オウゴン根エキスとは…成分効果と毒性を解説

抗炎症成分 抗菌成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 育毛剤 消臭剤
オウゴン根エキス
[化粧品成分表示名称]
・オウゴン根エキス

[医薬部外品表示名称]
・オウゴンエキス

シソ科植物コガネバナ(学名:Scutellaria baicalensis)の根からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)グリセリンで抽出して得られるエキスです。

オウゴン根エキスの成分組成は、天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • フラボノイド類:バイカリン、バイカレイン
  • ステロイド類
  • グルクロン酸

などで構成されています(文献1:2006)

黄芩は代表的な清熱燥湿薬のひとつで呼吸器、消化器、泌尿器などの炎症や熱性疾患に幅広く応用されており、現代でも様々な漢方薬に処方されています。

薬理の分野では、抗菌、解熱、鎮痙、抗動脈硬化作用などが報告されています(文献2:2011)

漢方の分野では、清熱、燥湿、解毒、安胎の効能があり、咳嗽、下痢、黄疸、膀胱炎、吐き気、皮膚化膿症、胎動不安などに用いれられます(文献2:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品をはじめ、ボディ&ハンドケア製品、日焼け止め製品、洗顔料、洗浄製品、頭皮ケア製品、ヘアケア製品、育毛剤、消臭製品などに使用されます(文献1:2006;文献3:1993;文献4:2006;文献5:2016;文献7:2015;文献8:2006)

エンドセリン-1抑制による色素沈着抑制作用

エンドセリン-1抑制による色素沈着抑制の作用機序は、紫外線による情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)であるエンドセリン-1抑制によるものですが、先に色素沈着(黒化メラニン)の仕組みを説明しておくと、以下の図のように、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びた皮膚は活性酸素を発生し、様々な段階を経て紫外線情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)のひとつであるエンドセリン-1を産生・分泌し、エンドセリン受容体を持つメラノサイトまで届けることでメラノサイト内でメラニン合成が始まります。

つまり、紫外線によって産生されるエンドセリンの産生・分泌を抑制・阻害し、メラノサイトに届けないことでメラニン合成を抑制し、黒化メラニンを合成させないという作用になります。

2006年に丸善製薬株式会社によって報告されたメラニン産生に関与する情報伝達物質であるエンドセリン-1を抑制する植物エキスの検証によると、

UVB照射ケラチノサイトから産生されるエンドセリン-1を抑制する植物を検討したところ、以下のグラフのように、

UVB照射によるオウゴン根エキスのエンドセリン-1産生抑制作用

オウゴン根エキスに濃度依存的なエンドセリン-1産生抑制作用が認められ、10μg/mLでほぼ完全に抑制した。

また、オウゴン根エキスは、UVB照射ケラチノサイトにおけるエンドセリン-1 mRNA発現上昇を濃度依存的に抑制する作用も有していた。

このような検証結果が明らかになっており(文献4:2006)、色素沈着作用が認められています。

MMP-1(マトリックスメタロプロテアーゼ)発現量抑制による抗炎症作用および抗シワ作用

MMP-1(マトリックスメタロプロテアーゼ)発現量抑制による抗炎症作用および抗シワ作用に関しては、まず前提知識として代表的な皮膚老化の外的要因として紫外線の他にタバコの煙やPM2.5などの大気汚染が挙げられます。

そして、培養したヒト正常線維芽細胞にタバコの煙の抽出物を添加するとコラーゲン産生能が低下し、併せてコラーゲン分解酵素であるMMP(マトリックスメタロプロテアーゼ)の産生を濃度依存的に促進すること、またPM2.5がバリア機能が損なわれた皮膚に対しては酸化傷害や様々な炎症を引き起こすことが知られています(文献5:2016)

2016年に一丸ファルコスによって報告されたタバコの煙またはPM2.5による皮膚老化に対するオウゴンエキスの抑制効果検証によると、

正常ヒト真皮線維芽細胞に2種類のタバコの煙抽出液(ヘキサン溶出物またはPBS溶出物)を添加したものと、タバコの煙抽出液とオウゴンエキスを添加したもので、コラーゲン分解酵素であるMMP-1(マトリックスメタロプロテアーゼ)の発現量の抑制作用を検証したところ、以下のグラフのように、

