サクラ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分
サクラ葉エキス
[化粧品成分表示名称]
・サクラ葉エキス

バラ科サクラ属サクラ亜属の落葉高木である桜の葉から得られるエキスです。

サクラの葉の成分としては、

  • イソフラボン(プルネチン、プルネトリン)
  • フラボノイド(イソクエルシトリン)
  • クマリン配糖体(メリロートサイド)

などが含まれており、日本では民間薬として解毒、鎮咳薬、腫れ物、じんま疹などに利用されています。

サクラ葉エキスには、肥満細胞から遊離されるアレルギーの原因となるヒスタミンの抑制作用や接触皮膚炎に対する抑制作用などの抗炎症作用が認められています。

化粧品に配合される場合は、炎症の予防および抑制効果や界面活性剤などによる刺激を緩和する効果を期待して配合されます。

スポンサーリンク

サクラ葉エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について

毒性や刺激性はほとんどなく、アレルギー(皮膚感作性)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、サクラ葉エキスは△(∗1)となっており、毒性に関してはさほど心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

サクラ葉エキスは抗炎症成分と抗菌成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分

スポンサーリンク

TOPへ