セージ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗菌成分 抗酸化成分 収れん成分 血行促進成分 抗シワ成分 消臭剤
セージ葉エキス
[化粧品成分表示名称]
・セージ葉エキス

[医薬部外品表示名称]
・セージエキス

シソ科植物セージ(学名:Salvia officinalis 英名:Common sage)の葉からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

セージ葉エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • フラボノイド類:ルテオリン
  • 精油:ツヨン、シネオール、ボルネオール
  • フェニルプロパノイド:ロスマリン酸(タンニン)

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2016)

セージは古代キリシアの時代からメディカルハーブとして用いられており、1世紀にはギリシアの医師であるディオスコリデスがセージの煎剤で傷の出血が止まり潰瘍が治癒した例を報告しています(文献2:2016)

また、セージはローズマリーに次ぐ抗酸化力を有しており、記憶力や感覚を向上する目的でも用いられてきました(文献2:2016)

薬用ハーブとしては、カテキン型の縮合タンニンであるサルビアタンニンによる収れん作用が特徴で、月経過多、多汗、母乳の分泌を抑える目的で用いられます(文献2:2016)

またツヨンを含む精油とサルビアタンニンによる強力な抗菌作用や抗真菌作用を持ち、収れん作用と相まって歯肉炎や口内炎などの口腔粘膜の炎症や風邪による喉の腫れ・痛みにハーブティー、マウスウォッシュ、うがい薬として用いられます(文献2:2016;文献3:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品をはじめ、ボディケア製品、洗顔料、洗浄製品、化粧下地、メイクアップ化粧品、シェービング製品、口腔清涼製品、浴用化粧品、消臭製品など幅広く様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献4:2011;文献5:1998;文献6:2006;文献9:2015)

神経成長因子(NGF)阻害による抗炎症作用および抗アレルギー作用

抗炎症作用に関しては、前提知識としてアトピー性皮膚炎、乾燥肌、敏感肌といった皮膚状態では共通して表皮内にまで多くの知覚神経線維が伸長しており、皮膚の知覚神経伸長には表皮細胞が産生するNGF(神経成長因子)が関与していますが、セージ葉エキスはNGF誘発神経細胞突起の伸長を強力に阻害する作用による皮膚炎抑制作用が明らかになっています(文献4:2011)

2011年に大正製薬によって報告された生薬エキスのアトピー性皮膚炎モデルマウスの皮膚炎症状に対する作用検証によると、

神経突起伸長試験キットを用いて、NGF(300ng/mL)および各生薬エキス(細切りにし10倍量(w/v)のエタノール:水混合液(1:1)で沸騰後30分間抽出・ろ過した後にエタノールを除去したもの)にPC12細胞懸濁液(100μL)添加し、3日間培養し、細胞突起量を測定したところ、以下の4種類が高い阻害作用を示した。

生薬 阻害率(%)
ゲンノショウコ(Geranium thunbergii) 78.7
ホップ(Humulus lupulus) 95.9
ローズマリー(Rosmarinus officinalis) 91.4
セージ(Salvia officinalis) 98.4

また、皮膚炎症状を有したマウスの背部にこれら4種類の生薬エキス10%を含むエタノール溶液100μLを1日1回、週5回を7週間にわたって塗布し、皮膚の観察を1週間に1回行ない、皮膚炎症状態および皮膚水分蒸散量を測定した。

試験の結果、すべての生薬エキスで有意な炎症抑制作用が認められ、また皮膚水分蒸散量も抑制傾向にあり、とくにホップ塗布群では有意な皮膚水分蒸散量抑制作用が認められた。

このような検証結果が明らかにされており(文献4:2011)、動物試験ではありますが、NGF誘発神経細胞突起伸長の有意な抑制作用が明らかになっており、結果的に外用剤としての抗アレルギー作用および抗炎症作用が示唆されています。

MMP-1活性阻害による抗シワ作用

MMP-1活性阻害による抗シワ作用に関しては、まず前提知識として紫外線によってシワが生じる仕組みとMMP-1(Ⅰ型コラゲナーゼ)について解説しておきます。

まずはシワが生じる仕組みですが、以下の肌図をみてもらえるとわかりやすいと思うのですが、

真皮の潤い成分一覧

皮膚の真皮層は、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが網の目状に細胞外マトリックスを形成しており、皮膚のハリ・弾力に深く関与しています。

