センキュウ根茎エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 美白成分 血行促進成分 育毛剤
センキュウ根茎エキス
[化粧品成分表示名称]
・センキュウ根茎エキス

[医薬部外品表示名称]
・センキュウエキス

セリ科植物センキュウ(学名:Cnidium officinale)の根・茎からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

センキュウ根茎エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • フタリド類:クニデライド、センキュウノライド、リグスチリド
  • フェルラ酸

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2017)

センキュウ(川芎)は、中国原産で江戸時代に薬用として日本にも渡来し、現在では主に北海道で栽培されています。

日本薬局方にも収載されていますが、日本産のみが収載されており、輸入品は適合しません。

日本産センキュウには、鎮痙、鎮痛、鎮静、降圧、血管拡張作用などが認められており、漢方では、活血・理気・止痛の効能があり、頭痛、腹痛、筋肉痛、生理痛などに用います(文献3:2011)

トウキ(当帰)とともに婦人科・産科の要薬として有名で、活血作用と行気作用があることから「血中の気薬」といわれています(文献3:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、頭皮ケア製品、洗浄製品、シート&マスク製品、浴用剤などに使用されます(文献1:2006;文献4:1992;文献5:2016;文献7:2015)

血行促進作用

血行促進作用に関しては、1992年に花王と岡山大学医学部心臓血管学科との入浴における生薬エキスの効果検証によると、

センキュウ乾燥エキス、トウキ乾燥エキスを用いて入浴の抹消循環動態におよぼす影響について、ヒト前腕皮膚血流量を検証したところ、以下のグラフのように、

センキュウ根茎エキス浴槽添加による腕皮膚血流の変化

ヒト前腕皮膚血流量はセンキュウ乾燥エキス浴、トウキ乾燥エキス浴ともに顕著なヒト前腕皮膚血流量の増加を示した。

また、健康な成人男性12人(21~32歳)を対象とし、40℃の単純な湯と生薬エキス添加湯の入浴後の皮膚温度をサーモグラフィで比較したところ、生薬エキス湯では皮膚表面温度が有意に高く、身体がよく温まっていた。

このような検証結果が明らかになっており(文献4:1992)、センキュウ根茎エキスに血流増加が認められています。

ただし、試験は入浴で行われており、濃度も不明であるため、入浴剤では血行促進傾向があると考えられますが、化粧品に配合される場合にどこまで作用が及ぶかは不明です。

毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用

毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用に関しては、まず前提知識として毛乳頭細胞について解説しておきます。

以下の毛髪の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

毛髪の構造

毛根の根元にある毛球部の毛母にあって新しい毛髪をつくりだす細胞を毛母細胞といいますが、毛母細胞は毛髪の発生と成長をつかさどる毛乳頭からの指令で盛んに細胞分裂を行い、分裂した2個のうちひとつは毛母に留まって次の分裂に備え、もうひとつは毛髪の細胞となって角化していき、次々に分裂してできる新しい細胞によって表面に押し上げられ毛髪を形成します(文献6:2002)

2016年にデミコスメティクスによって第33回和漢医学学会学術大会で発表された研究によると、

センキュウエキス、アンズ種子エキス、カワラヨモギエキスの毛乳頭細胞増殖作用を検証したところ、以下のグラフのように、

複合植物エキスの毛乳頭細胞増殖促進作用

水と比べて約2倍の毛乳頭細胞増殖が認められました。

毛乳頭細胞が増殖することにより、毛髪が太くなることが期待されます。

このような研究結果が明らかになっており(文献5:2016)、センキュウエキス、アンズ種子エキスおよびカワラヨモギエキスの併用・相乗効果で毛乳頭細胞増殖による育毛作用が認められています。

ただし、毛乳頭細胞増殖による育毛作用は、これら3種類の植物エキスを併用したことによるものであり、それぞれ単体のエキスでの作用は現段階では認められていないので注意してください。

また、公開されている試験情報では、濃度や期間などの詳細が不明であり、一般的に化粧品配合量は1%未満であるため、試験よりもおだやかな作用傾向である可能性があると考えられます。

複合植物エキスとしてのセンキュウ根茎エキス

混合植物エキスOG-D1という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. アンモニア、硫化水素、メチルメルカプタン、トリメチルアミンを中和・分解する消臭作用
  2. タバコ臭を中和・分解する消臭作用

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって4大悪臭およびタバコ臭を多角的に消臭するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-D1であると推測することができます(文献7:2015)

混合植物エキスOG-1という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 角層水分量増加作用
  2. 経表皮水分蒸発量抑制作用
  3. バリア機能向上
  4. 乾燥によるかゆみの減少

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によってキメが整い水分保持能を有する健常な皮膚へ改善するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-1であると推測することができます(文献7:2015)

混合植物エキスOG-2という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 血行促進作用

とされており、それぞれを個別抽出したエキスよりも同時抽出したエキスの相乗効果で高い血行促進作用を示すもので、入浴剤をはじめ化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-2であると推測することができます(文献7:2015)

スポンサーリンク

センキュウ根茎エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

センキュウ根茎エキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されているため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
センキュウ根茎エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、センキュウ根茎エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

センキュウ根茎エキスは抗炎症成分、美白成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,375.
  2. 原島 広至(2017)「センキュウ(川芎)」生薬単 改訂第3版,88-89.
  3. 鈴木 洋(2011)「川芎(せんきゅう)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,270.
  4. 萬 秀憲, 他(1992)「入浴における生薬エキスの効果」日本温泉気候物理医学会雑誌(55)(2),105-112.
  5. 高崎 文香(2016)「毛乳頭細胞増殖促進素材およびFGF-7産生促進素材の探索」第33回和漢医薬学会学術大会.
  6. 朝田 康夫(2002)「毛髪をつくる細胞は」美容皮膚科学事典,347-349.
  7. “小川香料株式会社”(2015)化粧品用エキス剤混合植物エキスOGシリーズ

スポンサーリンク

TOPへ