エキスOGシリーズ
  10. 萬 秀憲, 他(1992)「入浴における生薬エキスの効果」日本温泉気候物理医学会雑誌(55)(2),105-112.

スポンサーリンク

TOPへ