実際に網の目の役割をしているのはコラーゲンで、コラーゲンの網目の交差点を安定・強化しているのがエラスチンですが、紫外線を浴びるとそれぞれの分解酵素が活性化し、コラーゲン量とエラスチン量がともに減少することが明らかになっており、コラーゲン量およびエラスチン量が減少していくと、皮膚のハリ・弾力が次第に失われ、徐々にシワ・たるみが生じます。

コラーゲンについてさらに詳細にみていくと、真皮層のコラーゲンは以下の肌図のように、

真皮におけるコラーゲンの種類

  • Ⅰ型コラーゲン:真皮内に網目状に張りめぐらされている強硬なコラーゲン。肌の弾力やハリを保持
  • Ⅲ型コラーゲン:真皮の乳頭層に多く含まれる細くて柔らかいコラーゲン。肌に柔らかさを付与
  • Ⅳ型コラーゲン:基底膜の膜状構造を維持するための骨格の役割をするコラーゲン

というようにそれぞれ役割が異なっており、大部分は網の目を形成するⅠ型コラーゲンになります。

そして、コラーゲン分解酵素であるMMP(マトリックスメタロプロテアーゼ)の中で、MMP-1はⅠ型コラーゲン分解酵素であるⅠ型コラゲナーゼのことを指します。

セージ葉エキスには、MMP-1活性阻害作用が明らかになっており、1998年にノエビアによって報告された植物抽出物のⅠ型コラーゲン分解酵素に対する阻害作用検証によると、

33種類の植物抽出物について、それぞれ0.1mg/mL濃度でⅠ型コラゲナーゼ活性阻害作用を評価したところ、以下のように、

植物エキス 阻害率(%)
ユーカリ 94.9
セージ 70.0
シャクヤク 58.0
ドクダミ 31.9
ハッカ 19.2

ユーカリ、セージ、シャクヤク、ドクダミおよびハッカ抽出物の5種類に高いⅠ型コラゲナーゼ活性阻害作用が認められた。

このような検証結果が明らかになっており(文献5:1998)、セージ葉エキスには紫外線によるMMP-1(Ⅰ型コラゲナーゼ)活性阻害による抗シワ作用が認められています。

アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用

アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用に関しては、まず前提知識として腋臭発生のメカニズムとアルカリホスファターゼについて解説します。

以下の体毛の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

体毛の構造図

一般に腋臭およびワキガ発生のメカニズムは、アポクリン汗腺から汗とともに分泌される脂質やタンパク質などが皮膚表面の常在菌や空気中の細菌によって分解されて起こると考えられています(文献8:2002)

アポクリン汗腺の分泌活動が盛んであればあるほどにおいも強くなりますが、アポクリン汗腺では分泌細胞が離出する分泌活動期と離出によって失われた分泌細胞が再形成される細胞回復期があり、この活動サイクルのすべての時期において、脂質やタンパク質の分解酵素であるアルカリホスファターゼの活性が認められています(文献6:2006)

2006年にクラシエ(旧カネボウ)によって報告された植物エキスによるアルカリホスファターゼ抑制による腋消臭の検証によると、

においの防止へのアプローチは、

  • 殺菌剤による常在菌の殺菌
  • 吸着剤による汗の吸着
  • 香りによるマスキング

など分泌された汗に対処するものが多く、においの発生に強く関わるアポクリン汗の分泌を抑制する方法はこれまでなかった。

そこで、アポクリン汗腺におけるにおい発生のメカニズムを研究したところ、アポクリン汗腺のすべての活動サイクルにおいてアルカリホスファターゼの活性が認められた。

この事実はアルカリホスファターゼがアポクリン汗腺の活動サイクル全般に関与していることを示しており、アルカリホスファターゼ活性を阻害することでアポクリン汗腺の活動を抑制し、腋臭およびわきがを防止する効果が期待できる。

アポクリン汗腺の分泌を抑制する可能性のある素材の探索を目的に約50種類の植物エキスのアルカリホスファターゼ阻害活性を測定したところ、セージエキス、アルテアエキスオウゴンエキスローマカミツレエキスに強い阻害活性が認められた。

