界面活性剤一覧

↓ 説明を飛ばして界面活性剤一覧をチェックする ↓

∗∗∗

化粧品の成分を調べるとき、界面活性剤が入っていると肌に悪いと思う方も多いようですが、化粧品に配合されている界面活性剤は本当に肌に悪いのでしょうか?

例えば以下に水と油を注いだものがあります。

水と油の分離

水と油は混ざらないのでこのように分離しますよね。

ただ、乳液やクリームのような質感は水分と油分の両方をキレイに混ぜ合わせて保持しておく必要があり、そのために界面活性剤の使用は必須となります。

界面活性剤は、以下の図のように、

界面活性剤の構造

水と相性がいい「親水基」と水と相性が悪い(油と相性がいい)「疎水基(親油基)」を合わせもっており、水と油が入った液体の中に界面活性剤を入れると、親水基は水に、疎水基(親油基)は油になじんで水と油の仲をとりもってくれます。

界面活性剤の安全性について

石けんは洗浄系のアニオン界面活性剤の代表ですが、安全性に不安があるとは思われておらず、どちらかというと安全性が高いと思われていると思います。

石けんは天然の界面活性剤だから安全で、合成の界面活性剤は安全性に問題があるという説明もよくみかけますが、まず石けんは天然物ではなく高級脂肪酸や油脂を強アルカリと反応させて合成した成分です(専門的には合成反応ではないという説明もみるので人工と言い換えても構いません)。

石けんという人工界面活性剤は、古くから安全に使い続けてこられていることからも人工の界面活性剤の安全性に問題があるという説は無意味であることがわかると思います。

一方で、天然の界面活性剤であるサポニン類の中には、赤血球を破壊する溶血作用をもつものもあり、天然だから必ずしも安全というわけではありません。

このように、界面活性剤には、天然や合成(人工)にかかわらず危険なものも安全なものもあり、天然かどうかは安全性に関係がありません。

界面活性剤にかかわらず化粧品に使われるすべての成分は、ひとつひとつ安全性を調査しながら採用されています。

界面活性剤の種類

界面活性剤には以下の4種類あり、それぞれ特徴が異なります。

  1. アニオン(陰イオン)界面活性剤:洗浄力
    ・衣類や食器などを洗う洗浄剤や化粧品においてはシャンプーなどで使用されます。
  2. カチオン(陽イオン)界面活性剤:帯電防止や殺菌
    ・吸着力はリンスやコンディショナーなどのヘアケア製品に、殺菌力は制汗剤などのデオドラント製品に使用されます。
  3. 両性(アンホ)界面活性剤:皮膚への刺激性や毒性が低い
    ・陰イオンと陽イオンのどちらにでもなれ、陰イオンのときはマイルドな洗浄力を、陽イオンのときはマイルドな殺菌力を発揮。
    ・皮膚への刺激性や毒性が低いので化粧品の乳化を安定させるために使用されることもあります。
  4. 非イオン(ノニオン)界面活性剤:乳化力
    ・どんなイオン性成分とも組み合わせることができ、乳化剤や可溶化剤や増粘剤、またはマイルドな洗浄剤などさまざまな使い方をされます。

化粧品の場合、肌への刺激や毒性が低く安定した乳化力のある両性(アンホ)界面活性剤や非イオン(ノニオン)界面活性剤が使用されます。

界面活性剤一覧

数字 A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。




PEG-水添ヒマシ油類
PEG-水添ヒマシ油類とは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤
目的で化粧品に配合される非イオン界面活性剤、PEG-水添ヒマシ油類(PEG-10水添ヒマシ油、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-50水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-100水添ヒマシ油)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ PEG-水添ヒマシ油類記事を読む


アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体
アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体とは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤
乳化やテクスチャの質感改善目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体(アクリル酸アルキル(C-10-30)コポリマー)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体記事を読む

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーとは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤 増粘剤
少量で油性成分を安定的に分散させる増粘目的で化粧品に配合される成分、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー記事を読む


水添レシチン
水添レシチン(精製大豆レシチン)とは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤 保湿成分
肌荒れを防ぎ柔軟な肌に整える目的で化粧品に配合される成分、水添レシチン(精製大豆レシチン)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 水添レシチン(精製大豆レシチン)記事を読む

ステアリン酸ポリグリセリル-10
ステアリン酸ポリグリセリル-10とは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤
乳化補助目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ステアリン酸ポリグリセリル-10記事を読む


大豆レシチン(大豆リン脂質)
大豆レシチン(大豆リン脂質)とは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤 保湿成分
肌荒れを防ぎ柔軟な肌に整える目的で化粧品に配合される成分、大豆レシチン(大豆リン脂質)、卵黄レシチンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 大豆レシチン(大豆リン脂質)記事を読む


ラウレス硫酸Na
ラウレス硫酸Naとは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤
皮膚に刺激なくクリーミーな泡で油を洗浄する目的で化粧品に配合される成分、ラウレス硫酸Naの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ラウレス硫酸Na記事を読む

TOPへ