「ヒアルロン酸」の検索結果一覧 [ 73件 ]

アセチルヒアルロン酸Naとは…成分効果と毒性を解説

角質層柔軟化、水分保持および皮表水分蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アセチルヒアルロン酸Na(アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ヒアルロン酸Naとは…成分効果と毒性を解説

皮表柔軟化および保護膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸ナトリウム)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

加水分解ヒアルロン酸とは…成分効果と毒性を解説

角質層水分量増加および水分量保持による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解ヒアルロン酸の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

水の基本情報・配合目的・安全性

「化粧品表示名称:水」「医薬部外品表示名称:精製水」の基本情報(定義、分布、皮膚における水の役割、化粧品以外の主な用途)、化粧品としての配合目的(溶剤・基剤)、安全性についての総合レポート

アスコルビン酸の基本情報・配合目的・安全性

「化粧品表示名称:アスコルビン酸」「医薬部外品表示名称:アスコルビン酸、ビタミンC」の基本情報(定義、分布と歴史、皮膚におけるアスコルビン酸の生理的活性、化粧品以外の主な用途)、化粧品としての配合目的(酸化防止)、配合製品数および配合量範囲、安全性についての総合レポート

トコトリエノールの基本情報・配合目的・安全性

「化粧品表示名称:トコトリエノール」の基本情報(定義、トコフェロールとトコトリエノールの違い、分布、化粧品以外の主な用途)、化粧品としての配合目的(退色防止)、配合製品数および配合量範囲、安全性についての総合レポート

尿素の基本情報・配合目的・安全性

「化粧品表示名称:尿素」「医薬部外品表示名称:尿素」の基本情報(定義、化粧品以外の主な用途)、化粧品としての配合目的(保湿、保水)、混合原料としての配合目的、配合製品数および配合量範囲、安全性についての総合レポート

乳酸Naの基本情報・配合目的・安全性

「化粧品表示名称:乳酸Na」「医薬部外品表示名称:乳酸ナトリウム液」「医薬部外品表示名称(簡略名):乳酸Na液」の基本情報(定義、化粧品以外の主な用途)、化粧品としての配合目的(保湿、緩衝)、混合原料としての配合目的、配合製品数および配合量範囲、安全性についての総合レポート

植物エキス(植物抽出物)の解説と成分一覧

植物エキス(植物抽出物)の定義、効能効果、安全性についての解説および植物エキス一覧を記載

PCA-Naの基本情報・配合目的・安全性

「化粧品表示名称:PCA-Na」「医薬部外品表示名称:DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液」「医薬部外品表示名称(簡略名):DL-PCA・Na液」の基本情報(定義、化粧品以外の主な用途)、化粧品としての配合目的(保湿、きしみ感改善)、混合原料としての配合目的、配合製品数および配合量範囲、安全性についての総合レポート

シラカンバ樹皮エキスとは…成分効果と毒性を解説

表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、シラカンバ樹皮エキス(シラカバエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

オトギリソウ花/葉/茎エキスとは…成分効果と毒性を解説

メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、オトギリソウ花/葉/茎エキス(オトギリソウエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

マヨラナ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

スーパーオキシド生成阻害による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、マヨラナ葉エキス(マヨラナエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ワイルドタイムエキスとは…成分効果と毒性を解説

キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ワイルドタイムエキス(タイムエキス(1))の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

プラセンタエキスとは…成分効果と毒性を解説

チロシナーゼ活性阻害およびメラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、プラセンタエキス(プラセンタエキス(1)、プラセンタエキス(2))の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

キイチゴエキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、皮表柔軟化による保湿作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、キイチゴエキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ヒキオコシ葉/茎エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用目的などで化粧品に配合される成分、ヒキオコシ葉/茎エキス(ヒキオコシエキス(1))の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

チョウジエキスとは…成分効果と毒性を解説

SOD様活性による抗酸化作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、5α-リダクターゼ活性阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、チョウジエキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

サンショウ果皮エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害による抗老化作用、チロシナーゼ活性促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、サンショウ果皮エキス(サンショウエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ブドウ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、AGEs生成抑制による抗糖化作用、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害による抗老化作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ブドウ葉エキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

オタネニンジン根エキスとは…成分効果と毒性を解説

毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、オタネニンジン根エキス(ニンジンエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

クズ根エキスとは…成分効果と毒性を解説

チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、皮表柔軟化による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、クズ根エキス(カッコンエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ユーカリ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

セラミド産生量増加およびタイトジャンクション形成促進によるバリア改善作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、TRPM8活性化による冷涼感付与効果、VEGF増加による毛髪ハリコシ改善作用目的で化粧品に配合される成分、ユーカリ葉エキス(ユーカリエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

スイゼンジノリ多糖体とは…成分効果と毒性を解説

皮表柔軟化および経表皮水分蒸散抑制による保湿作用、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、スイゼンジノリ多糖体の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ポリクオタニウム-61とは…成分効果と毒性を解説

バリア機能改善作用、刺激物質の刺激緩和作用、粉体の表面処理、帯電防止、毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-61(2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ポリクオタニウム-51とは…成分効果と毒性を解説

水分保持能および経表皮水分量蒸散抑制による保湿作用、帯電防止、水分量増加によるヘアコンディショニング作用、毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-51(2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

オレイン酸ポリグリセリル-2とは…成分効果と毒性を解説

親油性乳化、分散、表皮基底層への有効成分輸送による効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸ポリグリセリル-2(モノオレイン酸ポリグリセリル)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

オレイン酸ポリグリセリル-10とは…成分効果と毒性を解説

親水性乳化、表皮基底層への吸着および有効成分の徐放による効果持続作用目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸ポリグリセリル-10(モノオレイン酸ポリグリセリル)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ココイル加水分解コラーゲンKとは…成分効果と毒性を解説

起泡・洗浄、ヘアコンディショニング作用、コラーゲン産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ココイル加水分解コラーゲンK(ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム,ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム液)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

レチノールとは…成分効果と毒性を解説

表皮ヒアルロン酸合成促進による抗シワ作用目的で化粧品に配合される成分、レチノールの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

TOPへ