抗シワ(抗老化)成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして抵シワ成分一覧をチェックする ↓

∗∗∗

2011年に厚生労働省によって「小ジワを目立たせなくする」という効能表現が化粧品に使えるようになり、エイジングケアへの関心が高まってきていることも背景にあって小ジワを目立たなくする有効成分が増えてきています。

以下の女性の顔図をみてもらうとわかりやすいですが、シワにも種類があり、化粧品で改善効果が期待できるのは小ジワと乾燥性のシワで、くっきりと明瞭な深いシワには効果が期待できません。

小ジワの図解

乾燥性のシワ
角質層の乾燥が原因で起こるシワで、保湿による改善が期待できるためセラミドや天然保湿因子、エモリエント効果のある成分でのトータルケアが有効です。

目尻などの小ジワ
表皮からごくわずかに真皮層にまでわたってシワを形成しており、角質層や表皮層へ有効成分を浸透させることでシワを軽減させて薄くしたり、目立たせなくすることが期待できます。

ビタミンA誘導体はヒアルロン酸合成を促進するので有効ですが、他にも肌のハリを改善することが有効成分なども効果が期待できます。

額のシワやほうれい線など長くて深いくっきりとしたシワ
これらは、自然老化による細胞や組織の変化や日光にさらされてダメージをうける光老化などが原因で、真皮のコラーゲンやエラスチンの量的・質的変化を防止することがシワ形成の予防・改善につながると考えられており、ビタミンA誘導体などが改善効果に有効とされています。

また、肌のハリを改善することで結果的にシワが改善されるため、肌のハリを改善する成分も抗シワ成分としてまとめています。

抗シワ成分一覧

A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。



AHA(アルファヒドロキシ酸)
AHA(アルファヒドロキシ酸)とは…成分効果と毒性を解説
ピーリング成分 保湿成分 美白成分 抗老化成分 pH調整剤
古い角質の除去目的で化粧品に配合される成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やグリコール酸について具体的にわかりやすく解説します。
→ AHA記事を読む

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ APPS記事を読む

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
VCIP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミ防止およびシミ改善効果やコラーゲン生成促進や赤ニキビ改善目的などで化粧品に配合されるビタミンC誘導体、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ VCIP記事を読む


アスタキサンチン
アスタキサンチンとは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗酸化成分
抗酸化目的で化粧品に配合されるアスタキサンチンについて具体的にわかりやすく解説します。
→ アスタキサンチン記事を読む

アセチルヒドロキシプロリン
アセチルヒドロキシプロリンとは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 抗老化成分
セラミドや水分量を増加させる保湿効果や細胞増殖促進による抗老化目的で化粧品に配合される成分、アセチルヒドロキシプロリンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アセチルヒドロキシプロリン記事を読む

アセチルヘキサペプチド-8
アセチルヘキサペプチド-8とは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗老化成分
表情ジワの防止や顔のたるみ防止目的で化粧品に配合される成分、アセチルヘキサペプチド-8について効果や毒性(安全性)、副作用など具体的にわかりやすく解説します。
→ アセチルヘキサペプチド-8記事を読む

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
アプレシエ(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アプレシエ記事を読む

アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)
アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 抗酸化成分 抗老化成分 紫外線吸収剤
肌の保湿&保護と抗酸化による老化対策目的で化粧品に配合される成分、アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アルガニアスピノサ核油記事を読む

ウォータークレスエキス(オランダガラシエキス)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分 抗シワ成分 抗老化成分
皮膚の水分保持を正常化してうるおいや皮膚弾力性やバリア機能を回復させる目的で化粧品に配合される成分、オランダガラシエキス(ウォータークレスエキス,クレソンエキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ウォータークレスエキス記事を読む

オウゴンエキス
オウゴンエキス(コガネバナエキス)とは…成分効果と副作用を解説
抗老化成分 抗シワ成分 抗炎症成分
抗老化やアトピーを抑制する抗炎症目的で化粧品に配合される成分、オウゴンエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ オウゴンエキス記事を読む

オタネニンジンエキス
オタネニンジンエキスとは…成分効果と副作用を解説
細胞賦活成分 抗老化成分 抗シワ成分 抗炎症成分
皮膚細胞の活性化や肌のハリや弾力の改善目的で化粧品に配合される成分、オタネニンジンエキス(オタネニンジン根エキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ オタネニンジンエキス記事を読む

