オウレン根エキス(オウレンエキス)とは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗菌成分 収れん成分
オウレン根エキス(オウレンエキス)
[化粧品成分表示名称]
・オウレン根エキス、オウレンエキス、オウレン根茎エキス

[医薬部外品表示名称]
・オウレンエキス

キンポウゲ科植物オウレンの根茎から抽出して得られるわずかに特異臭のある褐色~黒褐色の軟エキスです。

オウレンは、北海道、本州の日本海側の地域の山野に多い常緑の多年草です。

日本特産の薬用植物で、煎じて健胃や整腸薬に用います。

成分としては、

  • アルカロイド類(ベルベリン、オーレニン、パルマチン、コプチシン、マグノフローリン)
  • フェルラ酸

などを含んでいます。

化粧品に配合される場合、消炎効果や抗菌効果があるので、肌を清潔に保ち、肌荒れを防ぐ化粧品やとくにニキビを防ぐ目的で洗顔料や化粧水に配合するのに適している成分です。

スポンサーリンク

オウレン根エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について

オウレン根エキスは、毒性や刺激性はなく、アレルギー報告もないため安全性の高い成分であると考えられます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、オウレン根エキスは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

オウレン根エキスは抗炎症成分と抗菌成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗菌成分

スポンサーリンク

TOPへ