「ヒト型セラミド」の検索結果一覧 [ 5件 ]

セラミドNG(セラミド2)とは…成分効果と毒性を解説

セラミド補強によるバリア改善作用、細胞間脂質における水分保持強化による保湿作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で化粧品に配合される成分、セラミドNG(セラミド2,N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

セラミドNP(セラミド3)とは…成分効果と毒性を解説

セラミド補強によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、セラミドNP(セラミド3,N-ステアロイルフィトスフィンゴシン)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

セラミドAG(セラミド5)とは…成分効果と毒性を解説

セラミド補強によるバリア改善作用、細胞間脂質における水分保持強化による保湿作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で化粧品に配合される成分、セラミドAG(セラミド5)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドとは…成分効果と毒性を解説

疑似細胞間脂質補充によるバリア機能改善作用、水分保持による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド(N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド,ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

セラミドの解説と化粧品配合セラミド一覧

セラミド補強によるバリア改善作用、細胞間脂質における水分保持強化による保湿作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で化粧品に配合される成分、ヒト型セラミドの構造、種類、効果・作用や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

TOPへ