セイヨウノコギリソウエキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 細胞賦活剤 抗シワ成分 収れん成分
セイヨウノコギリソウエキス
[化粧品成分表示名称]
・セイヨウノコギリソウエキス

[医薬部外品表示名称]
・セイヨウノコギリソウエキス

キク科植物セイヨウノコギリソウ(学名:Achillea millefolium 英名:Yarrow)の葉、茎、花など全草からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)ペンチレングリコールまたはこれらの混合で抽出して得られるエキスです。

セイヨウノコギリソウエキスの成分組成は、天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • アルカロイド
  • セスキテルペン
  • 精油:アズレン、α-ピネン、リモネン、カンファー

などで構成されています(文献3:2006;文献4:2018)

セイヨウノコギリソウの学名であるアキレア(Achilea)は、ギリシャ神話で、戦いで受けた傷をこのハーブで癒やしたとされるアキレスに由来しており、北米の先住民のチェロキー族はセイヨウノコギリソウの浸剤や煎剤を風邪や胃腸の症状に用いた歴史が残されています(文献5:2011)

薬理作用としては、ドイツのコミッションEモノグラフでは鎮痙、利胆、収れん、抗菌作用が認められており、またイギリスのハーブ薬局方では発汗、消炎、止血、通経作用が認められており、外用では消炎作用と抗菌作用を活かして治りにくい傷や皮膚の炎症への局所的な使用が認められています(文献5:2011)

化粧品に配合される場合は、

  • 優れた抗炎症・消炎作用
  • 活性酸素を抑制による抗酸化作用

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、ヘアケア製品、マスクなどに使用されます(文献3:2006;文献8:1995)

また、2011年にはBG(ブチレングリコール)およびペンチレングリコールで抽出したセイヨウノコギリソウエキスに細胞賦活作用があることが明らかにされており、細胞の活性化によるシワの改善効果または毛穴の引き締め効果が認められており、エイジングケア化粧品に配合されています(文献7:2011)

細胞賦活作用

2011年のBASFのBG(ブチレングリコール)およびペンチレングリコールで抽出したセイヨウノコギリソウエキスの細胞賦活作用検証によると、

プロオピオメラノコルチンは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)およびβ-エンドルフィンを含むいくつかの神経ペプチドを生じる前駆体ペプチドである。

プロオピオメラノコルチン由来ペプチドは、多くの皮膚機能を調節するヒト表皮において合成されることが示されている。

加齢に伴って表皮角化細胞のプロオピオメラノコルチン由来ペプチドの遺伝子発現は増進する一方で、それらの受容体であるMC-2RおよびMOR-1の発現は著しく減少し、細胞のメッセージ伝達が非効率化する現状があり、BASFは、この情報伝達が皮膚の再生に直接的な作用があることを初めて実証した。

そして、プロオピオメラノコルチン由来ペプチドの遺伝子発現の受容体であるMC-2RおよびMOR-1の発現を促進することによって、神経メディエーターと受容体のバランスを回復し、細胞間のメッセージの伝達が最も効果的に行われるように、受容体を増加させる活性成分としてセイヨウノコギリソウエキスが選ばれた。

培養された正常ヒト皮膚細胞を用いたEX Vivo試験では、セイヨウノコギリソウエキスの添加によって表皮の厚みが増したのと並行してサイトケラチン10、トランスグルタミナーゼ-1およびフィラグリンの発現量の改善が観察された。

また、女性63人(47~68歳)の顔半分に2%セイヨウノコギリソウエキスを含む製剤を1日2回塗布し、残りの顔半分はプラセボ製剤を塗布して28日および56日後に比較評価したところ、シワは経時的に改善効果がみられ、毛穴は28日目の観察では有意な改善効果はみられなかったが56日後では有意な改善効果が示された。

このように報告されており(文献7:2011)、細胞活性作用によりシワおよび毛穴の改善効果が明らかにされています。

ただし、注意してほしいのは、この試験結果は2%濃度で実施されており、実際に化粧品に配合される濃度は一般的に1%未満であるため、試験ほどの有意な効果は見込めないということです。

また、細胞活性作用が認められているセイヨウノコギリソウエキスはBG(ブチレングリコール)およびペンチレングリコールで抽出したもののみであり、細胞活性作用が見込める場合は、成分表示一覧にセイヨウノコギリソウエキスのほかにBG、ペンチレングリコール、キサンタンガムが表示されます。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2016年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

セイヨウノコギリソウエキスの配合製品数と配合量の調査結果(2016年)

スポンサーリンク

セイヨウノコギリソウエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

セイヨウノコギリソウエキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、皮膚刺激性および眼刺激性はほとんどなく、皮膚感作性(アレルギー性)および光毒性の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

ただし、キク科植物にアレルギーを有している場合は販売メーカーにキク科植物アレルギー原因物質の除去の有無を問い合わせて確認してください。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Yarrow (Achillea Millefolium) Extract」(文献1:2001)によると、

