カワラヨモギ花エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗掻痒 抗酸化成分 抗菌成分 美白成分 育毛剤
カワラヨモギ花エキス
[化粧品成分表示名称]
・カワラヨモギ花エキス

[医薬部外品表示名称]
・カワラヨモギエキス

キク科植物カワラヨモギ(学名:Artemisia capillaris)の頭花からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)で抽出して得られるエキスです。

カワラヨモギ花エキスの成分組成は、天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • 精油:カピリン、β-ピネン
  • フラボノイド
  • タンニン

などで構成されています(文献1:2006)

カワラヨモギの名は、川原や海岸に生えているヨモギという意味で、漢方では茵蔯蒿(いんちんこう)と呼ばれており、古来より黄疸を治療する代表薬として知られています。

薬理作用としては、肝障害改善、抗炎症、解熱、利尿、抗真菌作用などが報告されています(文献2:2011)

漢方では、退黄、清熱燥湿の効能があり、黄疸、尿量減少、湿疹、掻痒症などに用います(文献2:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、肌荒れ用化粧品、敏感肌用化粧品などのスキンケア化粧品をはじめ、ボディ&ハンドケア製品、日焼け止め製品、洗顔料、洗浄製品、マスク&パック製品などに使用されます(文献1:2006;文献3:2002;文献4:2006;文献5:2011;文献6:2006;文献7:2016)

瘙痒抑制による抗炎症作用

瘙痒抑制による抗炎症作用に関しては、まず前提知識として皮膚の瘙痒(そうよう)について解説します。

瘙痒とは端的にいうと「かゆみ」のことで、アトピー性皮膚炎、乾燥による掻痒症などがあり、とくにアトピー性皮膚炎の瘙痒に対しての悩みは増えています。

これらの皮膚掻痒症は、表皮バリアの崩壊により、外的刺激に過敏になったり、表皮水分蒸散量が増え、皮膚が乾燥することにより痒みが生じていると考えられています。

2002年に花王によって公開された技術情報である外用抗掻痒剤の検証によると、

皮膚瘙痒症の外用剤としてワセリン、エステル油などの油性成分やヒアルロン酸や天然保湿因子などの保湿剤が用いられている。

しかし、保湿剤では十分な瘙痒効果が得られなかったり、ベタつきなど使用上の不快感や長期の使用による副作用を生じるなどの問題があった。

そこで植物抽出物の瘙痒性を評価したところ、サンザシ抽出物、カワラヨモギ抽出物、クララ抽出物に抗瘙痒効果を見出した。

実際の抗瘙痒作用を確認するために背部を剃毛したマウス5群(1群5匹)にサンザシ抽出液(0.86%濃度)、カワラヨモギ抽出液(1.12%濃度)、クララ抽出液(0.73%濃度)、また対照として蒸留水のみをそれぞれ50μLを塗布し、塗布6時間後に起瘙痒物質を10μg皮内注射した。

皮内注射から15分間ビデオ観察し、スクラッチング回数(掻く回数)をカウントしたところ、以下の表のように、

  サンザシ カワラヨモギ クララ 蒸留水
1群 65 42 40 122
2群 49 38 26 105
3群 38 35 46 95
4群 40 29 33 120
5群 66 44 30 80

サンザシ抽出液、カワラヨモギ抽出液およびクララ抽出液は蒸留水と比べて明らかに抗瘙痒効果を有していた。

なお塗布部において発赤などの異常は認められなかった。

このような検証結果が明らかにされており(文献9:2002)、カワラヨモギ花エキスに瘙痒抑制による抗炎症作用が認められています。

抗菌作用

抗菌作用に関しては、エタノール抽出物が高い抗菌活性を有しており、活性成分がカピリンであること、またカピリンは細菌に対してはほとんど抗菌活性を示しませんが真菌(糸状菌・酵母)に対して非常に高い活性を示すことが報告されています(文献3:2002;文献4:2006)

ただし抗菌性目的の場合、カワラヨモギ花エキス単体では原料由来の色や臭気が課題となり、化粧品に十分な抗菌性を付与することは困難であるため、相乗効果をもたらすチョウジエキスおよびカプリル酸グリセリルと併用して配合することでパラベンフリーまたはパラベン量を減少させる処方を可能にしています(文献5:2011)

毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用

毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用に関しては、まず前提知識として毛乳頭細胞について解説しておきます。

以下の毛髪の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

毛髪の構造

毛根の根元にある毛球部の毛母にあって新しい毛髪をつくりだす細胞を毛母細胞といいますが、毛母細胞は毛髪の発生と成長をつかさどる毛乳頭からの指令で盛んに細胞分裂を行い、分裂した2個のうちひとつは毛母に留まって次の分裂に備え、もうひとつは毛髪の細胞となって角化していき、次々に分裂してできる新しい細胞によって表面に押し上げられ毛髪を形成します(文献8:2002)

2016年にデミコスメティクスによって第33回和漢医学学会学術大会で発表された研究によると、

センキュウエキス、アンズ種子エキス、カワラヨモギエキスの毛乳頭細胞増殖作用を検証したところ、以下のグラフのように、

複合植物エキスの毛乳頭細胞増殖促進作用

水と比べて約2倍の毛乳頭細胞増殖が認められました。

毛乳頭細胞が増殖することにより、毛髪が太くなることが期待されます。

このような研究結果が明らかになっており(文献7:2016)、センキュウエキス、アンズ種子エキスおよびカワラヨモギエキスの併用・相乗効果で毛乳頭細胞増殖による育毛作用が認められています。

ただし、毛乳頭細胞増殖による育毛作用は、これら3種類の植物エキスを併用したことによるものであり、それぞれ単体のエキスでの作用は現段階では認められていないので注意してください。

また、公開されている試験情報では、濃度や期間などの詳細が不明であり、一般的に化粧品配合量は1%未満であるため、試験よりもおだやかな作用傾向である可能性があると考えられます。

複合植物エキスとしてのカワラヨモギ花エキス

SYプランテックスKN,KTB,MEという複合植物エキスは、以下の成分を中心に構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 真菌に対する抗菌性

とされており、それぞれの抗菌性の相乗効果によって多角的に抗菌するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はSYプランテックスシリーズであると推測することができます(文献5:2011)

プランテージ<ホワイト>EXという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 紫外線を浴びることで産生されるメラニン生成を加速させる紫外線情報伝達物質であるエンドセリン-1の抑制
  2. メラニンの生合成に必須の酵素であるチロシナーゼの阻害およびメラニン産生抑制
  3. できてしまったメラニンの転送を抑制
  4. できてしまったメラニンの排出を促進し、肌へのメラニン蓄積を防ぐためのターンオーバーの促進

とされており、それぞれ美白ポイントの違う植物エキスの相乗効果によってメラニン産生抑制およびくすみや色素沈着を多角的に予防するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はプランテージ<ホワイト>EXであると推測することができます(文献6:2006)

スポンサーリンク

カワラヨモギ花エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

カワラヨモギ花エキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されているため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
カワラヨモギ花エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、カワラヨモギ花エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

カワラヨモギ花エキスは抗炎症成分、抗酸化成分、抗菌成分、抗シワ(抗老化)成分、美白成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗酸化成分 抗菌成分 美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,367.
  2. 鈴木 洋(2011)「茵蔯蒿(いんちんこう)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,18-19.
  3. 大嶋 悟士, 他(2002)「カワラヨモギの抗黴作用と化粧品用抗菌剤への応用」Fregrance Journal(30)(1),67.
  4. 山田 武, 他(2006)「カワラヨモギエキスの特性と化粧品用抗菌剤への展開」Fregrance Journal(34)(4),60-67.
  5. 村島 健司, 他(2011)「物性抗菌剤の開発-高品質カワラヨモギエキスの機能と化粧品への応用-」Fregrance Journal(39)(2),47-52.
  6. 川嶋 善仁(2006)「高機能植物コンプレックス(オウゴン,タイソウ,カンゾウフラボノイド)の美白効果」Fregrance Journal(34)(8),69-73.
  7. 高崎 文香(2016)「毛乳頭細胞増殖促進素材およびFGF-7産生促進素材の探索」第33回和漢医薬学会学術大会.
  8. 朝田 康夫(2002)「毛髪をつくる細胞は」美容皮膚科学事典,347-349.
  9. 桑原 裕史(2002)「外用抗掻痒剤」特開2002-029990.

スポンサーリンク

TOPへ