セイヨウトチノキ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 収れん成分 血行促進成分 紫外線吸収剤 抗糖化 抗くぼみ
セイヨウトチノキ種子エキス
[化粧品成分表示名称]
・セイヨウトチノキ種子エキス

[医薬部外品表示名称]
・マロニエエキス

ムクロジ科植物セイヨウトチノキ(学名:Aesculus hippocastanum 英名:Horse chestnut)の種子からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)グリセリンまたはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

セイヨウトチノキ種子エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • トリテルペン系サポニン:エスシン
  • カテキン型タンニン

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2016;文献3:1981)

セイヨウトチノキは、バルカン半島原産で欧州各地に広く分布し、日本でも街路樹としてよく知られ、広く栽培されています。

伝統的な植物療法では、収れん性のある樹皮を下痢や痔疾に、葉のハーブティーは咳やリウマチに用いられましたが、今日の植物療法では種子に多く含まれるトリテルペン系サポニンであるエスシンの製剤を静脈の薬として用います(文献2:2016)

エスシンは、血管の抵抗性を増大し、毛細血管の透過性を抑制することによって血管内か低分子タンパクや電解質、水分が間質に浸出するのを防ぎ、浮腫やアレルギー反応を防止します(文献2:2016)

したがってエスシンは、血行不全、慢性静脈不全、静脈瘤、痔疾、夜間の足の痙攣や足のだるさや打撲、捻挫などの外傷に用いられます(文献2:2016)

またフリーラジカルを発生させる紫外線の吸収作用や糖負荷後の血糖値の上昇抑制、エタノールの吸収阻害などの報告もあります(文献2:2016)

化粧品に配合される場合は、

  • 抗炎症作用
  • 収れん作用
  • 血行促進作用
  • 紫外線吸収作用
  • 皮膚タンパクの糖化阻害作用

これらの目的で、肌を引き締める収れん化粧品・肌荒れ用化粧品・エイジングケア化粧品などのスキンケア化粧品をはじめ、ボディケア製品、日焼け止め製品、洗顔料、洗浄製品、ヘアケア製品など幅広く様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献3:1981)

また、血行促進による目元、まつ毛の生え際、唇の活性化目的でまつ毛美容液、口紅、リップグロスなどにも配合されます。

さらに、2018年にポーラ化成が開発したセイヨウトチノキ種子エキスとマドンナリリー根エキスによるCFエキスに眼輪筋を構成するタンパク質であるMYH2(ミオシンヘビーチェーン2)産生促進作用が確認されており、加齢によって薄くなる眼輪筋に厚みを持たせて目の周りのくぼみを改善する目的でポーラ化成および関連会社のアイケア製品に使用されます(文献4:2018)

複合植物エキスとしてのセイヨウトチノキ種子エキス

ファルコレックスBX43という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 抗酸化(SOD様)
  2. 抗酸化(過酸化脂質生成抑制)

とされており、活性酸素抑制および過剰な皮脂抑制などそれぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって多角的に酸化を防止するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX43であると推測することができます。

エムエスエキストラクト<マンスールS>という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 収れん作用

とされており、植物エキスの相乗効果によって皮膚を多角的に引き締めるため、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はエムエスエキストラクト<マンスールS>であると推測することができます。

CFエキスという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

  • セイヨウトチノキ種子エキス
  • マドンナリリー根エキス

効果および配合目的は、

  1. 目のまわりの抗くぼみ作用

とされており、植物エキスの相乗効果によって加齢によって薄くなる眼輪筋の厚みを取り戻し、目のまわりのくぼみを改善するため、ポーラ化成および関連会社の化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はCFエキスであると推測することができます(文献4:2018)

スポンサーリンク

セイヨウトチノキ種子エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

セイヨウトチノキ種子エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
セイヨウトチノキ種子エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、セイヨウトチノキ種子エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

セイヨウトチノキ種子エキスは抗炎症成分、収れん成分、抗老化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症 収れん成分 抗老化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,383.
  2. 林真一郎(2016)「ホースチェストナッツ」メディカルハーブの事典 改定新版,152-153.
  3. 高木 敬次郎(1981)「抗炎症薬と有害反応」炎症(1)(2),173-174.
  4. “ポーラ化成株式会社”(2018)「加齢で薄くなる「眼輪筋」を改善するエキスを発見」, <http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20180703_1.pdf> 2018年8月2日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