「コラーゲンペプチド」の検索結果一覧 [ 1件 ]

加水分解コラーゲンとは…成分効果と毒性を解説

水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、コラーゲンおよびヒアルロン酸産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コラーゲン(加水分解コラーゲン液,加水分解コラーゲン液(4),加水分解コラーゲン末,コラーゲン・トリペプチド F)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

化粧品成分一覧

ベース成分

ベース成分

化粧品のベースとなる成分であり、基剤とも呼ばれ、水性・油性・界面活性剤に分類されます。

ベース成分一覧 <

保湿成分

保湿成分

皮膚の角層を柔軟化する皮膚コンディショニング剤、皮膚の表面に水分を集めて潤す保湿剤、バリア機能を改善することで水分の蒸発を防止し、皮膚の水分を維持する保水剤など皮膚の潤いを保つ成分です。

保湿成分一覧 <

エモリエント成分

エモリエント成分

油溶性の皮膜をつくり、皮膚に対する外部からの刺激および内部からの水分蒸発を防止する機能を有した成分です。

エモリエント成分一覧 <

美白成分

美白成分

紫外線による色素沈着を様々なアプローチで抑制する機能を有した成分で、厚生労働省による医薬部外品として承認された成分も多くあります。

美白成分一覧 <

抗老化成分

抗シワ成分

活性酸素または過酸化脂質を抑制する抗酸化作用を有する成分、コラーゲンまたはエラスチンの産生促進能を有する成分、筋肉を弛緩させてシワを改善する成分などシワまたはたるみの改善や皮膚の老化を改善または予防する成分です。

抗老化成分一覧 <

細胞賦活成分

細胞賦活成分

細胞を活性化または古い角質細胞を除去し新しい明るい皮膚の産生を促進する機能を有した成分で、抗老化成分と効果が重複するものもありますが、ターンオーバーの正常化や細胞の活性化が主な効果です。

細胞賦活成分一覧 <

バリア改善成分

バリア改善成分

皮膚における角質層のバリア機能の低下を改善する成分で、結果的に水分保持機能も改善するため保湿作用も兼ねますが、主目的は細胞間脂質の増量や接着強化などによるバリア機能の正常化です。

バリア改善成分一覧 <

抗酸化成分

抗酸化成分

生体内の活性酸素や紫外線など外的刺激によって活性化する活性酸素などを消去する成分で、抗老化成分としての側面もありますが、細胞の酸化還元効果に特化した成分です。

抗酸化成分一覧 <

抗菌成分

抗菌成分

製品自体の抗菌ではなく、皮膚常在菌のバランス最適化(維持・改善)を目的とした抗菌成分です。

抗菌成分一覧 <

抗炎症成分

抗炎症成分

皮膚の炎症を様々なアプローチで改善または予防する機能を有した成分です。厚生労働省に承認された医薬部外品の成分もあり、ニキビ、皮膚炎、または過敏症などを有した皮膚向けにも配合されます。

抗炎症成分一覧 <

界面活性剤

界面活性剤

水と油を乳化させる(混ぜ合わせる)機能を有した成分で、乳液やクリームなど油分の多い化粧品や洗浄系製品に配合されます。

界面活性剤一覧 <

安定化成分

安定化成分

化粧品の品質や安全性を維持する目的で配合される成分で、主に防腐、キレート(金属イオンの無効化)、pH調製、酸化防止、退色防止、増粘、分散などがあります。

安定化成分一覧 <

角質剥離成分

ピーリング成分

古い角質を剥離させる機能を有した成分で、表皮ターンオーバーの正常化やニキビの面皰内容物の排出などを目的に配合します。

角質剥離成分一覧 <

紫外線防御成分

紫外線防止成分

主に紫外線を反射させる機能を有する紫外線散乱剤と紫外線を吸収する機能を有する紫外線吸収剤があり、これらをまとめて紫外線防御成分としています。

紫外線防御成分一覧 <

温冷感成分

温冷感成分

肌に塗布することで温感や冷感(清涼感)を感じさせる機能を有する成分で、皮膚の熱を感じる温刺激受容体や冷刺激受容体を刺激することで、温感や冷感を感じさせるタイプや実際に発熱したり熱を奪うタイプがあります。

温冷感成分一覧 <

香料

香料

化粧品に配合される天然香料や合成香料などの香料成分の総称です。

香料一覧 <

着色剤

着色剤

ファンデーションやポイントメイクなど肌に色を乗せる成分と化粧品自体に色をつける成分の総称で、色材は無機顔料、有機合成色素、天然色素の3つに分類されます。

着色剤一覧 <

その他

その他

ヘアケア製品に特化して使用されるスタイリング剤、ネイル製品に特化して使用される溶剤やフィルム形成剤など特定の製品に特殊な用途で使用される成分をまとめています。

その他一覧 <

TOPへ