  • [ヒト試験] 20人の被検者に2%セイヨウノコギリソウエキス0.5%を含むシャンプー製剤を単一閉塞パッチ適用したところ、一次刺激スコアは最大8のうち0.25であり、対照製剤との間に有意な刺激性の差は観察されなかった(CTFA,1991a)
  • [ヒト試験] 2%セイヨウノコギリソウエキス0.1%を含むフェイスクリーム製剤の累積刺激性試験においてpH4.45の2つの製剤を閉塞パッチ適用したところ、一次刺激スコアは0.39および0.24であり、どちらも許容範囲内の刺激性を示した(CTFA,1991b)
  • [ヒト試験] 16人の被検者に1%セイヨウノコギリソウエキスを含むワセリンを国際標準皮膚炎研究グループ(ICDRG)の方法に従って24時間適用し、試験部位を20分後および1,48および96時間後に皮膚反応を評価したところ、16人のうち4人に対して陽性反応を示した。花粉そのものでは15人のうち1人に陽性反応が観察された(Wrangsjo Ros and Wahlberg,1990)
  • [ヒト試験] 25人の被検者に2%セイヨウノコギリソウエキス0.1%を含むフェイスクリーム0.1gを予備試験として48時間閉塞パッチ適用したところ、刺激性ではなかった。次いで各被検者の上部外側腕に前処理として0.1%ラウリル硫酸ナトリウム水溶液を24時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に試験物質0.1gを48~72時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に刺激性を評価した。刺激が観察されなかった場合、同様にラウリル硫酸ナトリウムで前処理した後に試験物質を適用するという手順を合計5回繰り返した。次いで10日間の休息期間の後に反対の腕に48時間チャレンジパッチを適用し、パッチ除去1および24時間後に皮膚反応を評価したところ、2%セイヨウノコギリソウエキス0.1%を含む製剤は皮膚感作剤ではなかった(Ivy Laboratories,1991)
  • [ヒト試験] 3,851人の患者の背中に5年間にわたって1%セイヨウノコギリソウエキスおよび他のキク科植物から成る混合物を国際標準皮膚炎研究グループ(ICDRG)の方法に従って24時間適用し、皮膚反応を評価した。陽性反応が観察された場合、個々の抽出物を1週間後に試験した。118人の患者がこの試験物質に陽性反応を示し、これらのうち33人は職業的にこの過敏症を罹患していることが判明した。個々の抽出物を用いて試験した85人のうち45人の被検者がセイヨウノコギリソウエキスに陽性反応を示した(Hausen,1996)

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Achillea millefolium as Used in Cosmetics」(文献2:2016)によると、

  • [ヒト試験] アトピー性皮膚炎を有した9人の患者に1%セイヨウノコギリソウエキスを含むワセリンをFinn Chamberパッチ適用し、2日目および3日目に試験部位を観察したところ、いずれの患者にも陽性反応はみられなかった(ovanovic M, Poljacki M, Duran V, Vujanovic L, Sente R, Stojanovic S,2004)
  • [ヒト試験] 107人の被検者に0.00045%セイヨウノコギリソウエキスを含む保湿剤を誘導期間およびチャレンジ期間において閉塞パッチ適用した(HRIPT)ところ、誘導期間において9人の被検者にほとんど知覚できないまたは時折軽度~中等の紅斑または乾燥が認められたが、臨床的に有意な反応ではないと考えられ、0.00045%セイヨウノコギリソウエキスを含む保湿剤は刺激剤でも感作剤でもないと結論付けられた(RTCS Inc,2006)
  • [ヒト試験] 108人の被検者に0.001133%セイヨウノコギリソウエキスを含むボディスプラッシュ製品を適用したところ、刺激性および感作性を示さなかった(Clinical Research Laboratories Inc,2009)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激性はなしまたは許容範囲内であり、また皮膚感作性もほとんどなしと報告されているため、一般的に皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、キク科植物にアレルギーを有している場合は販売メーカーにキク科植物アレルギー原因物質の除去の有無を問い合わせて確認してください。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Achillea millefolium as Used in Cosmetics」(文献2:2016)によると、

  • [in vitro試験] 正常ヒト表皮角化細胞によって再構築された3次元培養角膜モデル(EpiOcular)を用いて、モデル角膜表面に0.00045%セイヨウノコギリソウエキスの混合物含む製品を処理したところ、眼刺激性の可能性を有していないことが判明した(Institute for In Vitro Sciences Inc.,2006)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、眼刺激性なしと報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

光毒性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Yarrow (Achillea Millefolium) Extract」(文献1:2001)によると、

  • [ヒト試験] 被検者の上腕に1%セイヨウノコギリソウエキスを含むエタノールを湿らせ、エタノールを蒸発させた後にその部位を覆い、1.5時間後に単色光(366m/z)を5分間照射したところ、セイヨウノコギリソウエキスに光毒性反応は生じなかった(Van Dijk and Berrens,1964)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光毒性なしと報告されているため、光毒性はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
セイヨウノコギリソウエキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、セイヨウノコギリソウエキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

セイヨウノコギリソウエキスは抗炎症成分、細胞賦活成分、抗シワ(抗老化)成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 細胞賦活成分 抗シワ(抗老化)成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2001)「Final Report on the Safety Assessment of Yarrow (Achillea Millefolium) Extract」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1080/10915810160233785> 2018年6月28日アクセス.
  2. “Cosmetic Ingredient Review”(2016)「Safety Assessment of Achillea millefolium as Used in Cosmetics」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1091581816677717> 2018年6月28日アクセス.
  3. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,374.
  4. ジャパンハーブソサエティー(2018)「ヤロー」ハーブのすべてがわかる事典,201.
  5. 林真一郎(2016)「ヤロー」メディカルハーブの事典 改定新版,178-179.
  6. AHPA(米国ハーブ製品協会), Zoe Gardner, Michael McGuffin, et al.(2016)「Achillea millefolium L.」メディカルハーブ安全性ガイドブック 第2版,1-3.
  7. S. Pain, et al.(2011)「Surface rejuvenating effect of Achillea millefolium extract」International Journal of Cosmetic Science(33)(6),535-542.
  8. Hitoshi Masaki, et al.(1995)「Active-Oxygen Scavenging Activity of Plant Extracts」Biological and Pharmaceutical Bulletin(18)(1),162-166.

スポンサーリンク

TOPへ