タバコの煙の種類とオウゴンエキスのMMP-1発現抑制効果1

タバコの煙の種類とオウゴンエキスのMMP-1発現抑制効果2

油溶性成分ヘキサンに起因するMMP-1の発現量を70%、水溶性成分PBSに起因するMMP-1の発現量を80%抑制することが示された。

また、Pm2.5正常ヒト表皮細胞にPM2.5を直接添加したものと、PM2.5にさらにオウゴンエキスを添加したもので、表皮細胞に発現誘導される各種サイトカイン(IL-1,IL-6,IL-8)の抑制効果を検証したところ、以下のグラフのように、

PM2.5刺激による炎症性サイトカインIL-1発現上昇に対するオウゴンエキスの抑制効果

PM2.5刺激による炎症性サイトカインIL-6発現上昇に対するオウゴンエキスの抑制効果

PM2.5刺激による炎症性サイトカインIL-8発現上昇に対するオウゴンエキスの抑制効果

オウゴンエキスは濃度依存的にPM2.5によって誘発されるIL-1,IL-6,IL-8をそれぞれ抑制することが確認された。

これらの結果からからオウゴンエキスは環境汚染物質、とくにタバコの煙やPM2.5による皮膚老化を予防するうえで有効な美容成分であると考えられた。

このような検証結果が明らかになっており(文献5:2016)、MMP-1発現量抑制による抗シワ作用およびIL-1,IL-6,IL-8抑制作用による抗炎症作用が明らかになっています。

アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用

アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用に関しては、まず前提知識として腋臭発生のメカニズムとアルカリホスファターゼについて解説します。

以下の体毛の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

体毛の構造図

一般に腋臭およびワキガ発生のメカニズムは、アポクリン汗腺から汗とともに分泌される脂質やタンパク質などが皮膚表面の常在菌や空気中の細菌によって分解されて起こると考えられています(文献10:2002)

アポクリン汗腺の分泌活動が盛んであればあるほどにおいも強くなりますが、アポクリン汗腺では分泌細胞が離出する分泌活動期と離出によって失われた分泌細胞が再形成される細胞回復期があり、この活動サイクルのすべての時期において、脂質やタンパク質の分解酵素であるアルカリホスファターゼの活性が認められています(文献8:2006)

2006年にクラシエ(旧カネボウ)によって報告された植物エキスによるアルカリホスファターゼ抑制による腋消臭の検証によると、

においの防止へのアプローチは、

  • 殺菌剤による常在菌の殺菌
  • 吸着剤による汗の吸着
  • 香りによるマスキング

など分泌された汗に対処するものが多く、においの発生に強く関わるアポクリン汗の分泌を抑制する方法はこれまでなかった。

そこで、アポクリン汗腺におけるにおい発生のメカニズムを研究したところ、アポクリン汗腺のすべての活動サイクルにおいてアルカリホスファターゼの活性が認められた。

この事実はアルカリホスファターゼがアポクリン汗腺の活動サイクル全般に関与していることを示しており、アルカリホスファターゼ活性を阻害することでアポクリン汗腺の活動を抑制し、腋臭およびわきがを防止する効果が期待できる。

アポクリン汗腺の分泌を抑制する可能性のある素材の探索を目的に約50種類の植物エキスのアルカリホスファターゼ阻害活性を測定したところ、セージエキスアルテアエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキスに強い阻害活性が認められた。

さらに、アルカリホスファターゼ活性阻害によるアポクリン汗腺分泌抑制作用の検証を行うため、健常な16人の左右のわきに殺菌剤のみ配合の外用剤と殺菌剤および植物エキスを配合した外用剤を1回塗布し、2.5時間ガーゼを用いて汗を回収した。

ガーゼからにおい成分を抽出し、わきのにおいの元である脂肪酸を分析したところ、植物エキスを配合した外用剤では、臭気がとくに強くわきがの原因となる酪酸(チーズのような臭気)およびイソ吉草酸(すっぱい臭気)の生成を抑制する効果を確認した。

このような検証結果が明らかにされており(文献8:2006;文献9:2001)、オウゴンエキスにアルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用が認められています。

複合植物エキスとしてのオウゴン根エキス

プランテージ<ホワイト>という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 紫外線を浴びることで産生されるメラニン生成を加速させる紫外線情報伝達物質であるエンドセリン-1の抑制
  2. メラニンの生合成に必須の酵素であるチロシナーゼの阻害
  3. できてしまったメラニンの排出を促進し、肌へのメラニン蓄積を防ぐためのターンオーバーの促進

とされており、それぞれ美白ポイントの違う植物エキスの相乗効果によってメラニン産生抑制およびくすみや色素沈着を多角的に予防するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はプランテージ<ホワイト>であると推測することができます(文献4:2006)