オランダガラシエキス(ウォータークレスエキス)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分 抗シワ成分 抗老化成分
皮膚の水分保持を正常化してうるおいや皮膚弾力性やバリア機能を回復させる目的で化粧品に配合される成分、オランダガラシエキス(ウォータークレスエキス,クレソンエキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ オランダガラシエキス記事を読む


加水分解卵殻膜
加水分解卵殻膜とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 抗老化成分
保湿や湿潤、または皮膚弾力性の改善目的で化粧品に配合される成分、加水分解卵殻膜の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 加水分解卵殻膜記事を読む

カンゾウフラボノイド
カンゾウフラボノイドとは…成分効果と副作用を解説
美白成分 抗炎症成分 抗シワ成分
抗菌・抗炎症作用やシミのもととなるチロシナーゼ阻害目的で化粧品に配合される成分、カンゾウフラボノイドの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ カンゾウフラボノイド記事を読む

ゲンノショウコエキス
ゲンノショウコエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗炎症成分 抗老化成分 美白成分
肌荒れを抑え、キメ細かい明るい肌に整えたり、活性酸素を抑制する目的で配合される成分、ゲンノショウコエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ゲンノショウコエキス記事を読む

コウジ酸
コウジ酸とは…成分効果を解説
美白成分 抗老化成分
シミの予防効果に優れており、さらに黄ぐすみ抑制効果も明らかになった美白化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、コウジ酸について具体的にわかりやすく解説します。
→ コウジ酸記事を読む


水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)
水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)とは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 保湿成分 細胞賦活成分
真皮のコラーゲンやヒアルロン酸量を増殖させて保水やハリや弾力を高め、表皮のターンオーバーを促進させる目的で化粧品に配合される成分、水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)の効果や安全性(毒性)について具体的に解説します。
→ 水溶性プロテオグリカン記事を読む

スギナエキス
スギナエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗老化成分 抗シワ成分 保湿成分
肌や毛穴の引き締め効果や真皮のリアルロン酸増加による小ジワの防止目的で化粧品に配合される成分、スギナエキスの効果や安全性(副作用)について具体的にわかりやすく解説します。
→ スギナエキス記事を読む

セイヨウオトギリソウエキス
セイヨウオトギリソウエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗老化成分 抗シワ成分 抗炎症成分
抗老化や抗炎症目的で化粧品に配合される成分、セイヨウオトギリソウエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ セイヨウオトギリソウエキス記事を読む


ダイズ種子エキス
ダイズ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 美白成分 保湿成分 細胞賦活成分
コラーゲン代謝活性や保湿やシミ予防など総合的な美肌目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキス(ダイズエキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ダイズ種子エキス記事を読む

ダマスクバラエキス
ダマスクバラエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗老化成分 抗シワ成分 抗酸化成分 香料
Ⅰ型コラーゲンの増加による肌のハリや弾力改善や天然の香料目的で化粧品に配合される成分、ダマスクバラエキスの効果や安全性(副作用)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ダマスクバラエキス記事を読む

チャ葉エキス
チャ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説
抗菌成分 収れん成分 抗炎症成分 抗老化成分
肌の引き締めやエイジングケア目的で化粧品に配合される成分、チャ葉エキスの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ チャ葉エキス記事を読む

ツボクサエキス
ツボクサエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗老化成分 抗炎症成分
コラーゲン生成促進による抗老化目的で化粧品に配合される成分、ツボクサエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ツボクサエキス記事を読む

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミ防止およびシミ改善効果やコラーゲン生成促進や赤ニキビ改善目的などで化粧品に配合されるビタミンC誘導体、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ テトラヘキシルデカン酸アスコルビル記事を読む

トコフェロール
トコフェロールとは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 抗酸化成分 酸化防止剤
抗酸化作用や皮膚の血液循環作用による抗老化目的や酸化防止剤として化粧品に配合される成分、トコフェロールについて具体的にわかりやすく解説します。
→ トコフェロール記事を読む


パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na記事を読む

パルミチン酸レチノールとは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗老化成分
目尻の小ジワの防止目的で油性の化粧品に配合される成分、パルミチン酸レチノールについて具体的にわかりやすく解説します。
→ パルミチン酸レチノール記事を読む

パルミトイルペンタペプチド-4
パルミトイルペンタペプチド-4とは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗老化成分
ハリや弾力を改善し小ジワの防止目的で化粧品に配合される成分、パルミトイルペンタペプチド-4について具体的にわかりやすく解説します。
→ パルミトイルペンタペプチド-4記事を読む