さらに、アルカリホスファターゼ活性阻害によるアポクリン汗腺分泌抑制作用の検証を行うため、健常な16人の左右のわきに殺菌剤のみ配合の外用剤と殺菌剤および植物エキスを配合した外用剤を1回塗布し、2.5時間ガーゼを用いて汗を回収した。

ガーゼからにおい成分を抽出し、わきのにおいの元である脂肪酸を分析したところ、植物エキスを配合した外用剤では、臭気がとくに強くわきがの原因となる酪酸(チーズのような臭気)およびイソ吉草酸(すっぱい臭気)の生成を抑制する効果を確認した。

このような検証結果が明らかにされており(文献6:2006;文献7:2001)、セージエキスにアルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用が認められています。

イソ吉草酸アルデヒド発生抑制による足消臭作用

イソ吉草酸アルデヒド発生抑制による足消臭作用は、足のニオイの消臭作用ですが、一般的に足のニオイの原因はイソ吉草酸が知られています。

そこで、2015年にロート製薬が20~50代の男女の足汗から採取したニオイ物質の量と足臭の強さの相関を調べたところ、様々なニオイ物質の中でもとくにイソ吉草酸アルデヒドの量が多いほど足のニオイが強いことが明らかになっています(文献9:2015)

また同じく2015年にロート製薬によって報告されたイソ吉草酸アルデヒドを防ぐ植物エキスの検証によると、

表皮ブドウ球菌をL-ロイシンおよび植物エキスとともに培養し、植物エキス無添加の場合と比較したときのイソ吉草酸アルデヒドの発生抑制率を測定したところ、以下のグラフのように、

植物エキスによるイソ吉草酸アルデヒド発生抑制効果

セージエキス、エイジツエキスにイソ吉草酸アルデヒドの発生を有意に抑制する作用が認められました。

このような検証結果が明らかになっており(文献9:2015)、セージエキス(セージ葉エキス)にイソ吉草酸アルデヒド発生抑制による足の消臭作用が認められています。

複合植物エキスとしてのセージ葉エキス

ファルコレックスBX47という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. オムツかぶれ改善(リパーゼ阻害)
  2. リパーゼ活性阻害

とされており、植物エキスの相乗効果によってニキビや肌荒れの炎症を多角的に抑制するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX47であると推測することができます。

ファルコレックスBX52という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. オムツかぶれ改善(リパーゼ阻害)
  2. 抗菌(アクネ菌)
  3. リパーゼ活性阻害

とされており、植物エキスの相乗効果によって過剰な皮脂やアクネ菌を抑制し、肌荒れやニキビを予防するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX52であると推測することができます。

スポンサーリンク

セージ葉エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

セージ葉エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
セージ葉エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、セージ葉エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

セージ葉エキスは抗炎症成分、抗菌成分、抗酸化成分、収れん成分、抗老化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗菌成分 抗酸化成分 抗老化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,p375.
  2. 林真一郎(2016)「セージ」メディカルハーブの事典 改定新版,80-81.
  3. マリア・リス・バルチン(2011)「セージ精油」アロマセラピーサイエンス,268-273.
  4. 高野 憲一, 他(2011)「生薬エキスのアトピー性皮膚炎モデルマウス皮膚炎症状に対する作用」YAKUGAKU ZASSHI(131)(4),581-586.
  5. 大林 恵, 他(1998)「植物抽出物の細胞外マトリックス分解酵素に対する阻害作用」日本化粧品技術者会誌(32)(3),272-279.
  6. “クラシエホールディングス株式会社”(2006)「わきがを抑制する新たなメカニズムを発見 植物エキスでアポクリン汗腺の活動を抑え、わきのにおいを根本改善」, <http://www.kracie.co.jp/release/pdf/060601wakiga.pdf> 2018年9月10日アクセス.
  7. 与茂田 敏(2001)「腋臭防止剤 」特開2001-288063.
  8. 朝田 康夫(2002)「アポクリン汗腺(体臭となって匂う汗)とは」美容皮膚科学事典,61-63.
  9. “ロート製薬株式会社”(2015)「足臭の原因物質を抑える植物由来エキスとパウダーを発見」, <https://www.rohto.co.jp/news/release/2015/1209_02/> 2018年8月10日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