シソ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 美白成分 抗菌成分
シソ葉エキス
[化粧品成分表示名称]
・シソ葉エキス

[医薬部外品表示名称]
・シソエキス(1)、シソエキス(2)

シソ科植物シソ(学名:Perilla frutescens = Perilla Ocymoides)の葉からエタノールまたはBG(1,3-ブチレングリコール)で抽出して得られるエキスです。

シソ葉エキスの成分組成は、天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • 精油:ペリルアルデヒド(∗1)、d-リモネン、α-ピネン

∗1 ペリラアルデヒドとも呼ばれます。

などで構成されています(文献1:2006;文献2:-;文献3:2018)

シソは別名オオバとも呼ばれ、葉にはペリルアルデヒド特有の芳香があり、刺し身のつまや薬味として利用されています。

薬理作用としては、抗菌作用、解熱作用、鎮静作用が知られており、また免疫を活性化させるTNFを抑制し、ヒスタミンの遊離を抑制する作用があり、花粉症などのアレルギー症状に対する効果が認められています(文献4:2011;文献7:1992;文献8:1992-1993;文献9:1993-1994;文献10:2005)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディケア製品、メイクアップ化粧品、日焼け止め製品、洗顔料&洗顔石鹸、シート&マスク製品などに使用されます(文献1:2006;文献9:1993-1994;文献11:1998;文献12:2007)

また、アトピー性皮膚炎を含む皮膚炎に対して有効性が明らかになっていることから、敏感肌向けスキンケア化粧品にも使用されています。

抗アレルギー作用

抗アレルギー作用に関しては、1993年のアミノアップ化学によるシソ葉エキスの抗アレルギーの検証試験によると、

アトピー性皮膚炎およびその周辺皮膚炎を有する30人の患者に3%シソ葉エキスを含むクリームを1日2~3回8週間にわたって患部へ単純塗布し、2週間ごとに5回にわたって皮膚反応を評価した。

改善度は、試験開始時と比較して「著しく軽快」「かなり軽快」「やや軽快」「不変」「増悪」の5段階で評価し、全般改善度および副作用を総合して「極めて有用」「有用」「やや有用」「無用」の4段階で評価したところ、以下のグラフのように、

3%シソ葉エキス配合クリームの有用性

全般改善度として、「かなり改善」以上で66.7%、「やや改善」以上で83.4%の比較的高い改善性がみられ、また副作用の報告はなく、66.7%の有用性が認められた(やや有用も含めると80.0%)。

このように報告されており(文献9:1993-1994)、アレルギー性皮膚炎に対する高い改善性が明らかにされています。

ただし、試験では3%濃度のシソ葉エキスを使用していますが、一般的に化粧品配合量は1%未満であることが多く、試験結果よりはかなり穏やかな改善傾向であると考えられます。

チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用

チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識としてメラニン合成のプロセスおよびチロシナーゼについて解説します。

以下のメラニン合成の仕組み図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びるとまず最初に活性酸素が発生し、様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)をメラノサイトで発現するレセプター(受容体)に届けることで、メラノサイト内でメラニンの生合成がはじまり、ユウメラニン(黒化メラニン)へと合成されます。

メラノサイト内でのメラニン生合成は、まずアミノ酸であるチロシンに活性酵素であるチロシナーゼが結合することでドーパ、ドーパキノンへと変化し、最終的に黒化メラニンが合成されます。

1998年に大阪府立公衆衛生研究所と富山医科薬科大学薬学部の共同研究によって報告された生薬の皮膚関連酵素に対する阻害作用検証によると、

チロシナーゼに対する阻害作用物質を探索する目的で66種類の生薬の水製エキスについて酵素阻害作用を測定し、また生薬水製エキスからフェノール製物質を除去した分画についても阻害作用を測定したところ、

生薬エキス タンニン量 チロシナーゼ活性阻害率(%)
  (%) 水製エキス 水製エキス(タンニン除去)
アセンヤク 3.10 46 -4
オウヒ 2.90 49 -2
ガイヨウ 1.25 25 7
キジツ 0.60 40 0
キョウニン 0 91 86
ケイケットウ 2.70 69 -17
シソヨウ 1.30 43 27
シャゼンジ 0.45 28 1
ダイオウ 2.90 60 -11
チョウジ 2.15 42 -15
チョレイ 0.50 26 13
トウニン 0.50 66 48

水製エキスについて阻害率50%異常の生薬は、キョウニン、ケイケットウ、ダイオウ、トウニンの4種類であった。

また、阻害率20~50%の生薬は、アセンヤク、オウヒ、ガイヨウ、キジツ、シソヨウ、シャゼンジ、チョウジ、チョレイの8種類であった。

アセンヤク、オウヒ、ガイヨウ、ケイケットウ、ダイオウ、チョウジはタンニン量が多い生薬であり、フェノール物質を除去(タンニン除去)した場合では阻害活性が著しく低下したことから、これらの生薬に存在する阻害物質はタンニンであると推察された。

キジツは水製エキスで阻害作用を示し、フェノール物質を除去した場合では阻害作用を失っていたが、タンニン量は0.60%と多くなく、このことからキジツの阻害物質はタンニン以外のフェノール性物質である可能性が考えられる。

フェノール物質を除去(タンニン除去)した場合で阻害率20%異常の生薬はキョウニン、シソヨウ、トウニンの3種類であり、これらの生薬についてはフェノール性物質以外の阻害作用をもつ成分の存在が示唆された。

