「ミリスチン酸ポリグリセリル-10」の検索結果一覧 [ 1件 ]

ミリスチン酸ポリグリセリル-10
ミリスチン酸ポリグリセリル-10とは…成分効果と毒性を解説

乳化補助やエモリエント目的で化粧品に配合される成分、ミリスチン酸ポリグリセリル-10(モノミリスチン酸デカグリセリル)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について具体的にわかりやすく解説します。

→ ミリスチン酸ポリグリセリル-10とは…成分効果と毒性を解説記事を読む

化粧品成分一覧

ベース成分

ベース成分

BGグリセリンに代表される化粧品の質感(テクスチャ)を決める成分で基剤と呼ばれることもあります。

大きく分けて水性・油性・界面活性剤に分かれてます。

ベース成分一覧 <

保湿成分

保湿成分

セラミド天然保湿因子など肌の潤いを補う有効成分からホホバオイルオリーブオイルなど植物由来のベース成分や水分蒸発を防ぐ油溶性成分まで幅広くまとめました。

保湿成分一覧 <

エモリエント成分

エモリエント成分

エモリエントとは肌の水分蒸発を防ぐ効果のことで、油溶性で皮膜をつくり肌の水分を保つスクワランをはじめ、エモリエント機能に優れた成分をまとめました。

エモリエント成分一覧 <

美白成分

美白成分

美白とは、シミのもととなるメラニン生成の抑制・メラニン排泄の促進・メラニンの還元を指し、厚生労働省に承認されている美白成分として有名なアスコルビン酸(ビタミンC)アルブチンをはじめ、美白有効成分をまとめています。

美白成分一覧 <

抗シワ(抗老化)成分

抗シワ成分

アスタキサンチンやフラーレンに代表される小ジワの改善効果のある成分や肌のハリを保持・改善する有効成分をまとめています。

エイジングケア化粧品が主流になってきている中で現在最も注目度が高い成分です。

抗シワ成分一覧 <

細胞賦活成分

細胞賦活成分

皮膚の新生細胞の産生活動(ターンオーバー)を促進し、その結果、細胞を活性化することで保水能や老化を防ぐような効果を有した成分のことです。

抗老化成分と効果が重複するものもありますが、ターンオーバーの正常化や細胞の活性化が主な効果です。

細胞賦活成分一覧 <

抗炎症成分

抗炎症成分

肌荒れやニキビなど不安定で炎症の起こりやすい肌を安定させて落ち着かせる目的で配合されます。

敏感肌や乾燥肌、アトピー肌向け化粧品などによく配合されており、医薬部外品の成分が多いです。

代表的な成分にグリチルリチン酸2Kがあります。

抗炎症成分一覧 <

界面活性剤

界面活性剤

水と油を乳化させる(混ぜ合わせる)のに必要な成分で、乳液やクリームなど油分の多い化粧品に配合されます。

化粧品成分の中では悪者にされがちですが、最近は合成や天然に関係なく安全性の高いものが増えています。

界面活性剤一覧 <

安定化成分

安定化成分

化粧品の品質や安全性を高める目的で配合される成分で、有名なのはカルボマーペクチンなどの増粘剤、メチルパラベンフェノキシエタノールなどの防腐剤、酸化防止のトコフェロールなど、安定化成分をまとめています。

安定化成分一覧 <

ピーリング成分

ピーリング成分

古い角質をはがれ落とし、ターンオーバーを正常化する目的で配合します。

化粧品向けは低濃度ですが、刺激になるので敏感肌やアトピー肌の方にはおすすめしません。

AHAやフルーツ酸が有名ですが、実際に使用されるのは主にグリコール酸です。

ピーリング成分一覧 <

紫外線防止成分

紫外線防止成分

紫外線から肌を防止する目的で配合される紫外線吸収剤と紫外線散乱剤をまとめて紫外線防止成分としています。

代表的な紫外線吸収剤はメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、紫外線散乱剤は酸化チタンです。

紫外線防止成分一覧 <

温冷感成分

温冷感成分

肌に塗布したときに、温感や冷感(清涼感)を感じさせる成分です。

皮膚の熱を感じる温刺激受容体や冷刺激受容体を刺激することで、温感や冷感を感じさせるタイプや実際に発熱したり熱を奪うタイプがあります。

代表的な成分はメントール、グリセリン、トウガラシ果実エキスなどです。

温冷感成分一覧 <

香料

香料

化粧品に配合される天然香料や合成香料などの香料成分の総称です。

成分表示にはまとめて香料と記載されることも多いですが、天然のハーブ系植物油は効果も期待できるので成分名で表示されることが多いです。

よく配合される香料をまとめています。

香料一覧 <

着色剤

着色剤

ファンデーションやポイントメイクなど肌に色を乗せる成分と化粧品自体に色をつける成分の総称です。

色材は、無機顔料、有機合成色素、天然色素の3つに分類されています。

代表的な成分は、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、マイカなど。

着色剤一覧 <

その他

その他

ヘアケア製品に特化して使用されるスタイリング剤、ネイル製品に特化して使用される溶剤やフィルム形成剤など特定の製品に特殊な用途で使用される成分をまとめています。

その他一覧 <

TOPへ