プランテージ<ホワイト>EXという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 紫外線を浴びることで産生されるメラニン生成を加速させる紫外線情報伝達物質であるエンドセリン-1の抑制
  2. メラニンの生合成に必須の酵素であるチロシナーゼの阻害およびメラニン産生抑制
  3. できてしまったメラニンの転送を抑制
  4. できてしまったメラニンの排出を促進し、肌へのメラニン蓄積を防ぐためのターンオーバーの促進

とされており、それぞれ美白ポイントの違う植物エキスの相乗効果によってメラニン産生抑制およびくすみや色素沈着を多角的に予防するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はプランテージ<ホワイト>EXであると推測することができます(文献4:2006)

混合植物エキスOG-1という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 角層水分量増加作用
  2. 経表皮水分蒸発量抑制作用
  3. バリア機能向上
  4. 乾燥によるかゆみの減少

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によってキメが整い水分保持能を有する健常な皮膚へ改善するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-1であると推測することができます(文献7:2015)

混合植物エキスOG-3という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

  • オウゴン根エキス(濃度:0.281%)
  • クチナシ果実エキス(濃度:0.188%)
  • コプチスチネンシス根茎エキス(濃度:0.141%)
  • シナキハダ樹皮エキス(濃度:0.141%)

効果および配合目的は、

  1. 活性酸素の一種であるtert-ブチルヒドロペルオキシド緩和作用
  2. 活性酸素の一種である過酸化水素の緩和作用

とされており、それぞれ異なる抗酸化作用の相乗効果によって様々な酸化ストレスによる細胞傷害を緩和するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-3であると推測することができます(文献7:2015)

スポンサーリンク

オウゴン根エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

オウゴン根エキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されている成分でもあり、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)、光毒性および光感作性の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献6:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の両前腕内側に2%オウゴン根のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を20分FinnChamber適用し、パッチ除去10分後に皮膚反応を評価したところ、皮膚刺激反応および接触蕁麻疹反応はなかった
  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%オウゴン根のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去後に皮膚反応を評価したところ、2人の被検者に72時間までで軽度の紅斑反応が観察されたが許容範囲内と考えられ、他の被検者に皮膚刺激および皮膚感作反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、2人の被検者に72時間までで軽度の紅斑反応が観察されたが許容範囲内と考えられ皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

光毒性および光感作性について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献6:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%オウゴン根のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去に塗布部位の左半分をアルミ箔を入れた黒色テープで覆い、UVAライト(3.0J/c㎡)を12.5cmの距離で5分間照射し、照射30分後および翌日に皮膚反応を評価したところ、皮膚反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光毒性および光感作性なしと報告されているため、光毒性および光感作性はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
オウゴン根エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、オウゴン根エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

オウゴン根エキスは抗炎症成分、抗菌成分、美白成分、抗シワ(抗老化)成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:抗炎症成分 抗菌成分 美白成分 抗シワ(抗老化)成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,364.
  2. 鈴木 洋(2011)「黄芩(おうごん)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,39-40.
  3. 大野 みずき, 他(1993)「オウゴン及びエイジツ抽出液の活性酸素による核酸傷害の抑制効果について」
    日本化粧品技術者会誌(27)(2),159-165.
  4. 川嶋 善仁(2006)「高機能植物コンプレックス(オウゴン,タイソウ,カンゾウフラボノイド)の美白効果」Fregrance Journal(34)(8),69-73.
  5. アルナシリ イダマルゴダ, 他(2016)「環境汚染による皮膚老化に対するオウゴンエキスの効果-PM2.5とタバコの煙の影響-」Fregrance Journal(44)(2),40-44.
  6. 須貝 哲郎(1996)「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」皮膚(38)(4),448-456.
  7. “小川香料株式会社”(2015)化粧品用エキス剤混合植物エキスOGシリーズ
  8. “クラシエホールディングス株式会社”(2006)「わきがを抑制する新たなメカニズムを発見 植物エキスでアポクリン汗腺の活動を抑え、わきのにおいを根本改善」, <http://www.kracie.co.jp/release/pdf/060601wakiga.pdf> 2018年9月9日アクセス.
  9. 与茂田 敏(2001)「腋臭防止剤 」特開2001-288063.
  10. 朝田 康夫(2002)「アポクリン汗腺(体臭となって匂う汗)とは」美容皮膚科学事典,61-63.

スポンサーリンク

TOPへ