このような検証結果が明らかにされており(文献11:1998)、シソ葉エキスにチロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用が認められています。

またほかにも、2006年のコスモテクニカルセンターによるシソ葉エキスのチロシナーゼ生合成阻害検証によると、

チロシナーゼタンパク質レベルでの制御を指標として、植物エキスを中心に簡易スクリーニングを行ったところ、シソ50%エタノール抽出物に高いチロシナーゼレベルの低減作用が認められた。

次に30%,50%,70%,90%および99%エタノールの順で溶媒分画し、チロシナーゼレベルに対する作用を比較評価したところ、エタノール比率が高くなるほど細胞内チロシナーゼレベルの低下が顕著となり、とくに90%エタノール分画において最も強い抑制作用が確認された。

チロシナーゼ酵素に対する直接的な阻害作用を評価したところ、直接的なチロシナーゼ活性阻害作用は認められなかったため、この抑制作用は細胞内に取り込まれた酵素活性を直接的に阻害したものではないことが示された。

作用機序を明らかにするため、90%エタノール画分のチロシナーゼmRNA発現レベルおよびタンパク質レベルに対する作用について評価したところ、シソ90%エタノール画分はチロシナーゼmRNA発現量に対してまったく影響しないもののチロシナーゼタンパク質レベルについては顕著に減少させることが明らかとなった。

これらの知見から、シソエキスはチロシナーゼの成熟過程あるいは分解過程に関与する可能性が強く示唆された。

このように報告されており(文献12:2007)、エタノール抽出したシソ葉エキスにはチロシナーゼ生合成阻害作用があると考えられます。

スポンサーリンク

シソ葉エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

シソ葉エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、皮膚刺激性および眼刺激性はほとんどなく、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

ただし、シソ特有の香り成分であるペリルアルデヒドは防腐・抗菌作用がある反面、アレルギー性接触性皮膚炎の原因となる報告もあり、開発元のアミノアップ化学のシソ葉エキスはペリルアルデヒドを除去していると記載されていますが、他の原料会社では除去していない可能性もあるため、気になる場合はシソ葉エキスのペリルアルデヒドの除去の有無を販売メーカーに問い合わせて確認してください。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

開発元のアミノアップ化学の安全性情報(文献5:2018;文献9:1993-1994)によると、

  • [ヒト試験] アトピー性皮膚炎およびその周辺皮膚炎を有する30人の患者に3%シソ葉エキスを含むクリームを1日2~3回8週間にわたって患部へ単純塗布し、2週間ごとに5回にわたって皮膚反応を評価したところ、副作用などの皮膚反応は観察されなかった
  • 皮膚刺激性試験では異常なし
  • パッチテストでは異常なし

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激性および皮膚感作性なしと報告されているため、一般的に皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、シソ特有の香り成分であるペリルアルデヒドは防腐・抗菌作用がある反面、アレルギー性接触性皮膚炎の原因となる報告もあり、開発元のアミノアップ化学のシソ葉エキスはペリルアルデヒドを除去していると記載されていますが、他の原料会社では除去していない可能性もあるため、気になる場合はシソ葉エキスのペリルアルデヒドの除去の有無を販売メーカーに問い合わせて確認してください。

眼刺激性について

開発元のアミノアップ化学の安全性情報(文献5:2018)によると、

  • 眼粘膜一次刺激性試験の結果、異常なし

と記載されています。

詳細な試験データはみあたりませんが、眼刺激性なしと報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
シソ葉エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、シソ葉エキスは毒性なし(∗2)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

シソ葉エキスは抗炎症成分、抗菌成分、美白成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗菌成分 美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,372.
  2. “丸善製薬株式会社”(-)「原料事典 シソ」,<http://www.maruzenpcy.co.jp/jiten/ke/s/shisoekisu.html> 2018年6月28日アクセス.
  3. ジャパンハーブソサエティー(2018)「アオジソ」ハーブのすべてがわかる事典,99.
  4. 鈴木 洋(2011)「蘇葉(そよう)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,294-295.
  5. “株式会社アミノアップ化学”(2018)「シソエキスの安全性」,<https://www.aminoup.co.jp/products/perillaextract/safety/> 2018年6月28日アクセス.
  6. “株式会社アミノアップ化学”(2018)「シソエキスの成分研究」,<https://www.aminoup.co.jp/products/perillaextract/component/> 2018年6月28日アクセス.
  7. 今岡 浩一, 井上 栄, 高橋 徹, 小島 保彦(1992)「シソ抽出エキスのIgE抗体産生抑制効果」アレルギー(41)(8),1036.
  8. 上田 浩史, 山崎 正利(1992-1993)「シソ抽出液による腫瘍壊死因子 (TNF-α) 産生抑制効果」炎症(13)(4),337-340.
  9. 小砂 憲一(1993-1994)「シソの抗アレルギー成分について」日本化粧品技術者会誌(27)(4),604-607.
  10. 御崎 善敬, 重田 征子, 河本 正次, 秋 庸弘, 馬場 堅治, 本山 純, 小埜 和久(2005)「シソの抗アレルギー効果の検討」日本化粧品技術者会誌(54)(3-4),330.
  11. 沢辺 善之, 他(1998)「生薬の皮膚関連酵素に対する阻害作用」YAKUGAKU ZASSHI(118)(9),423-429.
  12. 落合 康宣(2007)「シソエキスのチロシナーゼ生合成阻害」Fregrance Journal(35)(9),27-32.

スポンサーリンク

TOPへ