ヒドロキシプロリン
ヒドロキシプロリンとは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 抗老化成分
天然保湿因子としての保湿効果やコラーゲンの産生や表皮細胞の増殖を促進する目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるヒドロキシプロリンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ヒドロキシプロリン記事を読む

ビルベリー葉エキス
ビルベリー葉エキスとは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗老化成分 抗酸化成分
コラーゲン増殖による抗シワ効果や体内時計調整によるターンオーバーの最適化目的で化粧品に配合される成分、ビルベリー葉エキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ビルベリー葉エキス記事を読む

ブナエキス
ブナエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗シワ成分 保湿成分 抗炎症成分 収斂成分
コラーゲン生成促進やターンオーバーの正常化目的で化粧品に配合される成分、ブナエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ブナエキス記事を読む

フラーレン
フラーレンとは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗老化成分
目尻の小ジワ改善をはじめトータルエイジングケア目的で化粧品に配合される成分、フラーレンについて具体的にわかりやすく解説します。
→ フラーレン記事を読む

水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)
プロテオグリカン(水溶性プロテオグリカン)とは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 保湿成分 細胞賦活成分
真皮のコラーゲンやヒアルロン酸量を増殖させて保水やハリや弾力を高め、表皮のターンオーバーを促進させる目的で化粧品に配合される成分、水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)の効果や安全性(毒性)について具体的に解説します。
→ プロテオグリカン記事を読む

プロリンとは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 抗老化成分
天然保湿因子としての保湿効果やコラーゲンの産生や表皮細胞の増殖を促進する目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるプロリンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ プロリン記事を読む

アスタキサンチン
ヘマトコッカスプルビアリスエキスとは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗酸化成分
抗酸化目的で化粧品に配合されるヘマトコッカスプルビアリスエキスについて具体的にわかりやすく解説します。
→ ヘマトコッカスプルビアリスエキス記事を読む

アスタキサンチン
ヘマトコッカスプルビアリス油とは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗酸化成分
抗酸化目的で化粧品に配合されるヘマトコッカスプルビアリス油について具体的にわかりやすく解説します。
→ ヘマトコッカスプルビアリス油記事を読む


ワサビノキ種子油(モリンガオイル)
モリンガオイル(ワサビノキ種子油)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 エモリエント成分 抗シワ成分 抗老化成分
皮膚の保湿や柔軟、抗シワ目的で化粧品に配合される成分、ワサビノキ種子油(モリンガオイル,モリンガシードオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ モリンガオイル記事を読む


ユキノシタエキス
ユキノシタエキスとは…成分効果と副作用を解説
美白成分 抗老化成分 抗炎症成分
メラニン抑制の美白効果や抗老化目的で化粧品に配合される成分、ユキノシタエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ユキノシタエキス記事を読む

ユズ種子エキス
ユズ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
ターンオーバー促進やシミ予防、線維芽細胞・コラーゲン・ヒアルロン酸の増殖による抗老化など総合的な美肌目的で化粧品に配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ユズ種子エキス記事を読む

ユビキノン(コエンザイムQ10)
ユビキノン(コエンザイムQ10)とは…成分効果と毒性を解説
抗シワ成分 抗老化成分
小ジワやくすみ防止目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、ユビキノン(コエンザイムQ10)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ユビキノン記事を読む


ライスパワーエキスNo.11
ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)とは…成分効果と安全性を解説
保湿成分 バリア機能 抗老化
肌自体のうるおいやバリア機能を改善する目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、ライスパワーNo.11の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ライスパワーエキスNo.11記事を読む

リン酸アスコルビルMg
リン酸アスコルビルMgとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗老化成分
シミ防止や活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、リン酸アスコルビルMgの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リン酸アスコルビルMg記事を読む

ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)
ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)とは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分 抗菌成分
細胞の活性化や小ジワの改善や保湿など総合的な抗老化目的で化粧品に配合される成分、ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ローヤルゼリーエキス記事を読む


ワサビノキ種子油(モリンガオイル)
ワサビノキ種子油(モリンガオイル)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 エモリエント成分 抗シワ成分 抗老化成分
皮膚の保湿や柔軟、抗シワ目的で化粧品に配合される成分、ワサビノキ種子油(モリンガオイル,モリンガシードオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ワサビノキ種子油記事を読む

TOPへ