セージエキス(サルビアエキス)とは…成分効果と副作用を解説

抗炎症成分 収れん成分 抗菌成分
セージエキス(サルビアエキス)と
[化粧品成分表示名称]
・セージ葉エキス(改正名称)
・セージエキス(旧称)

[医薬部外品表示名称]
・セージエキス

[慣用名]
・セージエキス、サルビア抽出液

セージエキスは、シソ科植物サルビアの葉や全草などから得られる淡黄色~褐色のエキスで、サルビアエキスと呼ばれることもあります。

薬用ハーブの代表格で、民間薬としては、強壮・防腐・血行促進・消炎などに使用され、消化不良・神経疲労・生理不順・胃炎などの治療にも使われてきました。

化粧品としての主なはたらきには、消炎作用、収斂作用、鎮静作用、抗菌作用があり、皮膚を鎮静したり、過剰な発汗の調節や皮膚の引き締め、皮膚の雑菌の異常増殖の防止、新陳代謝の促進などがあります。

成分としては、精油成分のボルネオール、シネオール、カンファー、カンフェン、ピネン、ツヨーン、タンニンのロズマリン酸、フラボノイドのアピゲニン配糖体、ルテオリン配糖体、テルペン類のジテルペン、トリテルペン、他にはサポニンなどがあります。

化粧品にとどまらず、口腔清涼剤、アフターシェービング剤、浴用化粧品、頭髪用化粧品などあらゆる製品に使用される万能エキスのひとつです。

スポンサーリンク

セージエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について

古くからあらゆる分野で使用実績があり、刺激はほとんどなく安全性はきわめて高い安心して使用できる成分です。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、セージエキスは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

セージエキスは抗炎症成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分一覧

スポンサーリンク

TOPへ